人気ブログランキング |

風路のこぶちさわ日記

カテゴリ:植物観察( 30 )

コクサギ

コクサギ_f0019247_15353425.jpg
きのうのウォークで教えてもらいました。
コクサギ。漢字で書くと小臭木。
確かに、葉っぱの臭いが独特です。でもクサに「臭」という字を当てているとは知りませんでした。

教えてもらった珍しい特徴は・・・
コクサギ_f0019247_15351369.jpg

葉のつく順序が右右・左左・・・と2つずつになっていること。

ホントだ!

でも木全体の印象は良くわからなかったので、今度自分で見つけられるかどうか自信無し。

ズダヤクシュとクリンユキフデ

きのうの入笠湿原周辺の花。
ズダヤクシュとクリンユキフデ_f0019247_20334937.jpg
白い小さな蕾(ピンボケ!)が印象的で何の花かな~と思いました。これがズダヤクシュだそうです。漢字では「喘息薬種」。喘息のことを長野の方言(?)でズダというそうで、喘息に効く薬草だったことから名づけられたようです。ちなみにズダブクロのズダは頭陀。
花の時期にも見てみたいです。

ズダヤクシュとクリンユキフデ_f0019247_2040499.jpg
クリンユキフデというのも初めて聞く名前です。「九輪雪筆」。白い花を「雪」に、花穂を「筆」に見立てたことから。ハルトラノオにも似ています。

書いておかないとすぐに忘れてしまいそうです!

ズダヤクシュとクリンユキフデ_f0019247_20444033.jpg
ウスバサイシン(薄葉細心)もひっそり咲いていました。

入笠湿原のミズバショウ

入笠湿原のミズバショウ_f0019247_23473217.jpg
雪の無い季節にここに来たのは何年ぶり?

今はやっと雪が融け、いろいろな葉がぐんぐん出てきているところのようです。
あと1ヵ月もしたら、丘はスズランに覆われるのかな・・・?

入笠湿原のミズバショウ_f0019247_2351509.jpg
ミズバショウはもう終わり。少しだけ咲いていてくれました。
入笠湿原のミズバショウ_f0019247_23523271.jpg
ザゼンソウ。ミズバショウもザゼンソウもここで見たのは初めて・・・と思います。

入笠湿原のミズバショウ_f0019247_23543612.jpg
シロバナエンレイソウ。

入笠湿原のミズバショウ_f0019247_2356434.jpg
サンリンソウもたくさん咲いていました。

ノビルのムカゴ

ノビルのムカゴ_f0019247_936552.jpg
きょうは植物好きのお客様が駅から観察しながらいらっしゃいます。
駅から歩くと50分ほどかかりますが、その道を5時間以上かけて到着!
迷ったのではないかと心配するくらいでした・・・

おみやげをいただきました。
ノビル(野蒜)です。この白い小さな玉ねぎのようなところはお味噌とかつけて食べたことがありますが、花は知らなかった。
ノビルのムカゴ_f0019247_9363149.jpg


最初の写真の上のちょっと出ているのが花(まだつぼみ?)で、茶色いかたまりはなんとムカゴだそうです。
ムカゴって山芋だけじゃないのね。

クロモジの実など

クロモジの実など_f0019247_2302333.jpg

春に咲くクロモジの黄色の花は、何度も写真を載せていますが、実を見たのは初めてかもしれません。
つやつやした黒い丸い実です。

クロモジの実など_f0019247_2313295.jpg

これも初めて。アオハダです。風路の玄関脇にも1本ありますが、花も実も見たことはありません。この実はうちから20分ほど下りたところの木。
検索したら、アオハダは「雌雄異株で雌株には赤い実がなります」とあったので、雄株だったら、実はならないみたいです。

クロモジの実など_f0019247_23711100.jpg
もうひとつ、サワフタギ。紫色の実がきれいです。

クロモジの実など_f0019247_23151386.jpg小深沢川遊歩道には今、コナラのどんぐりがいっぱい!
かたちも色もかわいいです。クロモジの実など_f0019247_2317471.jpg
栗も1、2個・・・

お客様と一緒に風路周辺の植物を見ながらのんびり歩きました。

小淵沢駅までお送りした後、10月20日(日)のおつきゆきえさん朗読会のチラシ印刷に小淵沢商工会へ。
そういえば今夜は満月。まんまるだ!

More

八ヶ岳薬用植物園

八ヶ岳薬用植物園_f0019247_2254158.jpg
お客様と一緒に薬用植物園へ。

ここは広い敷地に多くの植物があり、植物好きのお客様にはとても好評です。
晴れていれば山々の眺望も素晴らしく、散歩しているだけでも楽しい。
きょうは曇りでしたが、暑くなく寒くなく植物観察には絶好の日和!

