人気ブログランキング |

風路のこぶちさわ日記

2010年 02月 28日 ( 1 )

北杜市民謡を楽しむ集い

朝の雨はみぞれから雪になりました。それもお昼近くには上がり、すっきりした青空が広がりました。

雲が切れて山々のすそ野が次第に姿を現してくるのを眺めながら、須玉へ向かいます。目的はふれあい館で行われる「民謡を楽しむ集い」。
実はコックはおととしから小淵沢民謡会に入り、入ってすぐにわけもわからないまま発表会に出演。「知り合いが来ていなくて良かった・・・」という結果でした。
今年はそのリベンジ?。曲は「ドンパン節」。「みんながバックコーラスで一緒に歌ってくれる」とのことで一安心。小淵沢民謡会のメンバーはすごく上手な方が多いのです。声量があり、こぶしがまわり、聞きほれてしまいます。
(失礼ながら)民謡なんて全然興味が無かったですが、この発表会で何曲か聞いて、民謡もなかなかいいな~と思うようになってきました。
いろいろな合いの手がいいんです。ことばもいろいろ、うまく入ると、聞いていても楽しい。
中高年がほとんどですが、廃れさせるのはもったいない・・・という気がします。
しかし観客の少ないこと・・・
上手な人もたくさんいるのですが、「聞きにこないで」と言うヒトもいるので、誘うのに躊躇しちゃいます。

取材も兼ねていたのにカメラを忘れてしまいました。残念!