人気ブログランキング | 話題のタグを見る

風路のこぶちさわ日記

9条ミュージカル「ロラマシン物語」山梨で最終回

9条ミュージカル「ロラマシン物語」山梨で最終回_f0019247_1959109.jpg「5時開場、6時開演」で着いたのが5時少し前。ちょっと早すぎたか・・・と思いつつ、座席が決まっていないので、早めに席だけ確保しておこうと大ホールのほうに向かったら、上のほうから大勢の人が移動しています。「何か他の公演が終わったところかな~」と思ってみていたら・・・
なんと!それがもうずい分前から?並んでいたミュージカルを見に来た人たちでした。開場して、少しずつその列が動き出したところだったのです。私たちもぐるりと遠回りしてその列の最後尾に着きました。
「すごいじゃない!」

ロビー周辺もごった返し、会場は熱気に包まれています。
前の方の席を確保してからロビーを見て周りました。

9条ミュージカル「ロラマシン物語」山梨で最終回_f0019247_1959554.jpg今回のモデルとなったフィリピンのトマサ・サリノグさんの写真が展示されていました。
人間としての尊厳を取り戻したいと、日本政府を提訴して法廷に立ったトマサさんのまっすぐ前を見つめる瞳は、悲しみを湛えつつ慈愛に満ちているように感じました。その写真に向き合っているだけで、なんだか胸が熱くなりました。

9条ミュージカル「ロラマシン物語」山梨で最終回_f0019247_2003945.jpgそれから、大阪・東京・山梨の出演者の写真と手形も展示してあり、多くの人が覗き込んでいきます。

13歳で目の前で日本兵に父親を殺され、戦争が終わるまでの2年間慰安婦とさせられたという境涯をどのように表現するのか・・・自分たちの中で、向き合わなければならない深い問題だけれど、どこかに希望は感じたい。それがミュージカルという設定に見事にはまったように思いました。

9条ミュージカル「ロラマシン物語」山梨で最終回_f0019247_2015358.jpg子ども達や若い人も大勢参加してくれているし、伸び伸びと楽しそうだし・・・
主役のトマサさんを演じた人はとても素人とは思えなかったです。

衣裳も照明もとても素敵で、ダンスもかっこよかった。
カメラの撮影は「公演中はご遠慮ください」でしたが、最後のカーテンコールで大阪や東京公演の参加者も舞台に上がって、最高潮に達したときの様子は写真に撮りたかったな。

9条ミュージカル「ロラマシン物語」山梨で最終回_f0019247_2023570.jpg出演者たちが、出口で見送ってくれます。みんなの高揚した気持ちが伝わってきます。それにしてもゆっくり立ち止まっていられません。知り合いも来ていると思うのに、探すどころではありません。

終わってから感想を話しあいながら帰りました・・・
「今度はどんなに無理してでも出るぞ!」  
やっぱりね!
by kaze-michi | 2008-06-08 23:51 | 本・音楽・映画・劇・テレビ | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : https://kazemiti.exblog.jp/tb/8335082
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kikori at 2008-06-10 12:32 x
おっ!ついに参加宣言ですね。来年はお待ちしていま~す。
Commented by kaze-michi at 2008-06-10 17:48
「来年もやるのか!やった~!」と舞い上がる座長を地面に引き戻すのがたいへんなんですから・・・?

でもすごいパワーでしたね!種から芽が出て、大きな木(森?)に育ちそうですね♪ 
あっkikoriさんも見に行かれたんですよね?
Commented by はたけ番@緑ネット at 2008-06-10 20:38 x
こんばんは 開場前から長蛇の列だった前回の興奮を思い出しました。熱気にあふれて素晴らしいミュージカルだったようですね。夕方のNHKニュースでも「憲法九条ミュージカルが・・・」と流れましたよ。山梨に住んでいてうれしくなる一瞬でした。
最後のカーテンコール見たかった!!
Commented by kaze-michi at 2008-06-10 21:17
はたけ番@緑ネットさん、こんばんは!
昨年も素晴らしかったですが、それがまたさらに大きくなったという感じでした。
重いボールを投げられたという気持ちもあるのですが、不思議に爽やかなんです・・・
カーテンコールは舞台上の人みんなが輝いていました。
正直うらやまし~、と思うくらいでした!
Commented by おとみサン at 2008-06-11 11:31 x
二日間、山でPCサボっていました。
ゆっくり見られなかったパネル写真やら、舞台の写真まで。ワタシも何度も撮りたい衝動を抑えていました。

主役の女優さん、やっぱりプロだったんですね。舞台の上を転がりまわり、あの鬼気迫る演技と台詞。皆んなにも乗り移っていましたね。
終わってから、爽やかさが残る・・・・全く同感です。
演出の力でしょうか。不思議な感動と余韻でした。
Commented by 歌おう屋こんちゃん at 2008-06-11 22:32 x
風路さん、みなさん、ご来場いただきありがとうございました。
来年はあるのかなぁ。今のところ未定です。
私としては前回以上にプロが参入した今回の在り方に疑問を感じています。その分どうしても費用がかさみます。今回の経費は950万くらいだそうです。ちょっともう「市民ミュージカル」の領域を逸脱していますよね。
4~500人くらいはいる○○会館とか○○改善センターみたいな会場でせいぜい100万以内で上がる手作り感たっぷりの素朴なミュージカルをやれたらなぁ・・・と夢想しています。
2回体験して「ミュージカルの作り方」は判ったような気がします。(かな?)
Commented by kaze-michi at 2008-06-11 23:07
おとみサン、山も大事です、そういうときは、どんどんPCサボってください。
主役の方はプロと聞き、納得です。
今度一人芝居?を韮崎でなさる、と聞きましたが・・・ちょうど仕事で行けません。
14日の品川さんも。残念です。声はあちこちにかけたいと思います。
Commented by kaze-michi at 2008-06-11 23:14
歌おう屋こんちゃん、お待ちしていました!
良かったですね~・・・でも当事者となると、もっとこうしたかったとか、いろいろ問題点や課題も見えてくるのでしょうね。
手作り感たっぷりの素朴なミュージカル、大賛成!
でもプロが入ったから、十分鑑賞に耐える水準をクリアした、ということもあるのかな・・・?
なにしろ、100人のパワーが集まったすごさを感じさせていただきました♪ありがとうと言いたいです!
<< 9回目の八ヶ岳歩こう会総会 おもちゃ箱フォーラムとロラマシン物語 >>