人気ブログランキング |

ブログトップ

風路のこぶちさわ日記

2013年 02月 03日 ( 1 )

2月になって、ずいぶん暖かくなりました。
このまま春に・・・ということはないと思いますが、確かに暦の上ではもう立春です。

さて、2月・3月は北杜市でもいろいろなイベントがあり、自主上映の映画もあちこちで。
先日白州のべるがで行われた、「4月3日のひろば」主催の「大きなひろば」で頂いたチラシで知った情報です。
「シェーナウの想い」が、4日間連続で上映されます!

ドイツ西南部、黒い森の中にある小さな町、シェーナウ市。
チェルノブイリ事故後、子供たちの未来を守るため自然エネルギーの電力会社を作ろうと決意し、なんと実現させてしまった005.gif市民たちの活動を描いています。
もちろん実現するまでには多くの困難があったのですが、見るときっと元気になれて、何か自分たちにもできそうな気がしてきます!?

上映時間は60分。各回それぞれのテーマに添ったおはなしが30分あるようです。

 2月19日(火) シェーナウの映画上映会について
 2月20日(水) 発送電分離なんて、どうするの?
 2月21日(木) フクシマをもう一度考えてみると
 2月22日(金) 東電にどう対処するべきか

4日間とも 午後1:00~ 2:30~ 4:00~の 3回上映
場所 高根図書館の2階視聴覚室
お問い合わせ 0551-38-3314

ぜひ、お薦めです!


 
by kaze-michi | 2013-02-03 23:41 | 本・音楽・映画・劇・テレビ | Trackback | Comments(0)