風路のこぶちさわ日記

蜂蜜

f0019247_0415034.jpg毎月の楽しみ、塩尻の東座「FROM EAST」(フロムイースト)。
今月はトルコの映画「蜂蜜」です。

全編「詩」のように美しい。
バックに流れる音楽もいっさい無くて、自然の音だけ。
セリフも本当に少ない・・・けど6歳の少年の心の動きが伝わってきます。
宮沢賢治さんの世界にも繋がるような気がしました。

絶対に家のテレビで見る映画ではなく、暗い映画館の中で日常と離れて見る映画だと思います。

これからも見たい映画が続きます。
来月は「Mary and Max(メアリー&マックス)」と「未来を生きる君たちへ」、12月は「木漏れ日の家で」。


帰りに寄った「赤兎」で第14回蓼科映画祭のチラシをいただきました。
「大鹿村騒動記」「ハーモニー心をつなぐ歌」「ラースと、その彼女」等々見てみたい映画もありますが、29日と30日じゃあ無理そう・・・

この映画祭は小津安二郎さんを記念しているので、もちろん小津作品も。今年は「浮草」と「浮草物語」。
「浮草物語」は無声映画のようです。コックが熱烈なファンである女性弁士・澤登翠さんの名前がありましたから。


[PR]
by kaze-michi | 2011-10-19 00:11 | FROM EAST | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kazemiti.exblog.jp/tb/16706187
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 消防訓練やいろいろ 八ヶ岳棒道ウォーク6キロ下見 >>