人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ブログトップ

風路のこぶちさわ日記

「82年生まれ、キム・ジヨン」

「82年生まれ、キム・ジヨン」_f0019247_17261982.jpg

3連休の初日ですが・・・!
新聞にもとりあげられた評判の映画、午前中の回を見に行ってきました。
土曜日は8時からの回もあるせいか、駐車場はいっぱい! 東座賑わっていてうれしい♪

本も買って読みました。
心を病んだ主人公キム・ジヨンの過去をたどることによって、受けてきた抑圧をいくつものエピソードを示しながら、掘り起こしていく。
女性だったら、みんないくつも思い当たるふしがあると思います。
「全部自分だ!」という感想も多いとか?

いろいろあってもなんとか大学に行き、就職して、先輩と結婚して、かわいい(女の)赤ちゃんも生まれて・・・
それでも、やりがいを感じていた仕事は続けられなかったし、夫の実家との関係、産後鬱になりそうな状況、「男の子を生まなくちゃね」というプレッシャー等々。
パートナーは理解があって優しい・・・夫役のコン・ユさんも素敵です。
妻の状況に心を痛め、傷つけないように、と配慮もするし、自分が子育て休暇を取ろうかとも言ってくれる、今の世の中ではこれ以上ないくらいのできた配偶者。何が不満なの?と言われそうな境遇。

映画を見てからもう一度、本に目を通すと、最初に読んだときより、ぐさぐさときました。

本と違って映画の方は、少し希望が見えるような終わり方。
本は希望が見える訳ではないけれど、皮肉というかエスプリが効いていてこちらの方が現実に近いかもしれません。



ブログの記事の最後に「同じタグ(塩尻東座)の画像」というのが出てきて、そのラインナップを見ているだけでついにんまりとしてしまいます。東座があって本当に良かったな♪
パブリック図書館の奇跡から・・・どれもこれも!


by kaze-michi | 2020-11-21 22:14 | 本・音楽・映画・劇・テレビ | Trackback | Comments(0)