人気ブログランキング |

風路のこぶちさわ日記

八ヶ岳にミニシアター?

八ヶ岳界隈には映画館がありません。
小さくても映画館が欲しいな~とは、夢のまた夢。

という訳?で、先日我が家でミニシアターを開催。
以前「みえない雲」というドイツの小学校の先生が書いた小説を訳した高田ゆみ子さんをお招きしてお話を聞く機会をもちました。
そのときに映画化もされたということで、見てみたいね・・・という話になり、DVDを手に入れました。

最初は32インチ?のテレビ画面で見るつもりだったのですが、キラ~ンとひらめきました!
うちの1番大きな窓にかかっている白いロールカーテン!
プロジェクターがあれば、そこに映してみたらどうだろう。

早速プロジェクターを持っている知り合いに連絡。・・・OK!
結果はバッチリ。これでちょっとしたシアターとなれそう?

映画の感想は・・・
う~ん小説の方がずっといいかな・・・
福島原発事故の前だったら、もう少し違う感想を持てたかもしれませんが、あまりに現実の方が重たすぎて、映画は「つくりもの」的な感じがしてしまいました。

主人公の女の子は原作のイメージに合っていたと思うし、街の中を牛が彷徨って歩くシーンとか、印象的な場面はいくつかありましたが。

でも感想はそれぞれだし、映画でもコミックでもそこから何か感じとれることが、1つでも2つでもあればいいかな~、とも思います。


by kaze-michi | 2011-10-28 22:23 | 本・音楽・映画・劇・テレビ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://kazemiti.exblog.jp/tb/16751753
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kikori at 2011-10-30 00:15 x
あっ!ついタイトルに釣られて入ってしまいました(笑)
Commented by 風路 at 2011-10-30 09:52 x
kikoriさん、いらっしゃいませ!
タイトルは大事だな~ (^^)
<< 熊と闘った女(ひと) 魅力的なイベント目白押し >>