人気ブログランキング |

風路のこぶちさわ日記

5年目の4月3日

5年目の4月3日_f0019247_923361.jpg

5年前のきょうも小淵沢生涯学習センターの階段を登っていました。

その日の午前中、電話がありました。
あの大震災と原発の大事故のあと、「何をしたらいいのか」「何かできることはないのか」・・・思うだけで何もできない・・・ひとりでそんな思いを抱えていたら、集まって話し合ってみませんか?
そんなお誘いだったと思います。

場所も近いし、行ってみようか・・・と小淵沢生涯学習センターへ出かけて行ったのでした。
何人くらい来ているのだろう・・・10人位かな?・・・と会議室のドアを開けたらなんと40人もの人が集まっていてびっくりしました。
東北へボランティアに行っていて帰ってきたばかり、という報告も複数の方からありました。

いろいろな想いが話されましたが、被災地のことを考え続け、原発の無い未来を目指したいのはみんな同じ気持ち、ということで、その日限りではなくできることを続けていきましょう・・・・
そしてその初めて集まった日を「会」(場?)の名前にした・・・のでした。
3ヶ月に1度のパレードや、映画上映、福島の子どもたちを保養に招待など、いろいろな活動をできる人ができる範囲でやっています。
この場があることにより、直接行動できなくても、寄付や応援というかたちで係わってくださる方もいます。

きょうは5年目ということで、またそれぞれの思いなどを話し合いました。
若いお母さんたちも参加してくれて、子どもたちの未来への不安など、語ってくれました。


きのうムヒカ大統領のスピーチのことを書きましたが、もうひとつ忘れられないスピーチが事故から半年後の集会で話された武藤類子さんのスピーチです。

・・・前略
そして、いま、
半年という月日のなかで、
次第に鮮明になってきたことは、

真実は隠されるのだ。
国は 国民を守らないのだ。
事故はいまだに終わらないのだ。
・・・・
大きな犠牲の上になお、原発を推進しようとする勢力があるのだ。

・・・・

私たち福島県民は故郷を離れる者も、
故郷にとどまり生きる者も、
苦悩と責任と希望をわかちあい、
支えあって生きていこうと思っています。
私たちとつながってください。

5年という月日が類子さんのことばをさらに
「あ~やっぱり」と確認させる日々でしかなかったとしたらあまりにも哀しい。

「もう福島のことはいいんじゃない?」
そういうことばに返せる自分のことばを捜し続けたい。
by kaze-michi | 2016-04-03 23:55 | 平和・社会のこと | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kazemiti.exblog.jp/tb/25104127
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 新府の桃・穴山の桜 世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ >>