人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ブログトップ

風路のこぶちさわ日記

「はりぼて」

「はりぼて」_f0019247_09523061.jpg

富山県のローカルテレビ局「チューリップテレビ」が作ったドキュメンタリー映画。
見たいけれど、近く(山梨県)ではやっていないだろうな、と思っていたら、なんと甲府のセントラルBe館でやっているとのこと。それもきょうまでです。

「はりぼて」_f0019247_09523962.jpg

富山市議会は自民党議員が圧倒的に多いところ。
それまで多くの議員が政務活動費などを不正に流用していた疑いが持たれ、それを記者たちが追及するのですが・・・

記者の追及がなんてまとも!?
次々に質問を続け、それに一応答える議員たち。
こうでなくちゃ! 今の官邸の記者会見は1問1答みたいで、全然深まらないもの。
あべさんやすがさんの記者会見などを見ていると、質問は制限・・・そして前もって質問を提出させているとか?
都合の悪い質問には答えないことも?
「あなたに答える必要はありません」と言っているすがさんの記者会見も見たことがあります。

そういうのを見ていると、この市議たちの、最初はとぼける、次に言い訳をする、そして頭を下げて謝罪、議員辞職する人も・・・という対応は、まとも?(人間くさく?)に見えてきてしまう・・・マズイ (-"-)

でもメディアの力ってやっぱりすごい。
きっと「不正使用が当たり前」のような土壌は全国にあり、それを支えてきたのは「私たち(有権者)の無関心」や「メディアの追及し知らせる努力の足りなさ」なのかな?

11月には北杜市でも市長選挙と市議選があるので、本当はそれまでに多くの人に見てもらいたい映画です。

選挙と議員(政治家)を考えるのに、見たかった映画3本あったのですが、2本見られました!
「世界でいちばん貧しい大統領」
「はりぼて」
「君はなぜ総理大臣になれないのか」

3番目はまだ・・・いつか見られるかな?
そうそう、北杜市でも「はりぼて」自主上映の動きもあるらしい。もし実現したらうれしいな~♪


by kaze-michi | 2020-09-24 22:37 | 本・音楽・映画・劇・テレビ | Trackback | Comments(0)