人気ブログランキング |

ブログトップ

風路のこぶちさわ日記

カテゴリ:平和・社会のこと( 267 )

12人の絵本作家が描く応援カレンダー_f0019247_16113235.jpg

3.11後、子どもたちを守りたいという思いを持つ絵本作家のみなさんが描いたカレンダーです。
収益金を、これまでいろいろな団体に寄付、2020年は寄付先として「311受入全国協議会」が選ばれたそうです。
全国各地の保養団体を繋ぎ、保養相談会などを開催している団体です。
毎年春休みや夏休みに北杜市に子供たちを招待している「4月3日のひろば」(福島~山梨つながるネット)もここに参加しているそうです。
こちらには「八ケ岳歩こう会」もほぼ毎年寄付をしています。

絵本作家さんの想いを受け取って「少しでも力になれば」と購入させていただくことにしました。
カレンダーは約20×20センチの冊子を上下に広げるタイプ、シンプルでとても素敵です。
ちょっと書き込める蘭もあって、使いやすそう!
2部買ったので、もしも関心を持たれたら、連絡ください。とっておきます。

『応援カレンダープロジェクト』
https://12ehoncalendar.com/

4月は長谷川義史さん!
12人の絵本作家が描く応援カレンダー_f0019247_16163912.jpg


しかし・・・もうあさってからこのカレンダーを使うんですね!びっくり!
by kaze-michi | 2019-12-30 16:18 | 平和・社会のこと | Trackback | Comments(0)

山本太郎さん@甲府!

山本太郎さん@甲府!_f0019247_22104473.jpg

夏の参議院選挙の前日、甲府に山本太郎さんが来る!と聞いて短時間だけですが、話を聞きに行きました。そして、舩後さん、木村さん、2名の重度の障害を持った方が当選し、国会は次々とバリアフリーとなっているそうです。
当事者が国会に入ると、本当に壁を動かすことができるのだな~と思わされます。

太郎さんは最多得票だったにもかかわらず、議席を失い、今、全国で遊説しています。
そしてきょうはなんと、再び山梨県甲府へ!
行きたいけど、せっかく今年は風邪をひかずになんとかここまできたのだから、無理せずインターネット中継を見ようかな、とも思いましたが・・・、やっぱり行ってきちゃいました!

質問したい人!との問いかけに何人もの手があがり、介護のこと、教育のこと、税金の使い道・・・など、切実な問題が次々に。それに対して誠実に答える太郎さん。
ずっと聞いていたかったですが、冷えてきたので途中建物の中で温まって、また再度行ってみたときには、写真タイム。長蛇の列!!!

山本太郎さん@甲府!_f0019247_22135173.jpg

「♯あなたを幸せにしたいんだ 山本太郎とれいわ新選組」という出たばかりの本をゲットしました。

来年1月19日(日)には太郎さんのドキュメンタリー映画「ビヨンド・ザ・ウェイブス」が北杜市須玉ふれあい館で上映されます。ベルギーの監督さんが撮った映画だそうです。行けるかな?
by kaze-michi | 2019-12-16 22:51 | 平和・社会のこと | Trackback | Comments(0)

大西つねきさん

大西つねきさん_f0019247_22131715.jpg

きょうの午後は工事が無かったので出かけることができました。

経済って、ちょっと敷居が高いような・・・?
途中で寝ちゃうんじゃないかな~?とちょっと不安・・・

でも、税金をどのように使ってほしいか、は、暮らしそのもののことだし・・・
おそるおそる聴きに行きましたが・・・

面白かったです!3時間がちっとも長く感じなかったのがすごい!
よくわからないことももちろんありましたが、大いに頷けることもたくさん!
最初の「教育困難校」のヤンキー生徒との交流のお話も好き♪

本も買いました。
パラパラとめくっただけですが、やっぱり、本人から聞くと全然違うような?
また機会があったら聴きに行きたいと思います。
by kaze-michi | 2019-11-24 22:29 | 平和・社会のこと | Trackback | Comments(0)

石川文洋さんの講演会

きのうも素敵なお客様。from沖縄~!
なんと、沖縄のお弁当がおみやげです!お昼にできあがったものが八ヶ岳で夕ご飯!

石川文洋さんの講演会_f0019247_22313431.jpg
沖縄の味がいっぱい詰まっていて美味しい♪ (ごはんが見えない!)