ベニバナトチノキの赤い花がひときわ目立っていました。
そろそろ終わり(?)で、実になりかかっているものも。

八ヶ岳薬用植物園_f0019247_22554372.jpg八ヶ岳薬用植物園_f0019247_22562825.jpg
桃にそっくりな花が咲くアーモンドの木。実がついているのを見たのは初めてです。 可憐なアマドコロ。

八ヶ岳薬用植物園_f0019247_2305432.jpg八ヶ岳薬用植物園_f0019247_2331661.jpg
植物園に行くまでの道で、ハコネウツギを見ました。花が大きく見事です。 この葉はウダイカンバ。以前清里のスノーシューで、教えていただきましたが、その時は落葉していました。「鵜松明樺」と書くそうです。

薬用植物園に入ってすぐの大きなモミジは「オオモミジ」。以前、秋に来たとき紅葉が見事でした。

薬用植物園は月曜休。(冬期は土日休) 無料です。


ホソバツルリンドウ?

ホソバツルリンドウ?_f0019247_2220346.jpg

植物好きのお客様と一緒に歩くと、毎回発見があり、知らなかったことに出会います。
上の写真は八重皮樺。名前の通り皮が幾重にも重なっています。

きょうの1枚。ホソバツルリンドウ(?)ではないか、と思います。実かな?種かな?・・・と思ったものは蕾でした。近くで花が咲き初めていたのです。

ホソバツルリンドウ?_f0019247_221917100.jpg


初めて聞いた名前「ホタルサイコ」。
写真はうまく撮れませんでしたが、葉が茎を抱くようについています。小さなセリ科の植物のようです。
ホソバツルリンドウ?_f0019247_22232495.jpg



これはエゾノコリンゴ

これはエゾノコリンゴ_f0019247_2302749.jpg

ズミかなと思ったら、エゾノコリンゴだそうです。
幼葉が両方からくるんと巻き込んでいるのが特徴。ズミは巻かずに二つ折りなんですと。

美しの森のズミはまだまだツボミ。
サクラスミレもきれい。
これはエゾノコリンゴ_f0019247_232821.jpg



八ヶ岳薬用植物園

お客様と一緒に八ヶ岳薬用植物園へ。
風路から徒歩40分。車なら10分もかからないところにあります。
春に行ったことはありますが、この季節は初めて。実がいろいろ成っていて興味深いです。

八ヶ岳薬用植物園_f0019247_23452733.jpg

このおもしろい実のつきかた!アオギリです。
他にもカリン・サンショウ・ナナカマド・サンザシ・アケビ・サワフタギ・ツノハシバミ・・・等々。花しか知らなかったもの、花も知らないもの・・・

八ヶ岳薬用植物園_f0019247_23461216.jpg

きょうは快晴で気持ちがいい。南アルプス・八ヶ岳がきれいです。この左の木はハグマノキ。別名スモークツリーとかカスミの木とか言うらしい。

八ヶ岳薬用植物園_f0019247_23502435.jpg八ヶ岳薬用植物園_f0019247_23503928.jpg
「カメバヒキオコシ」。初めて聞く名前です。葉っぱの先が亀のしっぽみたいだから、とのこと。確かに!
ほんと、植物は面白い。

ここは名前が表示されているものも多く、(油断して?)メモをとらなかったので、名前を思い出せないもの多し・・・。また行って確かめてこなくちゃ。

山の上は雪!

山の上は雪!_f0019247_18161960.jpg

きのうは午後から雨、寒くて久し振りにストーブを焚き、暖房も入れました。
きょうは植物好きのお客様と清里美し森へ。
雨があがり、途中どんどん雲がはれて、山々が見えてくるとお客様から歓声が♪
絶景ポイントの清里大橋から見る八ヶ岳は真っ白です。

私たちも運転手として観察に同行。
美し森はまだまだ早春。スミレ・フデリンドウ等がたくさん咲いていました。ズミを楽しみにしていらした方も多かったですが、まだ濃いピンクのツボミ。

サクラスミレ。色が本当にきれい。
山の上は雪!_f0019247_14222773.jpg

フデリンドウ。サンリンソウ?
山の上は雪!_f0019247_14233340.jpg山の上は雪!_f0019247_14235793.jpg

八重皮樺。幹が文字通りボロボロというか、何層にもはがれそうです。
山の上は雪!_f0019247_1645833.jpg山の上は雪!_f0019247_1651926.jpg

何の花だろう、ヤマナシではないみたいだし、ズミでもないし、と思ったら・・・
マメナシの花だそうです。
山の上は雪!_f0019247_1815322.jpg