人気ブログランキング |

風路のこぶちさわ日記

ベンシャーン「ここが家だ」

あしたは23回目の「はじめのいっぽパレード」です。

午後1時30分に白州支所前に集合です。

5年と9ヶ月を過ぎた今、私たちがパレードを続ける意味は?と、「4月3日のひろば」のお知らせにありました。
何だろう?
やっぱり意思表示をしたいのかな~~?

原発はダメ!ムリ!
事故で被災した人たちの生活再建をまず考えてほしい!
そして忘れていない人間がいる、と示したい・・・のかな・・・?

ベンシャーン「ここが家だ」_f0019247_0115667.jpg

ベンシャーンの第五福竜丸を描いた連作に、詩人のアーサービナードさんがことばを書いた絵本「ここが家だ」。

その中で特に印象に残っていることばがあります。

「久保山さんのことをわすれない」と
ひとびとは いった。
けれど わすれるのを じっと
まっている ひとたちもいる


ベンシャーン「ここが家だ」_f0019247_0155624.jpg

わすれたころに
またドドドーーン
みんなの 家に
放射能の 雨がふる


・・・わすれやしない・・・で終わるのだけど。

この本が出版されたのは2006年。
大震災と原発の苛酷事故の5年前。
そして今は大震災から5年9ヶ月。
久保山さんのことも、チェルノブイリのことも、福島のことも・・・わすれやしない・・・つもり・・・?

午後からなので、行けそう・・・と思います。


そういえば、12月のパレードは「おつきゆきえさんの朗読会と重なることが多かったのでした。
最後の方にちょっとだけ駆け付けたり、結局行けないこともありました。
そうか~11年ぶりにゆきえさんの朗読を聴けない12月なんだな~~・・・
by kaze-michi | 2016-12-10 23:55 | 平和・社会のこと | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kazemiti.exblog.jp/tb/27266096
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< はじめのいっぽパレードvol.... 手話部デビュー!? >>