風路のこぶちさわ日記

2013年 06月 19日 ( 1 )

女王の橋(ウテルガからシラウキへ) 6日目

f0019247_1922793.jpg
きのう宿泊したウテルガのアルベルゲ。
ここは2階がアルベルゲ、3階がオスタルになっていて、オスタルに泊まりました。
(アルベルゲは1人10€、オスタル50€)
きょうも雨、しっかりと雨具を来て出発です。

f0019247_1941846.jpg
いい道です♪
カンカン照りだったら、けっこうたいへんかもしれないね~などと話しながら歩いていました。
最後の数日はそのたいへんな思いもしたのですが、この頃はそんなこととも知らずノー天気に歩いています。

f0019247_1974852.jpg
これは豆のような感じだけど、何だろう・・・
豆を煮込んだスープが何度か出ました。素朴でおいしい。(量はもっと少なくてもいい・・・)

f0019247_1911996.jpg
刈り入れを待つばかりの麦畑がどこまでも続いています。

f0019247_1912076.jpg
プエンテ・ラ・レイナ(女王の橋)の入口?左側の門にホタテの印があります。

f0019247_19133572.jpg
ここ。

f0019247_19141949.jpg
そして町に入れば、まずはBARへ!まだ午前中なのでカフェコンレチェとナランハジュースだったような・・・?(カーニャも頼んだかな~?)
雨で濡れまくっていますが、お店の人はいやな顔ひとつせず、にこやかに迎えてくれます。

f0019247_1917070.jpg
うわさのコウノトリの巣。この後、何度も見ました。

f0019247_19175898.jpg
この町の名前になっている橋に向かっています。何度か会っている韓国の姉妹はきょうはここのアルベルゲで泊まるそうです。ピレネー越えで11時間歩いて、足をちょっと痛めたそうです。お大事に!

f0019247_19203560.jpg
ここをくぐって、

f0019247_19211465.jpg
橋をわたります。

f0019247_19215441.jpg
また麦畑の続く巡礼道。黄色の花が鮮やかです。

f0019247_1923686.jpg
しばらく歩いて、

f0019247_19241412.jpg
BAR(バル)へ・・・(^^;)
ここでお昼です。

f0019247_19251059.jpg
標識にシラウキ(CIRAUQUI)の文字が見えます。あと3キロ!

f0019247_1928569.jpg
ブドウ畑に感激!(スキップしています?)意外に背が低い。こういう風に仕立てているんだろうか?

f0019247_1929118.jpg
石垣の脇の道。

f0019247_19293310.jpg
ポピーの赤が鮮やか。緑や黄金色の麦畑の中でとても目立ちます。

f0019247_19311042.jpg
シラウキの町に入りました。中世の面影を色濃く残している町と言われています。

f0019247_19322025.jpg
ここがきょうのベッド。6人部屋に4人。ドイツ人のお母さんと息子さん。朝早く出発されました。

f0019247_1934549.jpg
アルベルゲの地階の食堂で夕食。
フィンランドとハンガリーからのご夫妻。
すご~く寒くて、フリースとダウンジャケットを着こみました。


★UTERUGA~PUENTE LA REINA~CIRAUQUI  14.5キロ 計100.2キロ
 100キロ超えた♪
[PR]