人気ブログランキング |

風路のこぶちさわ日記

カテゴリ:植物観察( 30 )

これから夏です

これから夏です_f0019247_22343670.jpg

きのうは、フラフラとしながらも?なんとか風路まで歩きました!
目的達成です。往きは50分位で帰りは1時間5分(10分?)といった感じです。
同じ道を戻りました。多分最短コース。
次回は往きはもう少し違う道を行ってみようかと思います。基本下りだし・・・

途中、ツタが少し赤くなっていました!
まだ7月なのに早過ぎませんか?まだ夏はこれからなのに。

それからこの植物は何だろう?
葉っぱが特徴ある形です。
これから夏です_f0019247_22373027.jpg

6月

6月です! きょうから、再開するところも多いようです。
この数年、6月と言えば「スペイン!」「巡礼の道!」だったのですが・・・
今年(から?)は、八ヶ岳の初夏をしっかり味わう月となりそうです。

きょうも遊歩道を一周。
6月_f0019247_18145959.jpg


実生でたくさん生えてきているこの特徴のある形。
これも確か、カエデだったような・・・?
6月_f0019247_18152830.jpg

「葉っぱでおぼえる樹木」をめくってみたら、やっぱりこれかな?
6月_f0019247_18161090.jpg

ウリハダカエデ。
植物観察会で教えてもらったような気もしますが、すぐに忘れてしまいます。

カエデの種類たくさんあって、葉っぱの形も様々。
ヒトツバカエデというのもあるし!

ホソエカエデ

ホソエカエデ_f0019247_19293663.jpg

きのうの「これ何だろう?」が気になってきょうも見に行っちゃいました。
そして葉っぱをよく見るとこれはカエデの種類の中にあった形。

ホソエカエデ_f0019247_19295763.jpg

山と渓谷社の「日本の樹木」のカエデのページを見てもわかりません。
平凡社の「日本の野生植物・木本」の中にありました!

ホソエカエデ。あのくるんとしているのは「鱗片葉(りんぺんよう)」というみたいです。
これはホソエカエデだけにあるらしい?
わかって(多分)うれしいな♪

途中のお宅のお庭のズミ(もしかしたらエゾノコリンゴ?)満開でした。

ホソエカエデ_f0019247_1932375.jpg

うちのエゾノコリンゴも少し開花しています!

歩く植物図鑑冊子校正

風路の通信「風の通り路」の人気コラム「歩く植物図鑑」を冊子にまとめる計画!
・・・なかなか進まないと心配されていますが、少しずつ進行しています!?
夏の繁忙期を過ぎたので、これからエンジンをかけていくべく、きょうは編集委員(!)が来てくれたので、しっかりと校正しました!

かなり間違いを直したつもりなのに、違う人の目で見ると見つかるものです!

歩く植物図鑑冊子校正_f0019247_1932739.jpg

「歩く植物図鑑」を冊子に

風路の通信「風の通り路」の人気コラム「渡嘉敷先生の歩く植物図鑑」をまとめてほしいという要望が何人もの方から寄せられていました。

自分たちも冊子のようなものを作りたいな~とずっと思っていました。
でもいろいろたいへんなんだろうな~、実現は難しいだろうな~と思っているうちに、早や数年。

しかし強力助っ人、市川さんが試作品を作って下さったので、一気に実現しそうな感じに。
きょうはその校正等で、有志が風路に集合、検討を重ねました。
私たちも、ディナー準備の合間に検討会に参加。
これは実現するかも!? ワクワクしてきました♪

写真も入れたい、装丁はどうしよう、部数は?金額は?!印刷会社(出版社!)は?・・・とまだまだハードルはいくつもありますが。
「歩く植物図鑑」を冊子に_f0019247_14264286.jpg


できるかな?

「歩く植物図鑑」想いが形に

五月晴れ!
きょうは雲ひとつありません。
きのう、旅の話をいろいろさせていただいたお二人、きょうはまきば公園に行かれるそうです。
最高の天気ですね♪



きのうピンポ~ンの音に玄関に出てみたら・・・
以前、このブログで風路の通信「風の通り路」の人気コラム「歩く植物図鑑」をまとめたい・・・と書いたのですが、なんと、なんと、なんと!!!

作っていただきました!
以前の原稿はパソコンを変えた時に消失してしまったので、一から書かないと・・・けっこうたいへんかな~・・・と思っていました。
「歩く植物図鑑」想いが形に_f0019247_1304652.jpg
ここまでできていれば、先生にチェックしていただいて、装丁を相談して・・・実現は間近!?
持つべきものは・・・!
ありがたいです♪

この花の名は?

