人気ブログランキング |

風路のこぶちさわ日記

みどりの船

きのうのたんぽぽさんでの賢治さんは、お留守番。
参加されたみなさん、「良かった~!」と満足そうに帰っていらっしゃいました。
そうでしょう!

きょうは風路で「おとなのための絵本の会」。
ゆきえさんファンのお客様がさっさとと片づけや掃除をすませ、続々と到着される方たちのお迎えまでやってくださいます・・・「誰がオーナーかわからないね」と笑われちゃいました。
オーナーはソワソワ、ウロウロ・・・(@@)

もう27回目なんです!
最初の「大人のための絵本の会」(八ヶ岳でも初めてだったそうです)で読んでもらった「ザガズー」!衝撃でした。
世の中にこんな素敵な絵本があったのか!・・・と目からウロコ。
今も小さなお子さんがいらっしゃるときには、風路の調理場でこの本のことが話題になります。

その作者クエンティン・ブレイクの作品「みどりの船」。
こんな素敵な作品を描くなんて、クエンティン・ブレイクさんはいったいどんな子ども時代を過ごしたんだろう?

最後の2つの詩も良かったです。
秋の陽ざしがサンサンと輝く日曜日、風路のダイニングの中もキラキラ光るような時間となりました。
来てくださったみなさん、ありがとうございました。

また12月8日(土)・9日(日)にお待ちしています♪


by kaze-michi | 2012-10-21 22:43 | おつきゆきえ・賢治・絵本 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kazemiti.exblog.jp/tb/18090098
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 富士川街道第9回・富士川から興津へ 山頂は雪でした! >>