人気ブログランキング | 話題のタグを見る

風路のこぶちさわ日記

ぶらり中山道・第6回木曽福島から寝覚めの床

ぶらり中山道・第6回木曽福島から寝覚めの床_f0019247_10565769.jpg

きょうは楽しいバスウォーク♪
中山道の6回目。30名の参加者です。

バスは穴山から出発。私たちは小淵沢で乗車し、そこから2時間ほどで木曽福島駅。
バスの中でコース説明や昼食の説明(!)など・・・
現地集合の方も4名ほど。

木曽福島駅近くの広場で集会やストレッチ。(担当者は昼食場所にメニューと人数の連絡!)

ぶらり中山道・第6回木曽福島から寝覚めの床_f0019247_10584862.jpg


今回はアンカーなので、務めをしっかり果たします!?
歩く位置はいつもアンカーのようなものですが、「アンカーをやる」と「アンカーになってしまう」との間には大きな違いが!

下見で歩いているはずですが、うろ覚えのところもあり、1度歩くだけではなかなか覚えられないな~と思いつつリーダーは偉いと感心。3~4回は歩いているみたいです。

塩渕の一里塚跡。後ろは普通のお宅かな?


ぶらり中山道・第6回木曽福島から寝覚めの床_f0019247_10590696.jpg


最初の休憩。くもりでちょっと寒いかと思いましたが、歩けば暑くなり上着を脱ぐ人も。

ぶらり中山道・第6回木曽福島から寝覚めの床_f0019247_11034133.jpg

しっかり水分も補給し・・・

五本指靴組。(隠れ組員もいますが・・・そのうちデビュー?)

ぶらり中山道・第6回木曽福島から寝覚めの床_f0019247_11060973.jpg


御嶽山遙拝所。
前の山や木々に隠れて見えないような・・・?

ぶらり中山道・第6回木曽福島から寝覚めの床_f0019247_11073500.jpg


沓掛の馬頭観音。
ぶらり中山道・第6回木曽福島から寝覚めの床_f0019247_11085473.jpg


木曽の桟(かけはし)。
「桟とは対岸にかけられる橋ではなく断崖絶壁に木曽川に沿って架けられた桟橋のこと」
最初はこの赤い橋かと思ったら、違いました。

ぶらり中山道・第6回木曽福島から寝覚めの床_f0019247_11144538.jpg


こちらです。
ぶらり中山道・第6回木曽福島から寝覚めの床_f0019247_11151055.jpg


木曽森林鉄道の鬼渕鉄橋。(右側)
森林鉄道の遺構の中でも最大級のものだそうです。


ぶらり中山道・第6回木曽福島から寝覚めの床_f0019247_11192116.jpg


古い町並みが残る道。
坂を登ってきてちょっとお疲れ?もうすぐお昼ですよ♪

ぶらり中山道・第6回木曽福島から寝覚めの床_f0019247_12052747.jpg

本町の一里塚跡。

ぶらり中山道・第6回木曽福島から寝覚めの床_f0019247_12054070.jpg


趣のある佇まいの和菓子のお店で、ほぼ全員が買い物。お店の品物を買い占めたようです!
早々と売り切れた豆大福のお味はどうだったかな?


昼食後、あと2キロ位でゴールの寝覚めの床!

ぶらり中山道・第6回木曽福島から寝覚めの床_f0019247_12060288.jpg

この坂を下りたところ。
入場料200円。寝覚めの床まで下りていく時間はなかったので、途中まで。
さすが、多くの旅人を魅了した景色です。

ぶらり中山道・第6回木曽福島から寝覚めの床_f0019247_10564483.jpg

何人かのグループで集合写真。入っていなかったひと、申し訳ありません!

ぶらり中山道・第6回木曽福島から寝覚めの床_f0019247_10560995.jpg


ぶらり中山道・第6回木曽福島から寝覚めの床_f0019247_10563244.jpg

宝物館まで行く余裕がありませんでしたが、今回も充実のウォーク!
昔の旅人に思いを馳せ、今もなお、旅するひとやウォーカーの心をつかんで離さない中山道の魅力をしっかり味わいました。
アンカーもしっかり務めました!?

しかし、何度も下見をし、バス会社&運転手さん・食堂との連絡、集金や計算や・・・ほんとリーダーには感謝とリスペクト!
参加してくださったみなさんにも感謝!
ウォーク仲間と一緒に歩くのは本当に楽しいです。次回もぜひ一緒に歩きましょう♪


by kaze-michi | 2022-05-20 22:44 | 八ケ岳歩こう会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kazemiti.exblog.jp/tb/32678174
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 宮沢ゆかさん推し メイド・イン・バングラデシュ >>