人気ブログランキング |

風路のこぶちさわ日記

カテゴリ:応援しています!( 62 )

全日本ジュニア障害馬術大会

きょうは「全日本ジュニア障害馬術大会2013」の決勝です。
会場は近くの県営馬術競技場。

風路にお泊りの乗馬クラブの選手たちも朝早く出発。
私たちもお見送りしました。

「今年で最後になります」
きのうの夕食後、5年間毎年来てくれていたTくんがひとこと。
22歳までが出場できる大会なのだそうです。
もっとずっと若く見えたのでびっくり。(最初の頃の高校生のイメージのままだったから?)

それじゃあ(そうでなくてもだけど)、ぜひ全力を出し切って悔いのないような試合をしてくださいね。
(試合って言うのかな?)


他にも、お孫さんの応援の方等・・・

ホースショーとこのジュニアの大会が、「馬の町」小淵沢の夏という感じです。

八ヶ岳の秋の風になって

今朝早く、「グランフォンド八ヶ岳2012」参加の若者たちは出発していきました。コックが1人でお見送り。
きのうの夜の雨は上がっていて良かったです・・・・が、一歩外に出るなり「寒っ!」と声が出たとのこと。10月の八ヶ岳山麓の早朝は寒いんです。

今はまだくもりがちですが、次第に晴れてくるとの予報なので八ヶ岳の雄大な景色を楽しんで走っていただきたいと思います。
風になって走り抜ける・・・そんな気分じゃないかなぁ・・・と想像しています。

きょうのディナーは特別に、シャンパンを用意して待っています♪
それからごはんも通常の倍炊いておきます!

      ・・・・・・・・・・・・・

八ヶ岳の秋の風になって_f0019247_12403212.jpg
シャンパングラスを用意して、帰ってくるのを待つばかり。

みなさん、完走したそうです♪

シャンパンで乾杯もリキが入るというものです。
もちろん私たちも、仲間に入れてもらって一緒に乾杯♪

八ヶ岳の秋の風になって_f0019247_1232581.jpg
ディナーの後は二次会で盛り上がります!

みなさん、のべ標高差2000mを越える117キロコースを走りぬいた割には(?)元気!
「辛いコースじゃなかったんですか?」と(無粋な)質問をしたら、
「人生で1番辛かったのは富士登山だったのですが、それと同率1位でした」という感想も。

だからこそ、最高に楽しい夜なんですね。

一夜明けて・・・
八ヶ岳の秋の風になって_f0019247_1244858.jpg
爽やかな朝です。これから諏訪に行くそうです。自転車ではなく車で。



ジュニア障害馬術大会

朝から気持ちの良い青空が広がっています。
朝は、ちょっと肌寒いくらいひんやりしていても、お日様が高くなると、さすがに「夏!」という感じです。

毎年8月最初の日曜日に行われていた、全日本ジュニア障害馬術大会が、今年はオリンピックのために7月の最終日曜日に変更になりました。変わって、7月の最終土曜日に行われていたホースショーが8月初めに。
というわけで、今は馬術大会に出場されるジュニアのみなさんが連泊されています。全日本の大会に出場できるのは、きっとすごいことなのでしょうね。ぜひ力を出し切ってがんばってほしいと思います。

風路も夏本番です。


歌こそ人生♪

歌こそ人生♪_f0019247_151147.jpg「八ヶ岳歩こう会」仲間が入っている混声合唱団「コール・セラヴィ」のコンサートに行きました。
コール・セラヴィとはドイツ語の「歌」とフランス語の「これが人生」ということばから、とのことです。
震災や原発事故からの復興の祈りを込めて「ほほえみをあなたと」と題しています。

素晴らしかった♪

歌こそ人生♪_f0019247_15112468.jpgコーラスってなんて素敵なんだろう、と思わずにはいられませんでした。
ソロも素敵ですが、こうやってハーモニーになると人と人が繋がることで何倍にも魅力が増すのですね。
子供達とのコラボ「スイミー」も意欲的な取り組み。

舞台上で出演者の方のインタビューがあり、「人生で辛いこともたくさんありましたが、歌があったことで乗り越えられた・・・」との答が印象的でした。

終わってから偶然お会いした知り合いの方が「私もまた歌いたくなったわ」とおっしゃっていたのがまたうれしかった。


「こぼれ種」おいしいです!

「こぼれ種」おいしいです!_f0019247_21573991.jpg

風路のとなりの桜も満開です。
そして1日・1日とカラマツの緑が濃くなっています。

さて「こぼれ種」応援団となっている風路です。

きのうの夜、早速飲んでみました。
普段はビールかワインで、焼酎はそれほど飲むことはありません。
たまに飲む時は、お湯割りか氷とお水をたくさん入れて飲んでいます。
あまりお酒の味がわからないので・・・

しかし・・・「こばれ種」は生のまま、またはオンザロックで飲むのがいいと思いました。割ってしまったらもったいないような・・・
味見のつもりが、もう一杯、もう半ブン、あと少し・・・となってしまったデス。

きょうはお酒の味がわかるヒトに薦めてみました。
「これはおいしい」と太鼓判。・・・やっぱり!

この連休にいらっしゃるお客様にはなんとかお出しできるかな。

「こぼれ種」おいしいです!_f0019247_22171225.jpg
これは「こぼれ種」の箱の中に入っていたものです。わかりにくいですが、原料のお米を作った農家さん11軒のプロフィールが書かれています。お一人、お一人が書かれたプロフィールを読んでいると、愛情こめてお米が作られたことが感じられ、さらにおいしくなります。

右側は商品データとして武の井酒造さんのことや、仕込みについて、ラベルについて等。

そうそうこの瓶は限定384本なんですね。
「こぼれ種」おいしいです!_f0019247_2285297.jpg



「こぼれ種」届きました!

