人気ブログランキング |

風路のこぶちさわ日記

2010年 03月 17日 ( 1 )

わだつみのこえよ永遠に

テレビ山梨(UTY)で、第34回JNNネットワーク大賞作品「わだつみのこえよ永遠に~受け継がれる平和への思い~」という番組を見ました。
学徒出陣で25歳で戦死した中村徳郎さんの日記。
それを最後の面会で託された弟の克郎さんが、あの有名な「きけ わだつみのこえ」を編集されたそうです。
そのお兄さんの最後の言葉は「岩波新書を買っておいてくれ」。
本好きだった徳郎さんは、戦地から帰ったらたくさんの本を読みたかったのだそうです。
克郎さんが購入した本は岩波新書はもちろん他にも戦争と平和に関する本・文学・美術など気が遠くなるような数。

番組は入院中の克郎さんに変わり、娘さんがその膨大な蔵書を図書館のように整理して公開しようと奮闘する記録です。一人ではとても無理、と学生のボランティアを募るというアイデアを授けてくれたのは必至で頼みこんだ住職小林是鋼さんから。
何ヶ月もかけて多くのボランティアの力で開館にこぎつけたとき、もう意志表示もできないかと思われたお父さんの克郎さんの反応はまさしく奇跡でした。

ボランティアの若者の、一人の人の平和に生きたかった思いが多くの人に繋がっていると感じた・・・という(ような)言葉が印象的でした。

塩山市にあるというわだつみ平和文庫へ1度行ってみたいと思います。


途中からビデオに撮ろうと試みたのですが、失敗!
どなたか撮った方いらっしゃらないでしょうか?