人気ブログランキング |

風路のこぶちさわ日記

2012年 07月 03日 ( 1 )

TOHOシネマズ甲府で「道~白磁の人」

TOHOシネマズ甲府で「道~白磁の人」_f0019247_15444284.jpgついに見てきました!
「道~白磁の人」。
北杜市でも7月8日と21日に上映があるので、どちらかに行く予定だったのですが、土・日でちょっとキビシイかもしれないのと、資料館の澤谷さんから「できれば劇場で見てください」と言われたこともあり、きょう雨の中、甲府まで出かけました。

甲府のイオンモールの中に「TOHOシネマズ」というシネコンが、最近(2年前?)できたことは知っていましたが、行ったのはきょうが初めてです。
例によっておのぼりさん状態でキョロキョロ。「チケット売り場はいったいどこ?」

TOHOシネマズ甲府で「道~白磁の人」_f0019247_1543591.jpgチケットはなにやらゲーム機のような、この機械で買うようです。
なんとかチケットをゲットして中へ。長い廊下の両側に10くらいの映画館(部屋?)があります。白磁の人は7番。

7番の扉を開けて入れば、「お~!」かなり立派です。客席数は100位?。
席が指定でき、前から3番目の列を選びましたが、大きな画面の割に席が近くて、ちょっと失敗?
これから行かれる方は、なるべく後の席がお薦めです。

映画は・・・
なかなか良くできていました。
ウルウルしてしまう場面もあり、「朝鮮の土となった日本人」や「白磁の人」に書かれているエピソードもたくさん盛り込まれ、風化させてはいけない重い事実もある程度描かれていました。

そして巧さんの郷土に住む者としては、八ヶ岳から始まることに心踊りました。
県営牧場のあの木からです。
そして青林と種子を探しに森の中を歩くシーンの「自分の故郷に似ている」というセリフにも。

ちょっとびっくりしたのは、浅川政蔵さんや、お兄さん、お母さんたちが甲州弁をしゃべること。「帰ってこーし」とか!
そうか~、伯教さんもお母さんも甲州で育っているのだから当然か・・・
誰か方言指導とかしたんだろうか?

そうそう、青林役のペ・スピンさん(朱蒙のサヨン)良かったです!祖国が蹂躙されていることに怒りを抑えられない周りの人々と、巧との友情との間で苦悩する難しい役だったと思いますが。

北杜市で上映するときに行けたらもう一度見に行こうかな。