人気ブログランキング |

風路のこぶちさわ日記

チャランケって知っていますか?

チャランケということばを知ったのは、三宅洋平さんの演説で。
三宅洋平さんを知ったのは白州のわたなべさんのブログ「地給知足がおもしろい」で。

チャランケで行こう、というような感じで語られているのを聞いて最初「気楽に」くらいの意味なのかと思っていました。(チャランポランからの連想?)
しかし、そのうちにそれがアイヌの人々のことばで「とことん話し合う」という意味だと知りました。
彼はそれを提唱しています。
政治や外交はそれが大事と。

そして彼のことばを聞きに集まってきた一人一人にも「語れ 語れ ・・・」と。
罵倒中傷のような言葉にあったら、決して同じようには返さない、ユーモアでとんちで、一旦空を見上げて一呼吸おいて・・・。
そして地球の未来を一緒に守ろう
世界から戦争を無くすにはどうしたらいいのか一緒に考えよう・・・と。

・・・・・
一人の重さは変わらないんだよ、絶対。

選挙に立候補するのは、俺がみんなより強いからじゃない。みんなより声がでかいからじゃない。
あなたと変わらない俺が、勇気を振り絞っただけなんだ。

その同じ重み。だからあなたにもできることいっぱいある。

立候補だけが答えじゃないよ、勿論。

・・・・・・           (7月6日の渋谷で)

三宅洋平さんの映像、検索すればたくさん出てくると思います。どれかひとつでも見てほしいです。
どこに誰に投票しようか、迷っている人も迷っていない人(!)も、できれば選挙に行く前に。

「ここから新しい歴史が始まるかもしれない、それを創るのは自分たちひとりひとり」とインターネットで見てさえそう思ってしまうのだから、その場にいた人たちはどれだけ魂を揺さぶられたことだろう。

あした渋谷に行ける人、きっと、それを肌で感じられると思う。 いいなぁ。


★追記しました。
ロンセスバージェスを出発! http://kazemiti.exblog.jp/d2013-06-16/
by kaze-michi | 2013-07-19 16:24 | 平和・社会のこと | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kazemiti.exblog.jp/tb/20046267
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 北杜24景フットパス「オオムラ... 報告会グッズ >>