人気ブログランキング |

風路のこぶちさわ日記

「標的の村」上映会

「標的の村」上映会_f0019247_2325950.jpg
きょうは「標的の村」上映会。
本当に大勢の方に来ていただきました。
300人位きてくださったらうれしい・・・と思っていたのを大幅に上回って450人を越えたとか?
前日の甲府での上映会も2回ともほぼ満席だったそうです。

きょうの2回目の上映のときに初めてこの映画を見ました。
(見ていない映画の上映に係わったのは初めて)
見る事ができて本当に良かったです。
会場全体が91分の間、ピンと張り詰めたような感じがしました。
監督さんのインタビューも良かった!

知らなかったこと、本当にたくさんありました。
SLAPP裁判とか・・・
「知らないことで加害者になりたくない」という声がこのドキュメンタリーを作る力になった、と監督の三上智恵さん。
この映画を作ってくれて本当にありがとうと三上さんに伝えたい。

3回目の上映が終わり、片付けをした後、コミュニティホールの外で最後の打ち合わせや報告をして解散。
その後2人打ち上げ。

映画を見て「自分は何ができるのだろうと思ったよ・・・」(コック談)
ほんとうに。

沖縄知事選の結果はうれしかった!これからがたいへんだと思うけど。




☆SLAPP裁判とは・・・



力のある大企業等が、個人を訴える裁判のこと。
沖縄の高江では、オスプレイの基地建設に反対して座り込んだ伊佐さんという方をはじめ13人の村民をが道路交通法違反で訴えたのだそうです。
その中にはその場に行ったこともない7歳の少女もいた、とのこと。
12人への訴えは取り下げられ、今は伊佐さんお1人が裁判中。(最高裁で上告棄却となったそうです)
多くの先進国ではこういうふうに力のあるものが個人を訴えることは認められていないそうです。

by kaze-michi | 2014-11-16 23:00 | 本・音楽・映画・劇・テレビ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kazemiti.exblog.jp/tb/23293504
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< お茶壷道中(甲州街道) 近ヶ坂往還 「標的の村」上映会あしたです! >>