人気ブログランキング |

風路のこぶちさわ日記

都鳥さんたち来ます!

あしたです!

今回も監督の小池征人さんと音楽担当の森拓治さんが来てくださいます。
こういう大手の映画館にはなかなかかからない映画は、完成したあと上映会を応援することも映画を製作した者の務めなんです・・・とおっしゃってくださっています。

そして今回初めて、プロデューサーの都鳥拓也・伸也兄弟が岩手県からはるばるやってきて挨拶してくださることになりました。

「いのちの作法」が生みだされたのは彼らが古本屋で1冊の本と出会ったことから・・・と聞いています。
その本こそ、「村長ありき」だったと。

それを読んで自分たちの郷里の近くにこのような人がいたことに感銘を受け、映画にできないかと思ったそうです。それが今から5年前? 彼らはそのとき22歳?

f0019247_2321329.jpgそして珠玉の映画ができ、私たちが沢内村や深沢村長さんを知ることとなり、その流れでごく自然に?今回葦牙を上映することとなった・・・という訳です。

あした若い彼らがこの八ヶ岳にやってくる・・・なんだか不思議な気がします。
古本屋さんでその本は彼らに見出されるのを待っていたのかな・・・


by kaze-michi | 2010-05-22 13:35 | いのちの作法・葦牙 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kazemiti.exblog.jp/tb/13774797
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 「葦牙-あしかび-」上映会 長坂コミュニティでDVDチェック >>