人気ブログランキング |

風路のこぶちさわ日記

ハンナ・アーレント@白州

飛矢崎さんと語るハンナ・アーレント第6回、白州総合会館で行われました。

f0019247_18275823.jpg

今回はまず「飛矢崎先生が政治に関心を持つようになった理由」を子供の頃から振り返ってお話されました。

そのあと、主宰の細川さんとの問答があり、そして参加者が4人ずつのグループに分かれて話し合いました。話し合いの結果を簡単に発表、それに飛矢崎さんが答えます。

この3~5人位の人数で話す、というのがいいですね。
ほとんど初対面の方、中にちょっと知っていた、という方がいてもほとんどお話はしたことがない・・・それが、自己紹介もそこそこに、社会のこと、政治のこと、女性と男性の置かれている立場、・・・等々を語り合う!(語り合うまで行かずに自己紹介で終わる時も?)

ぽつりぽつりとだったり、堰を切ったように(?)だったり・・・
こんなふうに思いを話し、聞く、という場面、普段の生活ではあまり(ほとんど?)ないのでは?

話したり聞いたりするなかで、漠然としていた自分の考えが少しはっきりしてきたり、そういう考えもあるのか、と気づかされたり・・・

上下関係やいろいろなしがらみから自由になって、対等に話し合える場(=広場)が、もっともっと増えて広がっていったらいいのにな・・・と、この会に参加するたびに思います。

そうそう、なんと、今回埼玉県から参加されている方がいらっしゃったと聞いてびっくり!
飛矢崎先生の近現代史講座に参加されたことから知ったのだそうです。

この「広場」も残すところ、あと1回となりました。
再来週、10月19日(金)須玉ふれあい館で 14時からです。
お近くの方はその地の利を活かさない手はありません!?


ハンナ・アーレントの映画、もう一度見たいような・・・。
DVDを買って上映会、というのもいいかな?
by kaze-michi | 2018-10-05 22:58 | 平和・社会のこと | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kazemiti.exblog.jp/tb/30089630
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< くじらぐも ごちそう様! >>