人気ブログランキング |

カテゴリ:本・音楽・映画・劇・テレビ( 332 )

平和と愛を歌う♪

f0019247_22425866.jpg

きょうは高根のやまびこホールで行われる金野さんご夫妻のコンサートへ。
金野さんご夫妻は歌声喫茶の出前をしていて、小淵沢のキッチンハートランドさんでも何度も行われ、私たちも度々参加させて頂きました。小淵沢ペンション振興会のキャンドルナイトで歌って頂いたこともあります。

そして!なんと言っても金野さんは愛と平和の闘士!
安保法制は平和憲法に反すると、1600日以上も毎日スタンディングをしているのです!
雨の日も風の日も暑い日も寒い日も・・・
思いはただひとつ、子供たちを戦場におくりたくない、戦争の世を子供たちに手渡したくないということ。

そんなこんなで、きょうはぜひ行かなくちゃ!・・・と出かけて行ったら・・・
450名ほど入る会場がなんとほぼ満員じゃないですか!!!
f0019247_22481731.jpg

さすが、甲府や北杜の各地で歌声喫茶、平和活動いろいろ、福島などにボランティア・・・お仲間が集まってくるわけですね!

第2部の一緒に歌おうのコーナーも楽しかったし、ご夫妻それぞれの歌もさすがでした♪
f0019247_22483752.jpg
カッチーニのアベマリアと五月のバラが良かったな♪
by kaze-michi | 2019-12-07 22:54 | 本・音楽・映画・劇・テレビ | Trackback | Comments(0)

出版を祝う会

f0019247_16434089.jpg

友人が本を出版したので、そのお祝いの会に行ってきました。
「祝う」に(ちゃかす)とルビがふってありました!

「赤塚不二夫伝 天才バカボンと三人の母」です。
ちょうど往きのあずさの中で読み終わりました。

本人から「僕のこと書いてみないか?」と勧められてから18年、一番読んでもらいたい相手を失って一旦は挫折しても、やはりずっとやり残していた宿題だったんですね。
多くの人が背中を押し続けていたのかな?

居候のように入り浸って?楽しいことや呆れること、奥様とのいろいろなこと、そして作品を生み出す苦しみも、ずっとそばで見てきたのですね。
いろいろなエピソード、引き出しから溢れそうなくらいだったことと思います。

宿題をやり遂げ、形として残すことができて本当に良かった!素晴らしいです!

読んでいて、自分も赤塚邸の宴会の現場にいるみたいだったよ。
そして、赤塚不二夫の魅力がしっかり伝わってきました。
しかし、赤塚不二夫さんの魅力はあったとしても、よくぞまわりにあれほどの人々が集まったと思う。三人の「母」と娘さんはもちろんのこと。

赤塚不二夫の漫画を見る目が変わるかな?
ケムンパスがスポニチ創刊50周年のシンボルマークだったとは初めて知りました!

f0019247_16441590.jpg

by kaze-michi | 2019-09-29 23:42 | 本・音楽・映画・劇・テレビ | Trackback | Comments(0)

赤塚不二夫伝

「赤塚不二夫伝 天才バカボンと三人の母」
書かなきゃいけない本なんだ・・・という話を何回聞いただろう?

「僕のこと書いてみないか?」と本人に勧められてから18年・・・
ついに出版されたんですね♪ おめでと~!
パラパラとめくって読んだけど、さすがライターだね。ただの酒飲みじゃないのね。

いつもはインターネットで買うより、町の本屋さんで買いたいと思っているのだけど、今回は待っていられずネットで買っちゃいました。e-honというサイトで。

きょうは東京まで出かける日。電車の中の楽しみです♪

f0019247_21234845.jpg

by kaze-michi | 2019-09-24 21:33 | 本・音楽・映画・劇・テレビ | Trackback | Comments(0)

「無冠、されど至強」ふたたび!

昨年暮れに腰を痛めていたときに読んだ本「無冠、されど至強」。
国境や民族って何だろう? そういうものを軽々と超える人たちがいるんだな・・・
サッカーファンでもないのに、引き込まれるようにして読んだ本。
(元)サッカー少年・サッカー青年だったら、どんな感想を持つのだろう・・・と、そのとき思ったのでした。

