人気ブログランキング |

風路のこぶちさわ日記

小さな町の小さな映画館

北海道にある人口15000人の町・浦河町。そこに90年続く映画館があります。その名は「大黒座」。客席数48。
この「大黒座」とそれを支えてきた人々を撮ったドキュメンタリー映画です。
常に多くの人で賑わっていた映画の全盛期も遠い昔。
存亡の危機もあったみたいですが、今は三上さんご夫妻とお母さんの三人で切り盛りしてなんとか映画館を続けています。
この3人はもちろん、大黒座を支える町の人たちが素敵です。
町の中に映画館がある幸せ・・・それを確かに感じられる映画でした。
いつか行ってみたい・・・けど、遠い・・・

ポレポレ東中野でやっています。
DVD買ってしまいました・・・ささやかな上映会をやろうかな?


by kaze-michi | 2011-06-25 23:24 | 本・音楽・映画・劇・テレビ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://kazemiti.exblog.jp/tb/16183771
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by はるきよしあき at 2011-06-27 17:01 x
やってください。是非みたいです。
Commented by 風路 at 2011-06-27 22:20 x
はるきさん、コメントありがとうございます。
ささやかな上映会、どこでやるのがいいでしょうね。
「ささやかな」というからには個人宅でもいいのですが、やはりできれば大きな画面で見ていただきたいような・・・
<< きょうの夜はキャンドルナイト シャラ(沙羅)の花が咲きました。 >>