きょうは、1名は午前中「馬のまち祭り」のスタッフ。担当は蹄鉄投げのコーナー。
大人気だったそうです。他のコーナーも順番待ちの賑わいだったとか。
ウォークの参加者も大勢で、紅葉も真っ盛り、天気も最高♪


それから小淵沢生涯学習センターへ。
石川文洋さんの講演会_f0019247_22394989.jpg

石川さんのお話は、まずは日本縦断の徒歩の旅のお話から。
大地震と津波さらに原発の被害を受けた東北を歩いた時のこと、ベトナムのこと、琉球「処分」のことや沖縄戦、辺野古のことなど、穏やかなやわらかい口調でお話されました。

最後の方で、平和丸の由里船長がサプライズでスピーチ! そのスピーチも良かったです♪
石川文洋さんの講演会_f0019247_9522645.jpg

by kaze-michi | 2019-11-17 22:40 | 平和・社会のこと | Trackback | Comments(0)

歩くことは生きること

あしたの午後1時から「石川文洋さんの講演会」
 基地で平和はつくれない―わがふる里沖縄と米軍基地―
が小淵沢の生涯学習センターで行われます。
石川さんについて知っていることと言ったらべトナム戦争の写真をたくさん撮っている「報道カメラマン」という位でした。
今回、三上智恵さんの映画の自主上映会を開催した仲間たちで講演会を企画、そういえばうちに一冊石川さんの本があったな~と探したら、それは「四国八十八カ所」の遍路旅の本でした。

歩くことは生きること_f0019247_12234362.jpg

ちょっと検索してみたら、こんなページがありました。
「歩くことは生きること」
https://imidas.jp/jijikaitai/l-40-260-19-04-g758
なんと、宗谷岬から日本列島縦断の旅をしたのだそうです。ゴールは今年の6月!沖縄です。
その途中のインタビューです。

読んでみたら・・・「歩こう会」会員としては共感しまくり!

なぜ歩くかと言えば、シャッターを押すチャンスがたくさんあるからです。カメラマンとしてとても嬉しい。いろんな風景や人との出会いもあるからです。『感動は人生の見えない財産』と思っているけれど、徒歩の旅は感動の宝庫です。

石川さんは沖縄の出身ですが今は諏訪在住とのこと、それもなんだか勝手に親近感。
沖縄への想い、ずっと沖縄で育ってきた人へのコンプレックス、戦場で命を落としたカメラマンへの想い・・・

これは、なんとしてもあした聴きに行かなくちゃ!


「基地で平和はつくれない」―わがふる里沖縄と米軍基地―
日 時:11月17日(日) 午後1時~3時
場 所:生涯学習センターこぶちさわ ホール
参加費:499円(高校生以下無料)
主 催:「にらいかない北杜」

同時開催―カヌーチームが撮った写真展【辺野古・大浦湾】
日時:11月16日(土)~18日(月)及び、22日(金)~24日(日)
11:00~18:00
場所:café くじらぐも(明野町)
by kaze-michi | 2019-11-16 11:53 | 平和・社会のこと | Trackback | Comments(0)

れい和を平和に

れい和を平和に_f0019247_19573811.jpg

きょうは午前中に雷!
突如、ドーンと地響きがして電気が消えました。
しばらく待ってもつきません・・・・。
ご近所さんは停電していないとのこと。調べてみると配電盤の問題らしく、無事点いてほっとしました。1時間程度の停電でも、何もできない!と思ってしまうのですから、1週間も2週間も停電状態だったら、パニックになってしまいそうです。

無事電気もついて、洗濯も掃除機をかけることもでき、スマホも充電して・・・
きょうは、ペンション振興会の新聞「風のたより」と風路のつうしん「風の通り路」を宮沢書店さんに印刷してもらい、いよいよ送付作業に入ります。

今回は25グラムを少し超えるので、94円。
84円切手はたくさん買ったのですが、10円切手が無いので郵便局に買いに行くと、きょうはお休みなのでした・・・コンビニに少しあったのを買ってきました。
あとは、せっせと折って、一言添えて封筒に入れて、切手を貼っての作業日。


テレビは見ていませんが・・・
きょうの式典に高校生としてただ一人沖縄の相良倫子さんが招待されたそうです。
去年の6月23日の沖縄慰霊の日に詩を朗読したこと、思い出しました。

  ・・・・・・・・・・
(前略)
だから、きっとわかるはずなんだ。
戦争の無意味さを。本当の平和を。
頭じゃなくて、その心で。
戦力という愚かな力を持つことで、
得られる平和など、本当は無いことを。
平和とは、あたり前に生きること。
その命を精一杯輝かせて生きることだということを。
(後略)
  ・・・・・・・・・・

相良さんを招待しようとしたのはどなたの想いだったのでしょう。


全文は以下に。

沖縄県浦添市立港川中学校 3年 相良倫子
 
私は、生きている。
マントルの熱を伝える大地を踏みしめ、
心地よい湿気を孕んだ風を全身に受け、
草の匂いを鼻孔に感じ、
遠くから聞こえてくる潮騒に耳を傾けて。
 
私は今、生きている。
 
私の生きるこの島は、
何と美しい島だろう。
青く輝く海、
岩に打ち寄せしぶきを上げて光る波、
山羊の嘶き、
小川のせせらぎ、
畑に続く小道、
萌え出づる山の緑、
優しい三線の響き、
照りつける太陽の光。
 
