ブログトップ

風路のこぶちさわ日記

2007年 05月 29日 ( 2 )

f0019247_0251294.jpg100万人キャンドルナイトとは夏至と冬至の日の夜8時から10時まで電気を消して、ろうそくの灯りで過ごしましょう、という世界各地で行われているイベントです。昨年の冬至の日に初めて知って、ぜひやってみたいと思いました。

今年(2007年)の夏至から始めます!

(ホームページのほうに、キャンドルナイトのページを作りました。→こちらです。)

最近2回ほど夜30分位電気を消して、キャンドルの灯りで過ごしてみました。(リハーサル!?) その瞬間は目が慣れず、手元もよく見えなくて「ダウンライトだけでも点けようか」 と思ったりしましたが、少しずつ慣れてくると気持ちがなんとなく落ち着き、小さな灯りが愛おしく感じる!そんな体験でした。
 夜ってこういう暗さだったんだね・・・
 ちょっと不思議な気持ちもしたり・・・
 ちょっとなつかしい気持ちもしたり・・・
電気を消してスローな夜をというキャッチフレーズの通り、なんだか時間がゆっくり流れるような気がしました。これからも冬至・夏至に限らず時々やってみようかなと思います。


八ケ岳(山梨県)でこのイベントに賛同している施設は
 萌木の村ブルーパブレストランロック(清里)
 ペンションペアハット(長坂) → キャンドルナイトのページはこちら 
 ●
ペンションZOOM(小淵沢) → キャンドルナイトのページ
 ペンションあるびおん(小淵沢) → キャンドルナイトのページ
 ペンションケイト(小淵沢) → ケイトさんのブログの記事は下のトラックバックに。
 ペンションフィールド(小淵沢)  → キャンドルナイトのページ
 ●ゲストインシェムニ(小淵沢) → シェムニさんのブログの記事も下のトラックバックに。
 ●ペンションたん歩゜歩゜(小淵沢)
 ペンションウォーミングアップ(小淵沢)
 ペンションボタンダウン(小淵沢)
 ●ペンションわっ(小淵沢)
 ●ペンションうぉっちんぐ(小淵沢)
 ●ペンション月下草舎(小淵沢)
 ●ペンションカントリーママ(小淵沢)
 ●カフェ・ピアニッシモ(長坂)
 ●
ペンション風路(小淵沢)
 
です。
まだ増えるかもしれません。個人ではすでにやっていた方もいらっしゃるんですね・・・

f0019247_0215979.gifそれぞれがどのような夜を過ごすのか、八ケ岳がどのくらい本来の夜の暗さをとりもどし、星や月の輝きを増すことができるのか、楽しみです♪

昨年12月の冬至の時の日記です。2006年12月22日
by kaze-michi | 2007-05-29 23:57 | キャンドルナイト | Trackback(3) | Comments(3)

智恵子の紙絵展

高村光太郎の詩「レモン哀歌」や「樹下の二人」などに出会ったのは確か高校生の頃。
○十年の月日がたって、八ケ岳でまた会えるとは・・・!

甲斐大泉にある会員制のホテル「八ケ岳美術館ソサエティ」の中にギャラリーがあります。
そこで「甦る智恵子の紙絵展」を開催しています。

入院中の智恵子に光太郎が千代紙を持っていくと、始めは折り紙の作品を作っていた智恵子が、いつからかはさみで切り絵を作りだしたのだそうです。

その作品は最終的には1000点を越える数だったそうです。戦争中も光太郎は自分の作品は戦火で燃えるのもかまわず智恵子の紙絵を守ったのだとか・・・
心に響く作品群です。

光太郎の詩や光太郎が智恵子の紙絵について書いていることばを読んでいたら、ふっと胸が熱くなりました。

宿泊客でなくても、自由に入ることができるそうです。確か無料だったと思います・・・
八ケ岳美術館ソサエティ 0551-38-4891


美術館ソサエティから
 甦る智恵子の紙絵展” ~智恵子から光太郎への恋文~
「智恵子抄」であまりにも有名な詩人で彫刻家の高村光太郎夫人である智恵子の作品は、一般公開が難しい状態にあります。今回は、それらの作品を最新のデジタル処理技術で甦らせた復刻版の展覧会です。
ぜひ、この機会にご高覧いただきたくご案内致します。


9月2日まで(かなり長いです。もう一度行けるかな)
ご案内できる日もありますので、ご予約の時にお問い合わせください。
by kaze-michi | 2007-05-29 00:20 | 八ケ岳のお店・美術館など | Trackback | Comments(4)