人気ブログランキング |

風路のこぶちさわ日記

バシュランギおじさんと小さな迷子

f0019247_22123698.jpg

きのうは久し振りの東座。

「きっとうまくいく」が初めてのインド映画だったけど、3時間も長いと感じないくらい、ひきこまれて見てしまいました。この映画も!
パキスタンの山岳地帯から、インドへやってきて母親とはぐれてしまった愛らしい女の子。その子は話すことができません。
敬虔なヒンズー教徒の主人公がその子と出会い、親を捜しに旅立つのですが、インドとパキスタンは何度か戦争もしているくらい犬猿の仲。国境を越えるのも命がけ。さらにパキスタンはイスラムの国。やっとパキスタンに入国してもインドのスパイに間違われ、警察に追われることに・・・

インドとパキスタンは違うことばかと思っていましたが、女の子はことばはわかるようでした。

ハラハラしながらも、どんなに犬猿の中でも宗教も国も超えるものがある、ということを感じさせてくれる映画でした。最後はやっぱり・・・(T T)

山岳地帯の風景も素晴らしい。

インド映画、ステキです♪
by kaze-michi | 2019-05-15 22:12 | 本・音楽・映画・劇・テレビ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kazemiti.exblog.jp/tb/30601683
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 病院へ やつねっとの若手or古参? >>