風路のこぶちさわ日記

「川中島への道」第1回

f0019247_23142836.jpg

いよいよ川中島へ出発です!
コース作りの話を時々耳にするだけでも、ワクワクしていました。
予報では午前中はくもりだったのですが、きょうの小淵沢はまたまたまた雪!車窓からの景色も一面の銀世界。・・・甲府に着くと止んでいました。

集合は甲府駅の信玄公像の前。
まずはこのシリーズの担当者の挨拶がありました。

f0019247_23163424.jpg

ストレッチをして、いざ出陣。「エイエイオー!」
f0019247_23241290.jpg

最初はもちろん、信玄の居館「躑躅ヶ崎館」(武田神社)へ。

f0019247_23244868.jpgf0019247_2325630.jpg
副会長の進藤さんが道中安全祈願の祝詞を。 一同神妙に聞き入ります。

f0019247_23294333.jpgf0019247_23301824.jpg
武田神社は何度も来ていますが、ここに来たのは初めてです。武田氏館跡西曲輪の工事をしていました。

さあ、ここから、本当の出陣です。
その前に武田の赤備えの写真を撮りましょう、とのこと。
「赤備え」ということば、知りませんでした。

f0019247_23321148.jpg

赤備え(あかぞなえ)は、戦国時代の軍団編成の一種。
(黒や黄色などもあったが)戦場でも特に目立つため、赤備えは特に武勇に秀でた武将が率いた精鋭部隊である事が多く、後世に武勇の誉れの象徴として語り継がれた。
赤備えを最初に率いた武将は甲斐武田氏に仕えた飯富虎昌とされ、以後赤備えは専ら甲斐武田軍団の代名詞とされる。(ウィキより)


・・・だそうです。
武勇はともかく、歩こう会の精鋭であることは間違いありません・・・かな?

f0019247_1034078.jpgf0019247_104382.jpg
リーダーが説明しているところは・・・軍師・山本勘助さんの住まい。ここから出勤したのでしょうか?躑躅ヶ崎館から徒歩約10分。職住接近ですね。

f0019247_1821673.jpgf0019247_1824627.jpg
丸石の道祖神。                  甲府五山の一つ法泉寺。

f0019247_1863165.jpgf0019247_1865610.jpg
湯村の温泉街。「ゆかりの人物資料室」ができて、この地を愛した太宰治や井伏鱒二に関する資料等が展示されているそうです。
また近くの塩沢寺は厄払いの願いを聞き届けてくれる厄地蔵として知られているとのこと。特に2月13日の正午から24時間は、お地蔵さんの耳が開いて願いを聞いてくれると言われ、多くの人がこの温泉街を訪れるそうです。

f0019247_18342152.jpg
お寺の境内で雨宿りをさせていただき、そこでお昼です。

f0019247_18353294.jpgf0019247_18472213.jpg
袖すり橋。市川男と御嶽女、若い二人がここで会っていたと伝えられています。八幡神社に寄って・・・竜王から塩崎に向かう予定でしたが、雨が本降りになってきたため、竜王駅で解散とのリーダーの決断にほっとした顔、多々???
名将は引き際の判断も大事!?と思います。

f0019247_1836696.jpgf0019247_18361983.jpg
このシリーズでは特別に「川中島」のハンコを押してもらえるのですが、きょうは間に合わず代わりのシールをいただきました。次回は3月11日、塩崎駅からです。


[PR]
by kaze-michi | 2013-02-18 23:52 | 八ケ岳歩こう会 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://kazemiti.exblog.jp/tb/18664723
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 最上 at 2013-02-19 20:28 x
最上です。 当日は駅から送って頂き有り難うございました。 
ところで、集合写真の数枚メールで送って貰えませんか?
Commented by 風路 at 2013-02-20 01:02 x
最上さん、法外な「タクシー代」をいただき、ルンルンです。
集合写真は信玄公前の1枚ですが、赤備え等も送りましょうか?
<< 「最強のふたり」 馬八節 >>