人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ブログトップ

風路のこぶちさわ日記

ノッティングヒルの洋菓子店

今年2回目の塩尻東座で、「ノッティングヒルの洋菓子店」。
映画の中で抹茶ミルクレープが重要な役割をするとのこと。
なんと地元の老舗洋菓子店「かどや」さんとのコラボで、映画の始まる前に注文すると終わったときに届いている、と聞けば・・・もちろん♪

ノッティングヒルの洋菓子店_f0019247_23252343.jpg

というわけで・・・
家に帰ってティータイム。もうひとつ、モカのケーキも。
どちらも、優しい甘さで、映画の余韻にひたりながら美味しくいただきました。

原題は「LOVE SARAH」。
ケーキ屋さんをやる夢を叶える寸前に亡くなったサラ。
大切な人を失った者同志が、長年の確執がありながらも、その人の意思を継ぎたいという思いで少しずつ距離を埋めていく過程が、おいしいお菓子作りやお店作りと共に描かれます。

そして、ロンドンの町で暮らす多様なルーツを持つ人々ともお菓子で繋がっていくというのが、心温まる・・・と同時に、お腹がすく!
サラの母親役のセリア・イムリーさん。とてもステキな女優さんです。
どこかで見たと思ったら、やはり東座で見た「輝ける人生」の主人公のお姉さんでした。
あの役もかっこよかった。


東座は以前も近くのフレンチレストランで、映画に出てくる料理を食べられたり、インド映画のときはカレーが注文できたり、と映画の余韻を十分に楽しめるような企画をしてくれています。なかなか行けませんが講演会や演奏会も!
そういえば、小淵沢在住の児童書作家・杉山亮さんの講演会もありました。確か「世界の果ての通学路」の時?

車で行って、黙って映画を見て車で帰る・・・これでもダメとなりませんように。
もしも、そこまでするのならしっかりと補償されますように。


by kaze-michi | 2021-01-16 22:34 | 本・音楽・映画・劇・テレビ | Trackback | Comments(0)