風路のこぶちさわ日記

タグ:風の通り路 ( 39 ) タグの人気記事

うれしいお便り

f0019247_18445093.jpg
まずまずの天気になりました!

毎日何枚か配達される暑中見舞いや残暑見舞いのハガキ。
送っていただくだけでもうれしいですが、今回はさらにうれしい一筆が添えてあるもの多々!

7月末から8月初めにかけて送った風路の通信「風の通り路」についての感想♪
さらにさらに・・・
「杉山亮さんのものがたりライブ」のチラシを東京近辺の方に同封したところ・・・
行こうと思います

また、歩く植物図鑑の冊子ができたら予約第1号でお願いします

なんと、連載で書いているカミーノ・スペイン巡礼の道を自分も歩くことしました

それぞれ読むたびに、うれしくてにんまりとしてしまいます。


カミーノは「イギリス人の道」を歩くのだそうです。120キロ位?
今度お会いしたら、ぜひ聞いてみたいです。
[PR]

風の通り路86号!「てぃんさぐの花」

f0019247_15261878.jpg
なんとか完成しました!風の通り路86号!
今号もメインはカミーノ・スペイン巡礼の道。
なんとまだ2014年編の2回目です。どんどん忘れていくので、要所要所の覚えているところだけを書くようにしたので、あと2~3回で終わる、と思います(多分)
それから昨年の2016年編があって・・・今年があって・・・

終わるのかな?

植物図鑑は「てぃんさぐの花」

沖縄民謡でこの歌を聴いたことがあります。
これは「ホウセンカ」なんだそうです! 知っていましたか?
知らなかったな~・・・と言いつつ口ずさむコックです。

長坂支所の印刷機が故障(!)で、商工会で印刷しました。
[PR]

「歩く植物図鑑」を冊子に

風路の通信「風の通り路」の人気コラム「渡嘉敷先生の歩く植物図鑑」をまとめてほしいという要望が何人もの方から寄せられていました。

自分たちも冊子のようなものを作りたいな~とずっと思っていました。
でもいろいろたいへんなんだろうな~、実現は難しいだろうな~と思っているうちに、早や数年。

しかし強力助っ人、市川さんが試作品を作って下さったので、一気に実現しそうな感じに。
きょうはその校正等で、有志が風路に集合、検討を重ねました。
私たちも、ディナー準備の合間に検討会に参加。
これは実現するかも!? ワクワクしてきました♪

写真も入れたい、装丁はどうしよう、部数は?金額は?!印刷会社(出版社!)は?・・・とまだまだハードルはいくつもありますが。
f0019247_14264286.jpg


できるかな?
[PR]

「風の通り路」ウエブ版

風路で年に4回発行している通信「風の通り路」。
まだ小淵沢に来てペンションを始める前に第1号を作りました。
そのときは、実家の2階に間借りしていて、コピー機で150部位印刷。
それを「山と渓谷」という雑誌の巻末に掲載されていた、たくさんのハイキンググループに送りました。

最初に届いた返事を良く覚えています。
心温まる内容の返事が多かったです。大いに励まされ、次号を作る原動力となりました。
その通信を見て風路を訪ねて下さった多くの方たちは、今も風路の財産(タカラモノ)です。

開業3年目のコックの大病の時には、通信はもちろん、ペンションも続けられるか?・・・という危機。それをなんとか乗り越え?なんと21年! 通信も85号となりました。

最初は「山歩き」の通信だったのですが、最近はもっぱらウォーキングのことが多くなりました。「スペイン・カミーノ巡礼の道」シリーズもコツコツと続けています。
そしてなんと言っても「歩く植物図鑑」の存在が、格調を高くしてくれています!

このページを作ってくれたのは元ペンションZOOMの健一さん。
その労には、どれほど感謝しても、し足りない位です。
もしお時間ありましたら、どの号でもどうぞご笑覧ください。

http://p-furo.net/press/index-2.html

f0019247_17192563.jpg
(写真は82号です)
実際は切ったり貼ったりのアナログで作っています。
[PR]

「歩く植物図鑑」想いが形に

五月晴れ!
きょうは雲ひとつありません。
きのう、旅の話をいろいろさせていただいたお二人、きょうはまきば公園に行かれるそうです。
最高の天気ですね♪



きのうピンポ~ンの音に玄関に出てみたら・・・
以前、このブログで風路の通信「風の通り路」の人気コラム「歩く植物図鑑」をまとめたい・・・と書いたのですが、なんと、なんと、なんと!!!

