人気ブログランキング |

風路のこぶちさわ日記

「望郷の鐘」東座満席!

「望郷の鐘」東座満席!_f0019247_13403836.jpg
きょう、東座は満席でした!
到着するとなんと切符売り場の前には行列です。駐車場は満車!
どこに停めたらいいか・・・と聞きに行こうとしたら、並んでいる人たちが「第二駐車場」「いやそこもいっぱいだよ」「ちょっと離れているけど、〇〇なら停められる」・・・等々と教えてくれます。
結局東座のスタッフが映画館前の空きスペースに誘導してくれました。
後から来た方はみんなそのちょっと離れた駐車場に行ったようです?

「望郷の鐘」東座満席!_f0019247_1341525.jpg「望郷の鐘」東座満席!_f0019247_1341946.jpg
切符売り場も中のロビーもごったがえしています。
地方の映画館がこんなに大盛況となっているのを見るのは久しぶり。
東座応援団としてはうれしい驚きです!

上映していたのは「山本慈昭 望郷の鐘 満蒙開拓団の落日」という実話を基にした映画です。
長野県からは多くの人々が開拓団として満州に渡ったとのこと。
この映画の主人公山本慈昭さんは下伊那郡阿智村長岳寺のご住職、3つの村の村長に説得され、1年の約束で教員として満州へ家族と共に行かれたのでした。

その満州へ行った日付に瞠目!
なんと昭和20年5月です! 
もうほとんど敗戦色濃厚と言った時期じゃないですか!

しかし映画の冒頭にも、パンフレットにも書かれた、
 国家が総力を挙げて作り上げる大きな嘘はいつの時代でも見破る事は容易ではない・・・のことばが、今の時代の私たちにも迫ってきます。

そして満州へ行った人々を待ち受けていた過酷な運命。
後半は命からがら日本に帰ることができた慈昭さんの、残留孤児の帰国援助の活動等が描かれます。


映画館にはこの映画を協力して作り上げた阿智村等、地元の方々が多く見に来られたのかなという感じでした。
地元出身で、ご自身のご両親も体験者であるという歌手の白木まち子さんが作詞作曲された、「満州」と「さいはての国」の発表や、この映画に出演した子役の女の子の紹介もありました。

きちんと村の歴史を後世にも伝えていこうという思いがこの映画を作り上げたのではないかと思います。
阿智村にできたという満蒙開拓平和記念館もぜひ1度訪ねてみたいです。


★望郷の鐘は塩尻東座で2月20日まで。2時30分から。
by kaze-michi | 2015-02-11 23:48 | 本・音楽・映画・劇・テレビ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kazemiti.exblog.jp/tb/23662008
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< もうすぐ4年目の3月11日 寒さのせい? >>