人気ブログランキング |

風路のこぶちさわ日記

2011年 06月 22日 ( 1 )

アレクセイと泉

「アレクセイと泉」のDVDを見ませんかと、と誘っていただきました。
以前、甲府の「こぴの庭」のイベントで見たのは何年前だったでしょうか?
雪原をわたる冷たい風を感じさせるような美しい場面が印象的でした。

その美しい画面を撮影した一之瀬正史さんが、「いのちの作法」「葦牙(あしかび)」を撮影され、3月に上映した「祝の島(ほうりのしま)」の監督「はなぶさあや」さんが、このアレクセイと泉のスタッフだった・・・いろいろなところで繋がっているんだな~と感慨深いです。

でもきっとどの映画も共通点があるんですね。
「いのち」という・・・

村の泉の水を汲み、じゃがいもを育て、家畜や犬や猫とつましく暮らすお年寄りたち。
村に残るただ一人の若者アレクセイが力仕事を引き受けています。
前回はどうしても「外国の話」でしたが、今回は福島の「飯舘村」の人々のことを重ねてみていました。
飯館村は「日本で最も美しい村」連合の一つ。
ていねいな暮らしという意味の「までいライフ」をかかげて、自然との調和をめざして村づくりをしてきたとのこと。

この映画の舞台の村は原発から180キロ離れていたそうです。
絵本のように美しい村です。