歩こう会仲間でやつねっと仲間のPさんが感想を書いてくれて、もう一度読んでみたくなりました。


■「無冠、されど至強」
少年の頃から差別と貧困の中で育った金明植少年の唯一の楽しみは草サッカーだった。
1954年、高校生になった金少年はサッカーの強豪「都立朝鮮高校」に入学。
その年の7月、東日本サッカー選手権でベスト4,翌1955年1月は全国高校サッカー選手権でベスト4の成績をおさめた。
しかし同年4月、政治的な思惑からせっかく入学した高校は「各種学校」扱いになってしまい、「東京朝鮮高校」は「都立」ではないからという理由で、高体連の大会への道が閉ざされてしまった。
この本は、夢までも閉ざされたしまったかに見えた状況の中でサッカーを続ける東京朝高と金明植の物語。
後に当時の金日成首相からスポーツマスターの称号を贈られたほどの金明植の人生とサッカーに対する情熱、そして1966年のワールドカップでベスト8に入った当時の北朝鮮のサッカーの先進性が余すところなく取材されたスポーツノンフィクション。

当時単に「釜本邦茂」が好きだったというだけのミーハーサッカーファンでしかなかった私でもよく知っている「岡野俊一郎」「長沼健」「帝京の古沼監督」東京五輪・メキシコ五輪当時の「八重樫茂生」「宮本正勝」、1970年代の高校サッカーを牽引した「習志野」「清水東」「日大山形」などなどの固有名詞が続々でてくるのも懐かしく嬉しい。
そして出てくるそれらサッカーチームやサッカー界の重鎮すべてが、金明植のお世話になったり、触発されたりして感謝している。
そして実際彼の率いる「在日朝鮮蹴球団」は強かった。
おそらく当時まだJリーグのなかった日本で、どの大学の名門チームよりも、どの社会人チームよりも群を抜いて強かったと思われた。

しかしこの本が訴えたいのはそういうことではない。
「たかが、国籍、民族というもので分断することでいかに社会や文化が停滞するか。
また夢の存在がどれだけ人間を大きく成長させるか」というホンの数行に凝縮されたその言葉だろう。
近頃のLGBTパレードなどでよく見かける「We are already living together」(ぼくらはもう一緒に生きている)というスローガンそのままを、50年以上まえに既に実行していた金明植という一人の人生を通して、著者が強く訴えかけてくるものが熱く読み取れた。
自分だったら多分本屋さんに行っても選択しなかっただろう本に巡り会えました。
おかげで至福の3時間でした(一気に読んでしまった^^)


f0019247_22475640.jpg


こちらこそありがとうです。
by kaze-michi | 2019-08-20 22:50 | 本・音楽・映画・劇・テレビ | Trackback | Comments(0)

中本マリさんの50周年記念ライブ

きょうは仲間のペンション「月下草舎」さんで、中本マリさんのジャズライブがありました。なんと50周年なのだそうです。

風路の常連のお客様がお友達を連れてそのライブを聴きにきてくださいました。
なんと、風路の運転手も役得!で一緒に聴きに行ってきました。

帰ってくるとみなさん、上機嫌♪
「良かった~」「素晴らしかった~」と何回も!
うらやまし~とハンカチをかみしめる留守番組。

風路で、余韻を楽しむ会が遅くまで続いたことは言うまでもありません。
by kaze-michi | 2019-07-13 23:03 | 本・音楽・映画・劇・テレビ | Trackback | Comments(0)

「新聞記者」

f0019247_12123148.jpg

フェイスブックでも話題の映画、きょうの予定の一つが無くなったので、「それなら!」と行ってきました。
なぜか山梨ではやっていなくて、東京まで行かなくちゃ見られないのかな~と思っていたら、松本イオンシネマがここからは一番近いみたいでした。

100人入るスクリーンで半分位? 年配者ばかり、という感じでも無かったです。
すごくリアルでゾクゾクする怖さはありますが、松坂桃李君のようなナイーブで良心の呵責を感じるような官僚(イケメンの!)の存在はフィクションっぽい!?

終わって、会場全体がふ~っと張り詰めた気持ちがほどけたような・・・
何か話したいけど、何を言っていいのかわからないような・・・
最後はやっぱり権力の壁の大きさと個人の無力さを暗示させているのかな?
実際の記者さんだったら、どんなふうに感じるんだろう?

「日本の青空」で鈴木安蔵を演じていた高橋和也さん、渋く年齢を重ねていてびっくり。
by kaze-michi | 2019-07-10 12:58 | 本・音楽・映画・劇・テレビ | Trackback | Comments(0)

炎の岳(ほのおのやま)

f0019247_20582427.jpg

きょうは朝晩は肌寒く、ちょっとストーブを点けてしまったくらいですが、午前中に長坂のAUに出かけたときは、夏の日差しで暑かった・・・本当に寒暖の差が激しくてついていくのがたいへんです。

強力サポートの市川さんが一緒に行ってくれたので、心強かったです。
しかし、パスワードとかIDとかみんなよく覚えていられるのには感心。

長坂まで出かけたので、きららの本屋さんに寄り、買ってきました!

f0019247_2059270.jpg
「逃亡山脈」は無かったので、今度注文しておこうっと。
by kaze-michi | 2019-06-11 23:08 | 本・音楽・映画・劇・テレビ | Trackback | Comments(0)

「沖縄スパイ戦史」北杜市上映会

f0019247_17565471.jpg

いよいよ、きょうが当日です。
協力を申し出てくださる方も、チケットを取り扱ってくださるお店もたくさんあったのですが、実際どれくらいの方が観に来てくださるのか、ちょっと心配でした。

が・・・!
1回目と監督さんトークの間、それから2回目までの間のロビーは文字通り押すな押すなの大盛況!