午後は小淵沢の薬用植物園へ。

6日前に、「歩こう会」で行きましたが、その時に比べぐんと緑になり、花が増えていました。
そして、この花です。
この花の名は?_f0019247_1510353.jpg

いつもここに来るのは初めて、という方には「この花は何だと思いますか?」と聞きます。(「桃」・・・じゃないんです)
答えは「アーモンド」。

似ているようでも、やっぱりちょっと違うかな?
こちらが桃です。
この花の名は?_f0019247_15124382.jpg



この花は?
この花の名は?_f0019247_15171821.jpg

コブシ・・・ではなく、キタコブシだそう。花びらに赤い線があるのが特徴とのこと。
北国に多いそうです。

毛山五加

毛山五加_f0019247_22164499.jpg

今朝は予報通り、雨・・・しかも本降り!

きのうの予報では弱雨だったのが、きょうの朝みたら午前中は強雨となっています(T_T)
清里美し森方面へ行く予定でしたが、午前中じっくり植物談義の続き。

お昼頃から雨が上がったので薬用植物園に行くことになり、同行させて頂きました。

お目当てはまずはこれ。
毛山五加_f0019247_22244071.jpg
カイノキ。漢字では楷の木。楷書の楷、きちんと並ぶという意味とか?

一番上の写真・・・これはいったい何だろう・・・?

「ケヤマウコギ」または「オニウコギ」の花!だそうです。漢字では毛山五加。
五加でウコギとはとても読めません!
初めて見ました・・・

アーモンドの実と種が落ちていて、こちらも花は何度かみていますが、実と種は初めて。

淡い緑に包まれた入笠湿原

淡い緑に包まれた入笠湿原_f0019247_19494881.jpg

きょうは入笠湿原へ。
小淵沢のあたりは日ごとに緑の色が濃くなってきていますが、入笠まで登ると、そこはまだまだやわらかな緑。

淡い緑に包まれた入笠湿原_f0019247_1948446.jpg


桜も少し残っていて、可憐なスミレもたくさん。
淡い緑に包まれた入笠湿原_f0019247_19504396.jpg
オオシマザクラの花はほんの少し。サクランボみたいに同じところから茎が2本出ています?

淡い緑に包まれた入笠湿原_f0019247_228096.jpg
フモトスミレ。葉が斑入りで、葉の裏は紫っぽい。

淡い緑に包まれた入笠湿原_f0019247_2328173.jpg
アケボノスミレ。右上の葉っぱが丸くなっているのが特徴?

エンレイソウやミズバショウ、サンリンソウ、昨年も見たズダヤクシュにクリンユキフデ。
いくつもの春の花々が咲き始めていました。

ゴンドラ山頂駅の向かいの斜面ではカタクリやクマガイソウも咲いていました。
こちらは今、花の斜面として整備しているようです。

入笠湿原の草紅葉

入笠湿原の草紅葉_f0019247_02664.jpg

きのうは入笠湿原へ。
1週間前にも行きましたが、どんなふうに変わっているでしょう。
植物観察が目的なので、山頂へは行かず、湿原周辺を散策する予定です。

ゴンドラを降りて看板を見ていたら、なんと「歩こう会」会員(だった?)Tさんがガイドをしていました!
エンビセンノウが見ごろだそうです。絶滅危惧種らしい・・・?では見ておかなくちゃ!

入笠湿原の草紅葉_f0019247_055288.jpg
花の先が燕尾服のように2つに分かれているのが名前の由来?

スズランの実!実もこんなふうに成るんだ。
入笠湿原の草紅葉_f0019247_0123153.jpg


湿原は1週間で、ずいぶん変わっていました。エゾリンドウはまだまだ盛りでしたが、周りはすっかり草紅葉。
入笠湿原の草紅葉_f0019247_0151042.jpg


入笠湿原の草紅葉_f0019247_015404.jpg


アケボノソウも初めて見たかも。
入笠湿原の草紅葉_f0019247_0161666.jpg


アカイシコウゾリナ。
入笠湿原の草紅葉_f0019247_017192.jpg


ヤナギタンポポ。
入笠湿原の草紅葉_f0019247_0172235.jpg


違いがあまりわかりません・・・。
歩道は綱が張ってあって、そこから中には入れないので、近づいてよく見ることができません。熱心な方は葉や茎をさわったり、虫眼鏡?で覗いたりしますが、そういうことができずに遠くから見るだけです。それでも先生は見分けるのだからすごいです。