人気ブログランキング |

風路のこぶちさわ日記

2012年 10月 18日 ( 1 )

「フクシマからの風」

きのうから雨の小淵沢です。
こういう日は通信を送る作業や、衣替えなどをのんびりやっています。

きのうの夜は風路シアターでした。
もう何度目でしょう?その時々に呼びかけて来て下さった方と試写会をやっています。
1度に10~15人位。
プロジェクターは、知人にお願いして持ってきていただいています。
買っちゃおうかな?でも高いんだろうな~

きのうは、「フクシマの風」というドキュメンタリー映画の試写をお願いされました。
タイトルは聞いたことがありました。監督は加藤鉄さん。

原発事故のあとも、飯舘村、川内村で生きる人(この映画を撮ったときまで)の暮らしとことばを伝えています。
代々牛を飼育している人、山菜と薬草の研究をしている人、自家製のドブロクを作って楽しむ人、山奥で鶏を飼いながら理想郷づくりをめざす人、田んぼに水が入るとそれはきれい、地球の鏡のよう・・・という人。

日常がそこにあった。自然と向き合う、優しいまなざしと時間の流れがあった。
いくつもの四季をめぐり、人類以外の命とも向き合って生きてきた方達がそこにはいた
」(シンガーソングライター・えびはらよしえさん)

映画の最後の方で、もう連絡がとれない方もいた、というナレーションが入ったときには、胸がズキンとしました。
この映画ではありませんが、以前新聞で、東京の娘さんのマンションに避難している年配の女性の「毎日畑に出ていた日々は疲れる時もあった。今は何もすることが無くて楽だけど、こんなに辛いことはない」という(ような)ことばをなぜか思い出しました。


12月頃ささやかな上映会をしたい、と思います。