人気ブログランキング |

「家族を想うとき」

「家族を想うとき」_f0019247_140883.jpg
パンフレットに書かれた上西充子さんの文の最初の2行。
 
この映画に救いはあるだろうか、希望は息づいているだろうか。
 見終えた後に、そう問い直したくなる。


韓国映画「パラサイト 半地下の家族」は格差社会を描いてはいても、エンターテイメントとしてハラハラドキドキの展開に「面白かった」と思えたけど、この映画はあまりにも正面からイギリスの今の社会の問題を描き出し、ずっしりと重い気持ちが残りました。(でも見て良かった)

「個人事業主」の名目に惹かれ、フリーの宅配ドライバーを始めたリッキーは、訪問介護士をしている妻の車を売り、配達用のバンを買う。今度こそマイホームの夢が叶う、と張り切っていたが、本部からあてがわれた端末に従い、山のような荷物をさばくのは至難の技。体調を崩しても代理を自分で探さなければならず、日曜日に娘に手伝ってもらうことも許されない。がんじがらめの日々に、16歳の息子と12歳の娘は寂しさを募らせる。
(中略)
脚本家のポール・ラヴァティは、何度も宅配便の駐車場に通い、口の重いドライバーたちから本音や状況を聞き出して脚本に織り込んでいった。
何のために働くのか、働き方改革のしわ寄せはどこに行くのか。ケン・ローチ監督が放つイギリスの労働問題と家族の悩みは、日本人の我々にもすっぽりあてはまる。
原題は不在配達票に書かれた文言だが、両親との時間を削られた、子供達の寂しさも強調している。
(東座のホームページより)

昨年の参議院選挙のとき、山本太郎さんの「れいわ新選組」から立候補した元コンビニオーナーの三井義文さんのスピーチを思い出しました。
仲間のコンビニオーナーが、過酷な状況に耐え兼ね、その前日に命を絶ったというものでした。
映画の主人公リッキーも家族のために、と身を粉にして働き、怪我をしてもハンドルを握って仕事に行こうとする・・・
大切なものを守りたい・・・そのために大切なものを犠牲にしなければならない・・・

出口が見えないようで、重い気持ちになります。
それが今の日本にも「すっぽりあてはまる」!・・・本当に。

原題は 「Sorry We Missed You」。宅配の人が留守宅に残すrメッセージだそうです。
# by kaze-michi | 2020-02-21 22:58 | 本・音楽・映画・劇・テレビ | Trackback | Comments(0)

トレカバロ(Trecaballo)

きょうの午前中もがんばって(?)、午後商工会へ。
なんとか終わりました! 
やっとすっきり♪
しかし・・・申告の内容はすっきりというより深刻!?ですが・・・
特に今の政策が続いたら、さらにキビシイと思われます!
消費税増税の影響はかなりのもの、それにコロナウィルスで、観光業では青ざめている方も多いのでは?・・・うちは、もともと零細なので、そのせいだけにはできませんが (T_T)


ともかく終わった!ということで打ち上げは・・・
近くのイタリアン「トレカバロ」。
トレカバロ(Trecaballo)_f0019247_2275213.jpg

ここのポルチーニ他いろいろ茸のリゾットがお気に入り。
トレカバロ(Trecaballo)_f0019247_2281910.jpg

他に牧場のオーナーが釣り上げたというカサゴの網焼きあさりのソース?が、さすがの味!
トレカバロ(Trecaballo)_f0019247_2283953.jpg

前菜もデザートもおいしくいただきました。あとパスタ(古処鳥のトマトソース?)も♪
# by kaze-michi | 2020-02-20 22:15 | 仕事やあれこれ | Trackback | Comments(0)

春日居周辺ウォーク

春日居周辺ウォーク_f0019247_2275650.jpg

春日居町にある小川正子記念館を訪問、その周辺を歩いて石和温泉駅でゴールのウォーク。
今年になって初めての「歩こう会」ウォークです。(訂正=1月7日に武蔵野七福神に行きました!)
本当は代表参加の予定でしたが、きのう大分がんばった(?)ので、なんとか参加できそうです。

春日居町駅に集合。少し歩いて笛吹市春日居郷土館へ。この中に小川正子記念館もあります。
(調べてみたら2006年12月に「歩こう会」の例会で訪れていました)
今回は資料館の方が説明してくださったので、それがとても良かったです。