「こぼれ種」届きました!_f0019247_1755558.jpg久保酒店のクボくんのブログによると、「純米縁結び自然焼酎『こぼれ種』久保酒店分完売」だそうです。電話で予約しておいて良かった~!

ふっふっふ・・・早速今晩「味見」してみたいと思います。
もちろん「味見」です!・・・グイグイ飲むわけではありません・・・(多分)
UTYの番組で、できたてのお酒を飲んだときの「武の井酒造」の杜氏さんの満足そうな表情を思い出します。


北杜の焼酎「こぼれ種」

北杜の焼酎「こぼれ種」_f0019247_14523739.jpgきのうの6時からのUTY(テレビ山梨)に、うちがいつも配達を頼んでいる久保酒店の久保くんが出る、とフェイスブックで教えてもらい、急いでテレビをつけました。(はじまってからもう10分位たっていました)
ほんとだ!久保くんが酒瓶を持って説明しています。このお宅は見たような・・・と思ったら、なんとペンション仲間の「泉園」さん。泉園の秀ちゃんも何やら話しているではないですか!
あわててコックを呼びにいきました。
「久保君が出てる!秀ちゃんも出てる!」

その後番組は、北杜市のお米を使って、北杜市「武の井酒造」の若き杜氏たちが造る「焼酎」が生まれるまでのドキュメンタリーとなっていました。

この「焼酎」をプロデュースしたのが久保君なのだそうです。
お米を作る人、焼酎を作る人、販売する人、飲む人までが、お互いに顔の見えるそんなお酒ができたらきっと地域も元気になる、若い世代がそういうことをやっていきたい、と語る久保君に、思わず「がんばれ!」と声をかけたくなりました。「武の井酒造」の杜氏さんも「久保君の熱意に動かされた」とのこと。

お酒の名前やラベルのデザインを公募したり、インターネットで投票を呼び掛けたりしたそうです。
有機農業でがんばっている若手農家の人々も自分たちのお米がお酒になっていく過程を見学したり、ラベルデザインを選んだりするなかで、自分たちのお酒という気持ちが深まっていく様子。

「こぼれ種」
これを見たら、ぜったいに、1本は買って飲んでみたいです。
確か限定300何本かだったような・・・
4月29日から売り出すそうです。

久保君のブログ純米縁結び自然焼酎「こぼれ種」についてもどうぞ。写真もそこからお借りしました。


北杜市民謡を楽しむ集い2012

北杜市民謡を楽しむ集い2012_f0019247_18474525.jpgもう3年も前から小淵沢民謡会に入っているコック。
1年に3回発表の場があります。きょうはそのうちの一つの「民謡を楽しむ集い」。
昨年までは須玉ふれあい館で行っていましたが、今回は大泉の総合会館。
ここは初めて行きました。大きな体育館といった感じです。

北杜市民謡を楽しむ集い2012_f0019247_18481310.jpg小淵沢・大泉・明野・武川・須玉にそれぞれ民謡会があり、1人1曲と会全員の合唱で2曲位歌います。
民謡に特に興味はありませんでしたが、こうやって何曲も聞いていると、悪くない!・・・どころか「けっこういいじゃないか!」と思えてきます。
上手な人の歌は声量があってこぶしがまわって、聞き惚れます。

北杜市民謡を楽しむ集い2012_f0019247_18484538.jpgあいの手というのがバラエティ豊かで楽しい。
小淵沢のみっちゃんも上手でしたが、本人曰く「色気が足りない」のだそうです・・・
コックの歌は、「風林火山」。
なんと尺八でも舞台に上がってしまいました。
3人で吹いたのですが、お2人の足を引っ張ったような・・・
でも観客はほとんど出演者、という感じのアットホームな会だから、許してもらえるかな?

しかし年齢が高そうなので、この集いの行く末も心配になってきます。
残していきたい庶民の文化のような気もしますが・・・
と言って自分じゃ歌えないけど。


箱根駅伝復路

箱根駅伝の復路は10時半ごろからテレビ観戦。
テレビをつけたときにはもう、藤沢の江の島あたりが映っていました。速い!
圧倒的に強い東洋大。

9区の田中くんがちょっと心配な様子も見られましたが、なんとか走りきってアンカーへ。
圧勝でした。

学連選抜というチームは不思議。タイム的には速い選手が揃っていると思うのですが、やはり同じ学校のチームではないので+αの力が湧いてこないのでしょうか?終わってみれば大体最後の方。

ともあれ、今年も箱根駅伝は終わってしまいました。
去年、東洋大は4日から練習に入ったとのこと。1日も休まなかったのですね・・・

となりまで回覧板を届けるにも走っていきたくなる日。30mくらい(^^;)

夜、お客様と一緒にダイジェストを見る。


2012年箱根駅伝

毎年、1月2日・3日の楽しみ。
午後2時頃までCMの間に仕事をしている感じ!?

東洋大・柏原君強かった。
往路優勝のコメントにもうるっときました。

仲間への信頼と出身地(出身校?)の福島からの応援が力になった、というコメントのあと
僕が苦しいのは1時間ちょっと。
福島のみなさんの苦労とは比べ物にならない・・・


途中遅れた東京農業大学の津野くんのゴールも気になる・・・
14時少し過ぎにゴールしたとのこと、良かったです!


コックがあきれて「箱根駅伝ファンを募って、2日・3日は応援の日とすれば?」と冗談半分のアドバイス?
それいいかも!