人気ブログランキング |

風路のこぶちさわ日記

こどもこそミライ

f0019247_20315155.jpg
北杜市に、すてきな幼稚園がある・・・と聞いたのはいつごろだっただろう?
その名は「森のようちえんピッコロ」。

海岸寺からおいしい学校へ向かうウォーキングのときに、その看板を見つけました。
「あっここなんだ!」・・・本当に緑の中でした。

一日中森の中で、体まるごと使って遊んでいるというこどもたち。
代表の中島久美子さんのブログ・森のピッコロだよりを読むと、「こどもが本来持っている力ってなんてすごいんだろう」、と唸らされます。

そのようちえんがドキュメンタリーになったとのこと、
ぜひぜひ見てみたいと思っていたら、なんとこの近くの長坂コミュニティホールで上映されます。

映画は3つのユニークで個性的な園をとりあげています。
ピッコロのほかに横浜の「りんごの木」。
大阪の「保育所 聖愛園」。ここはハンディのある子もない子も一緒に育ちあう保育をしているそうです。
この2つの園のこどもたちの様子も見てみたい。

うちでも前売券を預かっていますが、きのうのフットパス仲間も買ってくれたので、あと残り5枚となりました。ぜひお早目に声をかけてくださいね。もう完売したところもあるそうです!
(「限定」とか「残りわずか!」に弱いヒトいませんか!?・・・あっ私か・・・)

  ドキュメンタリー映画 
 こどもこそミライ ―まだ見ぬ保育の世界―

  日時 12月22日(日) 14:00~15:30 (会場30分前)
           ☆ 対談 15:45~16:30 加々美よりのりさん × 中島久美子さん
  会場 長坂コミュニティホール
  チケット 前売800円 当日1000円 中学生以下無料


チケットを預けにきてくださったピッコロ保護者のMさん、
「400人の席をいっぱいにしたいんです!」

まるで「いのちの作法」の時の私たちを見るようでした・・・。

その想いはきっと多くの人に伝わると思います。
by kaze-michi | 2013-12-17 23:42 | 本・音楽・映画・劇・テレビ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kazemiti.exblog.jp/tb/21112941
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 納めのウォーク&ぽぽらーれ フットパスチームの忘年会 >>