裏庭には結核にかかって療養していたときの部屋が復元されていて、脇には歌碑が建っています。
春日居周辺ウォーク_f0019247_23175097.jpg

春日居周辺ウォーク_f0019247_23181860.jpg
   夫(せ)と妻が 親とその子が生き別る 悲しき病 世になからしめ

小川正子さんは春日居町出身の女医さんでハンセン病患者の救済に生涯をささげ、彼女が書いた「小島の春」は映画にもなったとのこと。
今は完治する薬もでき、感染力は弱い病気だとわかっていますが、当時は家族から引き離し隔離することが良しとされて、正子さんもそのことに尽力されていたようです。
今の状況からみると惨いことだとわかりますが、当時はそれが正しいとされていたわけで、ちょっとふくざつな気持ちになります。
完治する薬ができても、隔離を正当化する「らい予防法」という法律が改められるまでには長い時間がかかったこと、ずっと知りませんでした。

もう少し詳しく聞いてみたい気もしましたが・・・
お隣の部屋の縄文土器のことなども説明があり、時間が足りない位でした。

記念館で集合写真を撮って、長慶寺へ。
笛吹川の名前の由来となった母親思いの孝行息子・笛吹権三郎のお墓があります。
春日居周辺ウォーク_f0019247_2340206.jpg

春日居周辺ウォーク_f0019247_23404936.jpg


笛吹川沿いを歩いて金川の森で昼食。
春日居周辺ウォーク_f0019247_2334224.jpg

春日居周辺ウォーク_f0019247_23412976.jpg


次はお昼のあとのデザート?桔梗屋の工場へ!
賞味期限が迫ったお菓子が半額とのこと!工場見学もできるそうですが、売店に行く人多数!
春日居周辺ウォーク_f0019247_23462773.jpg


これさえ買えば!?・・・
あとはサイクリングロードをのんびり歩き、仏陀寺に寄り、ゴール!
風もなく天気は最高、白峰三山や富士山、まわりの山々がきれいでした。
# by kaze-michi | 2020-02-19 23:48 | 八ケ岳歩こう会 | Trackback | Comments(0)

追い込み!

シンコクな季節です。

私たち(庶民?)は明細書・領収書をしっかりと一年分とっておいて、この季節にきちんと申告しなければなりません・・・そして5年間は保存(政府より厳しい!)

今年もコツコツと作業を進めてきました・・・が、いよいよお尻に火がついてきました!!!
20日の日には商工会に提出しなければなりません。そこでいろいろ指導を受け、税務署へ。
まだまだ先かと思っていましたが、もうあさって!
あしたは「歩こう会」の例会があります。
行きたいけど無理かな~・・・
# by kaze-michi | 2020-02-18 23:10 | 仕事やあれこれ | Trackback | Comments(0)

北杜シェフズバル来週です!

北杜シェフズバル来週です!_f0019247_1727279.jpg

もう来週にせまった北杜シェフズバル2020!
 
真冬の八ヶ岳の空の下、北杜を代表する飲食店のシェフたちが、八ヶ岳のゆたかな食材をふんだんに使ったお料理を振る舞います。 
焚き火を囲みながら、シェフ渾身の料理と八ヶ岳のお酒、山梨由来のミュージシャンたちのステージを楽しむ北杜ならではの冬を美味しく楽しく満喫するイベントです。

開催日時:2020年2月22日(土)11時45分~20時、
          23日(日)10時45分~15時
入 場 料:無料 (料理とお酒は有料です)   
場  所:清里高原 牧場通り コート・ドゥ・ヴェール・ オーベルジュ牧草広場
(Facebookページより)

寒いけど、その寒さを吹き飛ばす熱いイベントです!
それぞれのシェフの自慢の料理と八ヶ岳のワイン・ビール・お酒、それに音楽♪

超おすすめイベントです!
# by kaze-michi | 2020-02-15 22:26 | お薦めイベント | Trackback | Comments(0)

「サイレント・ブルー」読みました

「サイレント・ブルー」読みました_f0019247_12142098.jpg

昨年暮れに購入した「サイレント・ブルー」読了!
本を読むのは遅い方ですが、良く読めるのは乗り物の中・・・それと病院の待ち時間。

というわけで、京都に行くバスの中でほぼ半分。
残りをきょうの治療の待ち時間で。

まるで北杜市で今、起こっていることを追ったドキュメンタリーのようでした!
この本では水問題ですが、他にも自然の木々を伐採して広大なメガソーラーを作る計画や、本当に必要なのか疑問の道路とか・・・
せめて抑制するような条例を作りたくても利権がからんで難しいとか、雇用の問題とか、個人で持っている山林の維持が難しかったりとか・・・
それから移住者と元からこの地に住んでいる人との気持ちのずれ・・・(それも一様では無いですけど)