私はなんと美しい島に、
生まれ育ったのだろう。
 
ありったけの私の感覚器で、感受性で、
島を感じる。心がじわりと熱くなる。
 
私はこの瞬間を、生きている。

この瞬間の素晴らしさが
この瞬間の愛おしさが
今と言う安らぎとなり
私の中に広がりゆく。
 
たまらなく込み上げるこの気持ちを
どう表現しよう。
大切な今よ
かけがえのない今よ

私の生きる、この今よ。
 
七十三年前、
私の愛する島が、死の島と化したあの日。
小鳥のさえずりは、恐怖の悲鳴と変わった。
優しく響く三線は、爆撃の轟に消えた。
青く広がる大空は、鉄の雨に見えなくなった。
草の匂いは死臭で濁り、
光り輝いていた海の水面は、
戦艦で埋め尽くされた。
火炎放射器から吹き出す炎、幼子の泣き声、
燃えつくされた民家、火薬の匂い。
着弾に揺れる大地。血に染まった海。
魑魅魍魎の如く、姿を変えた人々。
阿鼻叫喚の壮絶な戦の記憶。

みんな、生きていたのだ。
私と何も変わらない、
懸命に生きる命だったのだ。
彼らの人生を、それぞれの未来を。
疑うことなく、思い描いていたんだ。
家族がいて、仲間がいて、恋人がいた。
仕事があった。生きがいがあった。
日々の小さな幸せを喜んだ。手をとり合って生きてきた、私と同じ、人間だった。
それなのに。
壊されて、奪われた。
生きた時代が違う。ただ、それだけで。
無辜の命を。あたり前に生きていた、あの日々を。
 
摩文仁の丘。眼下に広がる穏やかな海。
悲しくて、忘れることのできない、この島の全て。
私は手を強く握り、誓う。
奪われた命に想いを馳せて、
心から、誓う。

私が生きている限り、
こんなにもたくさんの命を犠牲にした戦争を、絶対に許さないことを。
もう二度と過去を未来にしないこと。
全ての人間が、国境を越え、人種を越え、宗教を越え、あらゆる利害を越えて、平和である世界を目指すこと。
生きる事、命を大切にできることを、
誰からも侵されない世界を創ること。
平和を創造する努力を、厭わないことを。
 
あなたも、感じるだろう。
この島の美しさを。
あなたも、知っているだろう。
この島の悲しみを。
そして、あなたも、
私と同じこの瞬間(とき)を
一緒に生きているのだ。

今を一緒に、生きているのだ。
 
だから、きっとわかるはずなんだ。
戦争の無意味さを。本当の平和を。
頭じゃなくて、その心で。
戦力という愚かな力を持つことで、
得られる平和など、本当は無いことを。
平和とは、あたり前に生きること。
その命を精一杯輝かせて生きることだということを。
 
私は、今を生きている。
みんなと一緒に。
そして、これからも生きていく。
一日一日を大切に。
平和を想って。平和を祈って。
なぜなら、未来は、
この瞬間の延長線上にあるからだ。
つまり、未来は、今なんだ。
 
大好きな、私の島。
誇り高き、みんなの島。
そして、この島に生きる、すべての命。
私と共に今を生きる、私の友。私の家族。

これからも、共に生きてゆこう。
この青に囲まれた美しい故郷から。
真の平和を発進しよう。
一人一人が立ち上がって、
みんなで未来を歩んでいこう。
 
摩文仁の丘の風に吹かれ、
私の命が鳴っている。
過去と現在、未来の共鳴。
鎮魂歌よ届け。悲しみの過去に。
命よ響け。生きゆく未来に。
私は今を、生きていく。

by kaze-michi | 2019-10-22 20:00 | 平和・社会のこと | Trackback | Comments(0)

マルバノキの紅葉と・・・_f0019247_10182217.jpg

きのう、各駅停車の長旅を終えて帰ってきたら、庭のマルバノキの紅葉が始まっていました。
今年の紅葉は遅いといううわさ。雨も多いので、きれいに紅葉するでしょうか?
台風の被害も予想をはるかに超えて広がっているようです。

「武器を爆買い」するよりも、その中身を精査して防災や被災された人々や田畑・家屋などに手厚い予算をつけてほしいと思います。
防災省というのを作ったほうがいいのでは?という声も聞きました。
これだけ災害の多い国なのだから、確かにそうだな~と思います。

避難所というのも世界を見渡すと、きちんとプライバシーが守られるテントや、温かい食事などがすぐに提供されるところもあるそうです。(スフィア基準というのがあるらしい)
体育館で雑魚寝というのは、もう先進国とは言えないとも。