作っていただきました!
以前の原稿はパソコンを変えた時に消失してしまったので、一から書かないと・・・けっこうたいへんかな~・・・と思っていました。
f0019247_1304652.jpg
ここまでできていれば、先生にチェックしていただいて、装丁を相談して・・・実現は間近!?
持つべきものは・・・!
ありがたいです♪
[PR]

春号と85号

やっと、ここまでこぎつけました!
「風のたより春号」と「風路の通信85号」。

f0019247_17274780.jpg
これからなんとか3月中に送ります!(希望)

カミーノ・スペイン巡礼の道は2014年編に入ったので、写真を見直しているうちに、またどっぷりと浸ってしまいました。

ちょっとだけブログも書きました。
2日目 http://kazemiti.exblog.jp/27671655/
3日目その1 http://kazemiti.exblog.jp/22315484/
[PR]

また雪!真っ白!

f0019247_11595679.jpg

朝、カーテンを開けると・・・!
真っ白!!!

春分も過ぎ、3月も下旬だというのに。
でも美しいです。
昼からは雨になるとのこと、寒さもそれほどではない?です。


風路の通信「風の通り路85号」がなんとか完成。あした印刷に行けるかな?
なんとカミーノスペイン巡礼の道の2014年編に突入です。
なんと言っても「レオンの夜」を書かなくちゃ♪

そして、ファンの多いコラム「歩く植物図鑑」は「スベリヒユ」です。
今月中に送れるようがんばります。
[PR]

通信送付、そして次は?

f0019247_21251414.jpg
と~ってもうれしい再会の余韻さめやらず・・・♪
玄関で一緒に写真を撮ってから、お見送り。
八ヶ岳スケートセンターに行かれるそうです。きょうは青空で気持ちが良いでしょうね♪


その後、風路の通信「風の通り路」と、ペンション振興会の新聞「風のたより」の最後の分をポストに出しに行って今回の送付が終わりました。
今回の通信はなんといっても渡嘉敷先生のセンダン!
なんとそれだけで1枚裏表の力作です。なので、今回の風の通り路は2枚となりました。
植物好きの方にはたまらないと思います!
またメイン記事は、6回かけて歩き通した「中道往還~煮貝の道~」です。

今年中に送ることができてほっとしました。毎年のことですが・・・
そして毎年のことですが、これから年賀状の作成です!
ところが筆王に写真を取り込むことができません!
・・・きょうぜひとも作らないと、相当キビシイ状況に!・・・焦りました。

困ったときのサポート頼み。
なんと風路の頼もしいサポート、ZOOMパパ(市川)さんが夜なのに駆け付けてくださいました。
そしていとも簡単に?写真がハガキの画面に現れました!!!

なんて頼もしい!なんてありがたい!
パパさんにも、運転手のママさんにも感謝!!!です。
さあがんばろう!・・・?
[PR]

通信83号送付&市長選

f0019247_19171387.jpg

きのうと打って変わって、曇り空。途中からは雨となりました。
朝から用事で八王子へ出かけ、帰ってきてからは、通信送付の仕事。


きょうの夜、市長選に向けて候補者3人の討論会があります。
なんと3回目です。

4年前の市長選は現職しか立候補せず、無投票。
今回は3人が立候補してくれたので、それぞれの考えを聞いて考えることができます。

なんと、3人の候補の政策を聞く会のときの答えを、まとめてくれた方がいます。
とてもわかりやすいです。
【3氏は質問にどう答えたか】
https://drive.google.com/file/d/0ByXedNGHxx9nbGs0OFg1VGIwWXc/view
[PR]

山梨フードバンク

きょうは午前中に韮崎まで行き、帰りに長坂で「風の通り路82号」の印刷をしてきました。
韮崎まで下りるとさすがに暑い!
f0019247_2326069.jpg
なんとか完成!

・・・できあがったので、お祝い(?)に、「さくら」さんで昼食を食べていたら、フェイスブックのお友達とばったり!
・・・なので、できたてホヤホヤの通信を差し上げ(押し付け?)ました!

郵便局で、振り込みをして、通信送付のための切手をたくさん購入。

振り込みは「八ヶ岳歩こう会」からの寄付。
楽しく歩けることに感謝し、毎回の参加費の1割を災害や原発事故等の被害に遭われた方を支援している団体に寄付しています。
あの3.11の大震災の直後、会員のIさんの提案にみんな賛同してそれ以来続けています。
なるべく身近で、顔の見えるところがいい、ということで北杜市や県内のグループに。
原発事故後、思い切り外で遊ぶことにできない福島の子どもたちを保養に招待しているグループにも、何度か寄付をしています。
今回は生活に困窮し食べ物を必要としている人たちを支援している山梨フードバンクに。
今、子どもの貧困も切実で、特に夏休みになると給食が無くなり十分な栄養をとれない子も多いとか・・・
熊本の震災の時にもすぐに現地で支援活動をしたとのこと。

楽しく歩くことで、微力でも、何かの役に立てたらうれしいです。
[PR]