会場には若い方、学生さんの姿もかなり見かけてうれしいびっくり。
そういえば教育委員会の後援も頂いているのでした。

三上監督の映画で「沖縄のこと、本当に知らなかったな~」と思わされ続けてきましたが、今回の映画はまたさらに!・・・でした。

苛烈な南部の沖縄戦のことは、いくらかは知ることができたつもりですが、北部での裏戦史ともいうべき歴史の闇は言葉を失うくらいでした。
事実と向き合うことは、傷口をもう一度広げるような痛みをともなうことなのかもしれません。
70年間語ることができなかった事実を語ってくれた方々と、それをしっかり聞き取ったお二人の監督さん。よくぞ今それを伝えてくださったと思います。
今を逃せば、きっと私たちが知ることはなく、同じような歴史を繰り返すことになったかもしれません。
そして今、沖縄の島々で起こっていることも、私たちはほとんど知らない・・・

反芻するようにまた観てみたい、と思わずにはいられません。


三上監督さんのトークで・・・
なんと、映画完成後に撮った「ヒロジさん石垣へ」と「文子おばあ石垣へ」の映像特典がついているというのを聞いたら、前作の「標的の島~風かたか」のDVD買っちゃいました!
f0019247_17525668.jpg

サインを求める長蛇の列!(サイン本に弱いヒト・・・)

2回の上映が無事終わって、かかわったスタッフ(の一部)でお疲れ様会。
f0019247_17544965.jpg

おいしく楽しい充実のひとときでした♪ 監督さんはイケる口?!
by kaze-michi | 2019-06-02 23:29 | 本・音楽・映画・劇・テレビ | Trackback | Comments(0)

「沖縄スパイ戦史」6月2日北杜市で

わ~もうあさってです!
三上監督もきてくださいます♪

きょう試写を見ることができました。沖縄戦のこと、70年たっても語れなかったこと・・・
15才位(中学生!)の少年たちの身に起こったこととその家族の思い。
重いけれど、知って良かった! 
そして、決して「過去のこと」ではない、という怖さも感じました。

心に留めておきたいことばもたくさんあったので、もう一度、しっかり見たい!
6月2日に見られるかな? 

f0019247_23152168.jpg


●日時 6月2日(日)
   第一回目 12時~
   監督トーク 14時30~16時
   第二回目 16時15分~

●場所 長坂コミュニティホール
●チケット 前売り 1000円 当日1200円 (高校生以下無料)
 
by kaze-michi | 2019-05-31 23:07 | 本・音楽・映画・劇・テレビ | Trackback | Comments(0)

この尾根の朝未来

f0019247_12355842.jpg

「このおねのあさまだき」。
市民が作る憲法ミュージカル5回目とのこと、今まで「少年がいて」「ロラ・マシン物語」「ドクター・サーブ」を観ました。どれも力作でした。

今回はこの表題。ハンセン病がテーマです。
この重いテーマによくぞ挑戦したと感心。どのようにミュージカルにするのだろう?
友人も出演しているのでそれも楽しみです♪

・・・
重いテーマではあっても、ミュージカルなので歌やダンスに救われるところもあり、小さな子供たちから若者もたくさん参加しているので、文字通り希望も感じられる作品となっていたと思います。

セリフが聞き取りにくかったり、ある程度ハンセン病についての知識がないと、理解しにくい場面もあったように思いますが・・・


以前「歩こう会」で春日居町にある「小川正子記念館」を訪問するウォークがありました。
小川正子さんはその時代ではきっと純粋な気持ちで、患者さんを隔離するのがいいことなのだと思っていたと思いますが、もしも後の時代まで生きられたら、ご自分のやったことをどのように思われただろう・・・?

そんなこともふと思いました。

「絶対隔離」とか「断種」とか、憲法が保障する人権とは対極にあるようなことが、戦後もしばらく合法とされていたこと、ずっと知らなかったです。
ハンセン病の人だけでなく障がいを持つ人たちに対しても。

少しずつはいい国になってきているのかな・・・?
それもやっぱり、暗闇で一筋の光を求めて声を上げる人がいたから?

