人気ブログランキング |

風路のこぶちさわ日記

沖縄・辺野古の話を聞こう

沖縄・辺野古の話を聞こう_f0019247_2050798.jpg
予報で雪のマークがあったのですが、まさかね・・・と油断していました!
なんと朝起きたら、外は真っ白ではないですか!
そのまま降り続いていましたが、さすがにそれほど積もりません。積雪3cm?
その雪の中を、小淵沢ペンション振興会の総会があり、出かけて行きました。
スタッドレスタイヤのままで良かった~!


さて・・・報告会のお知らせです。

知り合いの中島和也さんはアウトドアガイド。  (奥様はカミーノ仲間!)
アラスカが「心のふるさと」(?)らしく、何度も出かけているそうです。
昨年その写真展も行われ、私たちもアラスカの大地に吹く風をちょっぴり感じてきました。

その和也さんが沖縄の辺野古へ行き、新基地建設反対の抗議行動に参加してきたとのこと。
さすがアウトドアガイド、なんとカヌー隊にも参加したそうです。
その辺野古での体験をスライドを見ながら報告してくださいます。

場所は小淵沢の生涯学習センター(近い!)
沖縄で和也さんが感じたこと、ぜひ聞いてみたいです!


フェイスブックのページより。

【沖縄・辺野古報告会】

 場所:小淵沢生涯学習センター 2階 視聴覚室
 スケジュール:19:00〜20:00 スライド&報告
          20:00〜21:00 座談会
 参加費:無料
    *「山梨辺野古リレー」の活動へのカンパのお願いがあります。
      
沖縄・辺野古に新しい米軍海兵隊基地が建設されようとしています。
沖縄県民の80%が反対し、知事選や衆議院選でもその民意を示したにも関わらず、政府は基地建設を強行しようとしています。

最近はようやく本土のでメディアでも取り上げるようになりましたが、この基地建設への反対活動はもう10年も続けられていることを、私たち本土の人間はあまり知らないのではないでしょうか?

私自身、沖縄のドキュメンタリー映画「標的の村」を見るまでは、基地があるがゆえの苦しみを本当には理解していませんでした。
正確には、知っているつもりでいて、それ以上知ろうとしていなかったのです。

そのことにようやく気がつき、昨年12月と今年の3月の2回、辺野古へ行き、抗議活動に参加してきました。
カヌーの経験もありましたので、カヌーチームによる海での抗議活動にも参加させていただきました。

全部で13日間の滞在ですが、その中で体験したこと、感じたことを現地で撮影した写真のスライド上映をしながら報告させていただきたいと思います。

基地や軍隊の意味、そして本当の意味での平和とは何なのか、また民主主義や自由とは何なのか、沖縄から発信されているメッセージに耳を傾け、私たちで考える場となればと思っています。


4月22日(水)小淵沢生涯学習センターへ辺野古の話を聞きに行きましょう!
by kaze-michi | 2015-04-08 18:38 | 平和・社会のこと | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kazemiti.exblog.jp/tb/23878605
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 我が町シリーズ日野春(桜) 新府の桃の花状況 >>