風路のこぶちさわ日記

タグ:茨木のり子 ( 5 ) タグの人気記事

一日の終わりには一杯の黒麦酒

午前中、近現代史の学習をして(したかな?)・・・午後は、6月1日(木)に行う「途中はパブだ!」の下見です。

サブタイトルは ~詩・「六月」を味わおう~
茨木のり子さんの詩です。
  
  どこかに美しい村はないか
  一日の終わりには一杯の黒麦酒
  鍬を立てかけ 籠を置き
  男も女も大きなジョッキをかたむける


その美しい村そのもののような場所にひっそり佇むアイリッシュパブ・ブル&ベア。
歩いてちょっと汗ばんだ時、ノドを潤す冷えた黒麦酒は最高です♪
ソフトドリンクも食べ物も美味しいです♪

あっ!コースもいいと思います。
こんな道です。
f0019247_012159.jpg

f0019247_0123823.jpg
f0019247_013239.jpg
f0019247_0131966.jpg


花もたくさん咲いていました。ズミやウワミズザクラはあちこちで満開。

f0019247_0141537.jpgf0019247_0142867.jpg
サクラソウ ラショウモンカズラ アイズシモツケ・・・と思います。 f0019247_0145125.jpgf0019247_015957.jpg
黄色の花はわかりません。


f0019247_021246.jpg


6月1日(木)甲斐大泉駅に13:40集合です。
小淵沢発13:13の小海線に乗るとちょうどいいです。
どなたも大歓迎!申し込みは不要です。集合場所に集合時間までにお集まりください。
詳細はこちらをどうぞ
[PR]

六月は黒麦酒!

f0019247_21551251.jpg

六月になれば・・・黒麦酒!
もちろんどの季節も美味しいのですが・・・。

とりわけ、きょうは夏の日差し!ギネス日和♪
というわけで「八ヶ岳歩こう会」恒例、茨木のり子さんの詩「六月」を味わうべく、「アイリッシュパブ・ブル&ベア」に行ってきました!

途中は煌く緑の道。
f0019247_2156342.jpg
下見のときより、緑が溢れるようで、道もうっかりすると、見失いそう。
f0019247_21574653.jpg
馬頭観音。

f0019247_2221086.jpg
飛沢の池。

こんな道を歩いて少し汗ばんだ頃到着。はやる心を押さえてまずは集合写真。

そのあとは・・・
ク~~~~っと言っちゃいます!
(運転手さんに心より感謝~~~m(_ _)m)

ごんさん、あきさん、今年もおいしいギネス、おいしいお料理ありがとうございました!
おかげで新年度もまた楽しく歩けそうです(^^♪
[PR]

目指せ「1杯(?)の黒麦酒」♪

f0019247_1025749.jpg

今年も6月1日(水)に「八ヶ岳歩こう会」の「途中はパブだ!~詩・六月を味わおう~」を行います。
きょうはその下見(味)です♪
予報は雨・・・
当たりです・・・が、それを、ものともせずに歩きます!

「八ヶ岳歩こう会」はどんな天気でも歩きます(例外あり)が、特に「歩こうる会」は、大きな楽しみが待っているので、「雨でも雪でもヤリでも(?)参加します!」と言ってくださる方がいる(?)ので心強い!
甲斐大泉駅前で「トトロ3人組」の写真を撮って出発です。

f0019247_10253168.jpg


f0019247_10254935.jpg


f0019247_1026927.jpg


雨でもいいコース・・・です♪

ちょっと早かったですが、雨に濡れた私たちを見てお店の中に入れてくださった、ゴンさんあきさんありがとうございました!

f0019247_10275775.jpg
心にも体にも・・・沁みる~


当日はどなたも歓迎です。申し込みは必要ありません。
集合場所に集合時間までにお出でください。

 ■「途中はパブだ!~詩・六月を味わおう~」
 日時 6月1日(水)
 参加費 会員300円 一般500円
 距離 約10キロ
 集合場所 甲斐大泉駅
 集合時間 午後1時40分
  途中でアイリッシュパブに寄ります(飲食各自清算)
 解散 甲斐小泉駅 午後6時頃
 アイリッシュパブで解散も可です。

 のってけしタクシー利用可(1人900円・2人以上だと1人700円)
 お問い合わせは風路へ 0551-36-3826


 当日遠くから参加される場合、風路宿泊可!・・・とちょっと宣伝 (^^;)
[PR]

六月

もう6月!
3月11日から、もう3ヶ月近くたつんですね。
この月になると思いだす茨木のり子さんの詩。

 六月
 
 どこかに美しい村はないか
 一日の仕事の終わりには一杯の黒麦酒
 鍬を立てかけ 籠を置き
 男も女も大きなジョッキをかたむける

 どこかに美しい街はないか
 食べられる実をつけた街路樹が
 どこまでも続き すみれいろした夕暮は
 若者のやさしいさざめきで満ち満ちる

 どこかに美しい人と人との力はないか
 同じ時代をともに生きる
 したしさとおかしさとそうして怒りが
 鋭い力となって たちあらわれる



大好きです。

「黒麦酒」と「大きなジョッキ」が特に・・・!?

 
[PR]

風路15周年

きのう・きょうと2日間、風路15周年アニバーサリー朗読会を開催しました。
きてくださったみなさん、ありがとうございました。

10周年のときから始めたアニバーサリー朗読会、今回で6回目です。
1年の最後の月に、こんなにいい時間を過ごすことができて、しあわせです。

今回の絵本の会のテーマは「好き」。
その回に朗読する本4、5冊の中に共通すると感じたものをその回の「テーマ」とするそうです。
「好き」というテーマなのですが、生と死・・・命ということを感じさせる本が多かったように思いました。
そういえば、きのうの賢治さんも「なめとこ山の熊」だったし。
このお話も、ゆきえさんの朗読で出会いたいと思っていたので、題名が読み上げられたときにはゾクっとしました。

佐野洋子さんへのオマージュ、泣けました。
茨木のり子さんの詩とそれにまつわるお話も。

「頭のうちどころが悪かった熊の話」は泣き笑いです・・・

そういえば、茨木のり子さんのお墓は山形県鶴岡市にあるそうです。
あつみ温泉の近くの丘の上だとか。
彼女らしい・・・」とゆきえさんが表現されていました。
「庄内に、もう一度行ってみたい」という思いがさらに強くなりました。


[PR]