ともかく、観に行けて良かったです! 誘ってくれてありがとう♪
by kaze-michi | 2019-05-25 22:54 | 本・音楽・映画・劇・テレビ | Trackback | Comments(0)


八ケ岳の麓・山梨県小淵沢の小さなペンションのブログです。趣味はウォーキングと映画、おいしいものを食べるのも大好きです。


by kaze-michi

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新の記事

ひな菊のお節♪
at 2019-12-12 22:25
古道・青梅街道ウォークその1..
at 2019-12-11 23:47
11年目の「いのちの作法」
at 2019-12-09 23:45
温かな日
at 2019-12-08 22:19
平和と愛を歌う♪
at 2019-12-07 22:54
北八は白かった!
at 2019-12-06 18:02
中村哲さん・・・
at 2019-12-05 16:37
12月の月例会
at 2019-12-04 20:51
12月の雨
at 2019-12-02 23:56
ワイン食堂 KOKICHI(..
at 2019-12-01 22:15
スンドゥブチゲ
at 2019-11-30 23:27
う~寒っ!山はきれい♪
at 2019-11-29 23:03
山梨平和ミュージアムと千鳥ヶ淵
at 2019-11-28 22:57
厨房工事もう少し
at 2019-11-26 22:18
最後は「HUKU笑i」
at 2019-11-25 22:57
大西つねきさん
at 2019-11-24 22:29
四季料理「留羽」
at 2019-11-23 22:44
釜山港
at 2019-11-22 22:50
「研修」3日目
at 2019-11-21 22:13
諏訪から歩く中山道第1回
at 2019-11-20 22:37

カテゴリ

全体
いのちの作法・葦牙
おつきゆきえ・賢治・絵本
ヴラダン・コチさん
八ケ岳歩こう会
カミーノ・スペイン巡礼の道
カミーノ・スペイン巡礼の道2014
スノーシュー
散歩・ウォーキング・ハイキング
お薦めイベント
八ケ岳のお店・美術館など
八ケ岳の食&食事処
八ケ岳 花情報
八ケ岳 紅葉情報
本・音楽・映画・劇・テレビ
FROM EAST
お客様
浅川伯教・巧兄弟
リス・鳥・鹿・・など
八ケ岳の自然
ポレポレクラブ
イベント
植物観察
キャンドルナイト
風路について
風路の食事・食材・賄い
風路の庭・花・室内
風路ギャラリー
馬の町・小淵沢
八ケ岳・甲斐駒ヶ岳
小渕沢食いしん坊倶楽部
仕事やあれこれ
八ケ岳(を愛する)人
八ケ岳情報
環境・景観
平和・社会のこと
山登り
旅行
応援しています!
うれしい♪楽しい♪
山梨県・八ヶ岳で体験
八ケ岳南麓風景街道
ノルディックウォーキング
八ケ岳おすすめコース
2008年お薦めイベント
2006年八ケ岳紅葉情報
祝の島
フットパス
北杜市アルファブログ
ミツバチの羽音と地球の回転
八ヶ岳耳より情報
4月3日のひろば
手話
カミーノ・スペイン巡礼の道2016
カミーノ・北の道
未分類

記事ランキング

お気に入りブログ

移動探査基地
ようこそ八ヶ岳へ!
小淵沢 -Atelil...

風路のリンク

最新のコメント

阿部様 台風お見舞い申..
by kaze-michi at 00:04
こんばんは 千葉の阿部..
by tama at 21:12
志村様、わざわざご連絡あ..
by kaze-michi at 19:35
阿部さま いつもうれし..
by kaze-michi at 20:44
こんばんは 千葉の阿部で..
by tama at 22:01
ちえちゃん! コメント..
by kaze-michi at 14:24
先日は大変お世話になりま..
by ちえちゃん at 23:09
sarusaM1さま ..
by kaze-michi at 22:39

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
more...

タグ

(193)
(162)
(129)
(115)
(105)
(91)
(83)
(81)
(79)
(75)
(70)
(68)
(66)
(61)
(52)
(50)
(49)
(44)
(41)
(38)
(38)
(36)
(34)
(33)
(32)
(32)
(31)
(31)
(29)
(28)

ライフログ


夕凪の街桜の国


村長ありき―沢内村 深沢晟雄の生涯


アフガニスタンの大地とともに―伊藤和也遺稿・追悼文集


えーえんとくちから 笹井宏之作品集

最新のトラックバック

made my day
from made my day
naruzu3.exbl..
from naruzu3.exblog..
室堂から望む北アルプスの名峰
from dezire_photo &..
イスラム建築の最高峰、ス..
from dezire_photo &..
第047回【東ティモール..
from 地球の裏側ニュース【ラテンア..
『桃(タオ)さんのしあわ..
from e-note 2005

ブログパーツ

検索

ファン

ブログジャンル

中部
映画

画像一覧