そして市長選挙!
市民が手弁当で市長選にかかわっていく状況もフィクションとは思えない位、身近に感じました。
このまま、市民の想いが活かされて終わるということもないだろうな~・・・と思いながら読みすすめました。

読み終わって・・・ほんと他人事じゃないです!
大体の場所がなんとなくわかるのも面白く、昨年の北杜市の選挙もまざまざと思い出しました。
小説の持つ力ってすごい。
# by kaze-michi | 2020-02-13 22:55 | 本・音楽・映画・劇・テレビ | Trackback | Comments(0)

おめん

きょうは「歩こう会」の例会、甲府五山巡りウォークがあったのですが、寝坊しました!
片付けなどやることはたくさんあるので、きょうは家仕事の日とします。
天気が良くて良かったです♪ みなさん楽しんで歩いていることでしょう。

京都旅行にまだひたっちゃていますが・・・食事もとても良かったです。
1日目の豆腐料理はもちろん、2日目の「おめん」も♪
有名店で、並んでいることが多いそうですが、今回は平日だったせいか、私たちの前に待っているのは1組だけでした。

頼んだのは季節のお料理セット? 
おめん_f0019247_16245129.jpg
天ぷらは追加注文。
おめん_f0019247_16254780.jpg
うどんはもちろんGOOD♪ 冷たい麺にはつけ汁がたっぷり。
そして、びっくりするのが薬味!
おめん_f0019247_1626588.jpg
一応4人分ではありますが・・・キンピラごぼうのようなものも!これらをつけ汁にど~んと入れて食べます♪
まずはゴマをたっぷり入れて・・・
ガイドさんのおすすめのサバずしも頂きました。
1切れずつ食べましたがずっしりとボリュームあり!
おめん_f0019247_16321583.jpg
次から次へとお客さんがやってくるのもよくわかります。
いいところへ連れていっていただきました♪
# by kaze-michi | 2020-02-12 22:47 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

栂尾高山寺 京都3日目

栂尾高山寺 京都3日目_f0019247_14231918.jpg

最終日は「高山寺」へ。
鳥獣戯画で有名なお寺だそうです。

「京都~ 大原 三千院・・・」デュークエイセスの「女ひとり」。
その2番「京都~ 栂尾 高山寺・・・」はここのことだったんですね!
ガイド役の若いMさんは知りません・・・やっぱり・・・

ここは(も)京都のはずれ、バスで1時間。
時間はかかりましたが、とても良いところでした。
栂尾高山寺 京都3日目_f0019247_13421241.jpg

石水院には鳥獣戯画のレプリカが展示されています。
じっくり見るとなかなか面白い♪

縁側に座って前の山を眺めればきのうの雨に濡れた木々が銀色に輝いています。
いつまでも座って眺めていたいようでした。
栂尾高山寺 京都3日目_f0019247_13432281.jpg

バス停まで下りてきたら、きょうはレモネードを♪
栂尾高山寺 京都3日目_f0019247_14261425.jpg


12時前に出発。次のリクエストは竜安寺。
その前にお昼は「豆腐・湯葉定食」。ビールで乾杯♪(約1名自粛)
栂尾高山寺 京都3日目_f0019247_13494118.jpg

竜安寺も思ったより見学者が少なく、縁側に座ってゆっくりと眺めることができました。
昔、修学旅行で来たときの記憶はこの石庭だけ。池もあり、意外に広いことにびっくり。
栂尾高山寺 京都3日目_f0019247_13495688.jpg

京都駅で、3日間最高のガイドをしてくれたMさんとお別れ。
胴上げをしたいくらい!の声も上がりました・・・!?

おみやげと電車の中で食べる駅弁を購入。〆は・・・
栂尾高山寺 京都3日目_f0019247_1417140.jpg


充実の3日間でした♪ 感謝感激です。今度は八ヶ岳で待ってま~す!
# by kaze-michi | 2020-02-11 23:56 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

大文字山から哲学の道

大文字山から哲学の道_f0019247_16492475.jpg

京都2日目のきょうのコースは「歩こう会」の例会にぴったり!
希望者がいたら実現できるかな?

