人気ブログランキング | 話題のタグを見る

風路のこぶちさわ日記

kazemiti.exblog.jp

八ケ岳の麓・山梨県小淵沢の小さなペンションのブログです。趣味はウォーキングと映画、おいしいものを食べるのも大好きです。

長崎は今日は雨?

長崎は今日は雨?_f0019247_19050595.jpg

今年の2月に長崎に行ったときの写真。
きょうは台風のため、屋内での規模を小さくした式典となったそうです。

長崎は今日は雨?_f0019247_19113853.jpg

78年前のきょう 11時2分で止まったままの時計。


長崎市の市長さん変わったのですね。
今年のスピーチも良かったです。 ⇒ 8月10日の毎日新聞「記者の目」にスピーチへの疑問も。(moreに)
リアルタイムでは聞けませんでしたが・・・

被爆者の谷口稜嘩(すみてる)さんのことばを紹介していました。
谷口さんがこの平和祈念式典でスピーチをされたこと(かすかに)覚えています。


(前略)
「過去の苦しみなど忘れ去られつつあるようにみえます。私はその忘却を恐れます。忘却が新しい原爆肯定へと流れていくことを恐れます」
「78年前に原子雲の下で人間に何が起こったのか」という原点に立ち返り、「今、核戦争が始まったら、地球に、人類にどんなことが起きるのか」という根源的な問いに向き合うべきです。
(中略)
地球に生きるすべての皆さん、一度立ち上まって、考えてみてください。被爆者は、思い出すのも辛い自らの被爆体験を語ることで、核兵器がいかに非人道的な兵器であるのかを世界に訴え続けてきました。この訴えこそが、78年間、核兵器を使わせなかった「抑止力」となってきたのではないでしょうか。その被爆者の平均年齢は、今年85歳を超えました。被爆者がいなくなる時代を迎えようとしている中、この本当の意味での「抑止力」をこれからも持ち続けられるか、そして核兵器を廃絶できるかは、私々一ひとりの行動にかかっています。被爆地を訪れ、核兵器による結末を自分の目で見て、感じてください。そして、世界中で語り継ぐべき人類共通の遺産ともいえる被爆者の体験に耳を傾けてください。被爆の実相を知ることが、核兵器のない世界への出発点であり、世界を変えていく原動力にもなり得るのです。私は、両親ともに被爆者である被爆二世です。「長崎を最後の被爆地に」するため、私を含めた次の世代が被爆者の思いをしっかりと受け継ぎ、平和のバトンを未来につないでいきます。
(後略)

今年、長崎に行ったときのこといろいろ思い出しました。被爆クスノキや一本柱の鳥居も・・・。






8月8日の長崎市長のスピーチは被爆者も含め、14人の起草委員の意見を聞きながら市長が考えるのだそうです。
被爆者の人たちからは、今の政府の軍事費を倍増し、専守防衛から敵基地も攻撃できるようにするなど、今までの平和国家から大きく変貌するような流れに警鐘を鳴らす文言も入れてほしいという要望があったとのことですが、それには直接は触れなかったようです。



by kaze-michi | 2023-08-09 22:00 | 平和・社会のこと | Trackback | Comments(0)

八ケ岳の麓・山梨県小淵沢の小さなペンションのブログです。趣味はウォーキングと映画、おいしいものを食べるのも大好きです。


by kaze-michi