のど元過ぎればすぐに忘れてしまう・・・と言ってもこう毎年のように災害がある国ではいつわが身のこととなるかわかりません。
自分でできることはいろいろ考えるとしても、自治体や国の予算をどう使ってほしいのかはみんなで考える時のような気がします。

そしてそういう思いをきちんと受け止めて実行してくれそうな人に投票する・・・それがとても大切なんだなあと今回もまた改めて思いました。

台風21号が近づいているとのこと、どうかこれ以上被害が広がりませんように・・・
by kaze-michi | 2019-10-20 22:28 | 平和・社会のこと | Trackback | Comments(0)

きょうから

きょうから_f0019247_1437769.jpg


きょうから10月、きょうから増税。
本当に増税なんだ・・・
もしも7月の参議院選挙のときに、棄権した5000万人の中の2割の人でも、増税反対の党に投票していたら今頃全く違う状況になっていたかもしれません?

「昔から続いていた町の小さな食堂や酒屋さんなどが次々に廃業している」「常連のお客様には申し訳なく思っている」という記事を見て、他人事じゃないな~と・・・

郵便局に行って、切手を買ったら、しっかり84円!
きのうまでは82円を売っていたそう。きのうのうちに出したら82円で済んだのか!
仕事が遅かった・・・

税金が高くても、福祉や教育にきちんと使われていればまだ納得なのですが・・・?
by kaze-michi | 2019-10-01 22:25 | 平和・社会のこと | Trackback | Comments(0)

望月衣塑子さん!

きのうの午前中は望月衣塑子さんの講演会へ。
話題の映画「新聞記者」の原作と言われる本を書いた東京新聞の記者さんです。

菅官房長官の記者会見で、他の多くの記者さんは発表されることをただパソコンに打ち込むだけのよう?
そんなときに、果敢に鋭い質問をする、ということで一躍有名になった方です。
時々目にする望月さんの質問は、私も聞いてみたいと思うようなことばかり。
でもほとんど「木で鼻をくくる」ような答弁・・・
そのうえ、なんと妨害までされるようになったそうです。

それでもめげずに、質問を続ける根性!どんな方だろうと思って興味津々・・・

望月衣塑子さん!_f0019247_13475679.jpg

なんと、小柄でかわいらしい!
しかし、お話はパワフル!
身振り手振り、まるで漫談のよう(?)に記者会見の様子を生き生きと語ってくれました。
話したいことが、たくさんありそうで、最後は早口に!
時間があったらもっともっと聴いていたいようでした。


なんと!なんと!映画「新聞記者」の続編(?)が完成したそうです!
そして今度はドキュメンタリー!ご本人を追った作品とのことです。
ぜひ見てみたい。(松坂桃李さんは出ないけど・・・)
by kaze-michi | 2019-09-30 23:36 | 平和・社会のこと | Trackback | Comments(0)

檻の中のライオン@小淵沢_f0019247_13582467.jpg
「檻の中のライオン」という本、「憲法のことがわかりやすい!」と評判らしい。
その本を書いた楾(はんどう)大樹さんは全国から引っ張りだこ!
なんときょうは北杜市へ。しかも小淵沢に来て講演をしてくださるそう!
・・・行けるかな?・・・午前中なので、なんとか行っちゃいます!
檻の中のライオン@小淵沢_f0019247_08265.jpg

生涯学習センターには50~60人位の人が来ていました。

2時間半の中に中身がぎっしり。ちょっと早口だったのは、終わったらすぐに甲府での講演会に行かなくてはならないからだそうです。

1番はじめの質問はこれです。
檻の中のライオン@小淵沢_f0019247_0103797.jpg

こんなふうにクイズあり、ぬいぐるみあり(ご当地ものも!)
時事問題もとりあげたり・・・で、まるで笑点のような語りに、笑いながらなっとく。
でも今の風潮がかなり危ないことになっている、ということも感じられ、「ぼ~っとしているんじゃないよ!」とチコちゃんにおこられそうなワタシ(たち!?)
檻の中のライオン@小淵沢_f0019247_13542538.jpg
広島のカープ坊や!チコちゃんもいます♪

檻の中のライオン@小淵沢_f0019247_1358110.jpg
右側の本を買いましたが、絵本や紙芝居もありました。
会場であった「歩こう会」のSさんはお孫さんのために紙芝居を買おうかなと言っていました。
左側のクリアファイル、憲法全文が書かれているすぐれもの!

憲法って本当に、良く知らなかったな。

中学校にも講演で呼ばれるとか。子供や若者にも(こそ!)聞いてほしい。
もう全国330回位講演をされているそうです。
こんなにわかりやすく楽しく学べるなら、いっぱい知り合いを誘えば良かったな。
by kaze-michi | 2019-09-22 23:17 | 平和・社会のこと | Trackback | Comments(0)