大文字焼きで知られる大文字山に登れるとは知りませんでした。
ハイキングコースとなっているのだそうです。頂上は展望が無いとのことで、あの「大」の字の真ん中まで往復します。そこまで行けば京都市内が一望できるそうです♪

銀閣寺から登り、降りてきて哲学の道を歩き、三条大橋でゴールというコース、かなり魅力的だと思います♪

銀閣寺の近くでバスを降り、少し歩いて登山口へ。
大文字山から哲学の道_f0019247_165128.jpg
山道や階段をがんばって登っていくと・・・
大文字山から哲学の道_f0019247_1652557.jpg
40分くらい?で開けたところへ。
大文字山から哲学の道_f0019247_16532479.jpg
わぉ~!本当に京都の町が一望できます!
素晴らしい・・・けど寒い・・・風も強い・・・
そこに温かい甘酒が~~~  \(^o^)/ 最高のごちそうです。
一番上の写真が、「大」の字の真ん中。

下ってからはお昼!うどんの有名店「おめん」へ。

腹ごしらえをしてから哲学の道。初めて歩きました(多分)
いつもは、もっと大勢の人ですれ違うのもたいへんとか・・・?
大文字山から哲学の道_f0019247_1659292.jpg

南禅寺の奥にある水路閣を見学。
大文字山から哲学の道_f0019247_171437.jpg

蹴上インクライン。水路閣もここも初めてです。
大文字山から哲学の道_f0019247_1732617.jpg


そして三条大橋へ!
大文字山から哲学の道_f0019247_1775126.jpg
5年後ここに到着できるかな!?
# by kaze-michi | 2020-02-10 22:47 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

八瀬童子 冬の京都1日目

八瀬童子 冬の京都1日目_f0019247_1448336.jpg
なんと、ひな菊で冬の京都下見旅行の話が出たのは、わずか半年前でした。
実現するときはするんですね~・・・

京都在住の「歩こう会(準)会員」のMさんが、苦労のあとがしのばれる念入りなスケジュールを作ってくれました。
位置関係がほとんどわかっていないヒトたちの「あそこに行ってみたい」「ここもいいね」という要望がほぼ完ぺきに入っています。
往きは高速バス。14時10分京都着。(少し早めに到着しました)
駅近くのホテルで荷物を預かってくれるので助かります。

駅からバスで小一時間、向かったのは八瀬童子(鬼の子孫という伝説があるそうです)が住むという八瀬の里。
Pさんのリクエストで、他のひとたちはほとんど初耳(ワタシだけ?)。
八瀬天満宮社の敷地に入るとすぐに上皇后様の歌碑。
八瀬童子 冬の京都1日目_f0019247_1449329.jpg
これを見たらもう今回の旅の目的は果たされたとPさん。

八瀬童子 冬の京都1日目_f0019247_14543816.jpg
八瀬天満宮社は比叡山に連なる山脈の登り口に位置するようです。この日は前日(?)に雪が降ったようで後ろの山々や里の風情はとても趣がありました。

天武天皇の背中に当たった矢の傷を治したと言われる?かまぶろ。
入口が小さくて、閉所恐怖症のひとはきっとムリ。
八瀬童子 冬の京都1日目_f0019247_151549.jpg


川沿いの道を歩いて
八瀬童子 冬の京都1日目_f0019247_15153418.jpg

叡山鉄道「八瀬驛」。
八瀬童子 冬の京都1日目_f0019247_1517674.jpg

車両が変わっています♪
八瀬童子 冬の京都1日目_f0019247_15173268.jpg
窓が楕円!
八瀬童子 冬の京都1日目_f0019247_15175957.jpg
のんびり鉄道の旅を楽しんで、京都中心部へ向かい、散策したあと、夕食の豆腐料理屋さんへ。

ここがまた素敵でした。奥の蔵がちょうど7~8人用の個室となっていて落ち着きます。
おとうふは何回おかわりしてもいいというのもうれしい♪(おかわりし過ぎ?)
八瀬童子 冬の京都1日目_f0019247_17142490.jpg
お豆腐だけでなくみんなおいしいです。
八瀬童子 冬の京都1日目_f0019247_1715974.jpg
お猪口に入っているのはおから。ほんとに小さくて上品!?
八瀬童子 冬の京都1日目_f0019247_1715268.jpg
二月だから人参が鬼になっています!
八瀬童子 冬の京都1日目_f0019247_17154019.jpg

あとごはん(ちらしだったかな?)とデザートアイスとフルーツだったかな?・・・写真、撮り忘れましたが・・・京都の味を堪能しました♪
# by kaze-michi | 2020-02-09 22:32 | 旅行 | Trackback | Comments(0)


