人気ブログランキング |

風路のこぶちさわ日記

ペシャワール会

きょうの新聞の山梨版に憲法ミュージカルのことがでていました。
今回のテーマがペシャワール会のことなのだそうです。
ミュージカルとしてはどうなのかな・・・と思う面もありますが、ちょっと期待もしちゃいます。
市民100人で作るミュージカル、今回で3回目です。
11月にオーディションを行うそうです。
オーディション!・・・またお尻が浮いてしまうヒトがいそうです。

ペシャワール会とその代表の医師・中村哲さんの名前を知ったのは何年前でしょうか?
日本人医師がアフガニスタンで井戸を掘っている、という記事でした。
水がある、ということがどれだけその地域の人々の暮らしを守るか・・・
遠い日本にいても少しは想像できるような気がしました。

そして2年前、ペシャワール会の青年・伊藤和也さんが銃弾に倒れた後、「菜の花畑の笑顔と銃弾」というNHKの番組で、ペシャワール会が井戸だけでなく大きな用水路を現地の人々と一緒に作っている最中だということも知りました。
水が引かれたところから順に砂漠のようだったところが緑に変わっていく様子に驚きました。
そして伊藤さんたちが試行錯誤しながらその土地で作れる作物を研究、お茶・サツマイモなどの生育を成功させている様子にも。
こういうことこそ、平和憲法を持つ日本の役割なのでは、と思ったことを覚えています。

1年前からペシャワール会の会員になりました。と言っても年会費3000円を納めているだけですが。
その会報で知った「アフガンに命の水を」というDVDを購入。
小柄な中村さんが現地の人と一緒に石を運んだり力仕事を黙々とこなしている姿、ついに用水路に水が流れ込む光景に感動します。
見たい人にはお貸しします。
どこかで小さな上映会やろうかな?10人くらい(!?)で・・・。

新聞によると、12月に甲府でペシャワール会の写真展を行う予定だそうです。
忘れないようにチェックしておかなくちゃ。

ペシャワール会_f0019247_16183853.jpg

by kaze-michi | 2010-08-31 15:18 | 平和・社会のこと | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kazemiti.exblog.jp/tb/14504770
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 甲州街道下見で東京へ! 蕎麦の花 >>