八ケ岳の麓・山梨県小淵沢の小さなペンションのブログです。趣味はウォーキングと映画、おいしいものを食べるのも大好きです。


by kaze-michi

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

最新の記事

「家族を想うとき」
at 2020-02-21 22:58
トレカバロ(Trecabal..
at 2020-02-20 22:15
春日居周辺ウォーク
at 2020-02-19 23:48
追い込み!
at 2020-02-18 23:10
北杜シェフズバル来週です!
at 2020-02-15 22:26
「サイレント・ブルー」読みました
at 2020-02-13 22:55
おめん
at 2020-02-12 22:47
栂尾高山寺 京都3日目
at 2020-02-11 23:56
大文字山から哲学の道
at 2020-02-10 22:47
八瀬童子 冬の京都1日目
at 2020-02-09 22:32
富士山を見ながら
at 2020-02-07 22:12
寒いほどお得フェア2020
at 2020-02-06 20:15
山ぼたん
at 2020-02-05 22:33
うれしいお手紙♪
at 2020-02-04 22:26
ひな菊でミーティング
at 2020-02-03 22:11
「パラサイト 半地下の家族」
at 2020-02-01 15:01
きのうがデビュー♪
at 2020-01-30 22:48
今シーズン2回目!
at 2020-01-29 22:56
今シーズン初の・・・!
at 2020-01-28 17:30
積もるかな?
at 2020-01-27 18:21

カテゴリ

全体
いのちの作法・葦牙
おつきゆきえ・賢治・絵本
ヴラダン・コチさん
八ケ岳歩こう会
カミーノ・スペイン巡礼の道
カミーノ・スペイン巡礼の道2014
スノーシュー
散歩・ウォーキング・ハイキング
お薦めイベント
八ケ岳のお店・美術館など
八ケ岳の食&食事処
八ケ岳 花情報
八ケ岳 紅葉情報
本・音楽・映画・劇・テレビ
FROM EAST
お客様
浅川伯教・巧兄弟
リス・鳥・鹿・・など
八ケ岳の自然
ポレポレクラブ
イベント
植物観察
キャンドルナイト
風路について
風路の食事・食材・賄い
風路の庭・花・室内
風路ギャラリー
馬の町・小淵沢
八ケ岳・甲斐駒ヶ岳
小渕沢食いしん坊倶楽部
仕事やあれこれ
八ケ岳(を愛する)人
八ケ岳情報
環境・景観
平和・社会のこと
山登り
旅行
応援しています!
うれしい♪楽しい♪
山梨県・八ヶ岳で体験
八ケ岳南麓風景街道
ノルディックウォーキング
八ケ岳おすすめコース
2008年お薦めイベント
2006年八ケ岳紅葉情報
祝の島
フットパス
北杜市アルファブログ
ミツバチの羽音と地球の回転
八ヶ岳耳より情報
4月3日のひろば
手話
カミーノ・スペイン巡礼の道2016
カミーノ・北の道
未分類

記事ランキング

お気に入りブログ

移動探査基地
ようこそ八ヶ岳へ!
小淵沢 -Atelil...

風路のリンク

最新のコメント

阿部様 台風お見舞い申..
by kaze-michi at 00:04
こんばんは 千葉の阿部..
by tama at 21:12
志村様、わざわざご連絡あ..
by kaze-michi at 19:35
阿部さま いつもうれし..
by kaze-michi at 20:44
こんばんは 千葉の阿部で..
by tama at 22:01
ちえちゃん! コメント..
by kaze-michi at 14:24
先日は大変お世話になりま..
by ちえちゃん at 23:09
sarusaM1さま ..
by kaze-michi at 22:39

以前の記事

2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
more...

タグ

(195)
(162)
(129)
(115)
(105)
(91)
(83)
(81)
(80)
(76)
(70)
(70)
(66)
(61)
(53)
(51)
(50)
(44)
(41)
(38)
(38)
(36)
(34)
(34)
(33)
(33)
(33)
(32)
(31)
(29)

ライフログ


夕凪の街桜の国


村長ありき―沢内村 深沢晟雄の生涯


アフガニスタンの大地とともに―伊藤和也遺稿・追悼文集


えーえんとくちから 笹井宏之作品集

最新のトラックバック

室堂から望む北アルプスの名峰
from dezire_photo &..
イスラム建築の最高峰、ス..
from dezire_photo &..
第047回【東ティモール..
from 地球の裏側ニュース【ラテンア..
『桃(タオ)さんのしあわ..
from e-note 2005
小海線の快速列車「さわや..
from ローカルニュースの旅
幻の焼酎「こぼれ種」をゲ..
from 「清里日報」 ~管理人のひと..

ブログパーツ

検索

ファン

ブログジャンル

中部
映画

画像一覧