風路のこぶちさわ日記

タグ:カミーノ ( 71 ) タグの人気記事

うれしいお便り

f0019247_18445093.jpg
まずまずの天気になりました!

毎日何枚か配達される暑中見舞いや残暑見舞いのハガキ。
送っていただくだけでもうれしいですが、今回はさらにうれしい一筆が添えてあるもの多々!

7月末から8月初めにかけて送った風路の通信「風の通り路」についての感想♪
さらにさらに・・・
「杉山亮さんのものがたりライブ」のチラシを東京近辺の方に同封したところ・・・
行こうと思います

また、歩く植物図鑑の冊子ができたら予約第1号でお願いします

なんと、連載で書いているカミーノ・スペイン巡礼の道を自分も歩くことしました

それぞれ読むたびに、うれしくてにんまりとしてしまいます。


カミーノは「イギリス人の道」を歩くのだそうです。120キロ位?
今度お会いしたら、ぜひ聞いてみたいです。
[PR]

「北の道は手強いゾ」報告会!

きょうは報告会(という名目の飲み会?)。

なにしろ途中で歩くのを諦め、観光に切り替えてしまったくらい、記録的な猛暑のアップダウンの道はきつかった・・・という話を聞いてもらいました!
もうひとつは宿探しがたいへんだったこと。
昨年まで3回に分けて歩いた「フランス人の道」はほとんど宿探しに困ることは無かったです。
宿が多かったこともありますが、ひとつはガイドブック。

f0019247_1555873.jpg
       (写真はクリックすると少し大きくなります)

どちらも英語版なのですが、左は「フランス人の道」。町の中のどのあたりにA(アルベルゲ)やH(ホテル)があるかがわかるようになっています。
右は今回持っていった北の道のガイドブック。
歩く道筋は載っているのですが、町の中のどのあたりに宿泊施設があるのかわかりません。比較的大きな町に入るとまずインフォメーション(観光案内所)探しから。そこで町の地図をもらえたら、それを頼りに探します。
観光案内所が無い(見つからない?)小さな町では、お店や通りすがりの人に聞くしかありません。その会話自体おぼつかないので・・・と~ってもたいへんだったです(T_T)。

・・・とはいえ、無事に帰ってこられれば、それもこれも楽しい?思い出???
[PR]

ただいま!

f0019247_147319.jpg
成田に予定より30分位遅れて午前9時到着。
ちょっと問題?あって、風路に帰ってきたのは夜7時頃でした。

小淵沢駅のホームに降りると、いつもの階段のところには柵があり、ホームの真ん中にはエレベーターがどん! 7月3日から新駅となったのでした!

荷物もあるのでエレベーターを使わせて頂きました。
改札を出てキョロキョロ見学。丸政の立ち食い蕎麦家さんもありました。交流スペースもありました。1階は見ていないので次回。

帰ってきたら、風路周辺はもうすっかり濃い緑(&草!)に覆われていました。
郵便物やメールがたくさんたまっていましたが、きょうは「風路温泉」につかり、買ってきたお弁当とビールで乾杯して早めに休みます。
[PR]

北の道

ゲストのお2人と一緒に朝食。いろいろお話ができて、うれしかったです。
また辺野古にもそして宮古にも行ってみたいという気持ちになります。

お見送りしたあとは・・・
きょうはトレラン&フットパス、そして「はじめのいっぽパレード」もあるのですが・・・

準備!!!
f0019247_23483930.jpg

行けるのかな?・・・今回はCamino de Norte(北の道)。
ガイドブックもあまりないし・・・インターネットで注文したらドイツ語らしく、全くわからず、次に注文したのが英語版・・・これもあまりわかりませんが、ドイツ語よりはまし???一応地図がついているので・・・?

ともかく今回は「『出国中止』のハンコをもらわない」ことがまず最初の目標です。

そして歩き始めて2日目位で到着するサン・セバスチャンは美食の町として有名だそう。
そこまで行ければいいや・・・とコック氏。

もう少し行きましょう!
[PR]

鬼が泣く?

f0019247_14455086.jpg

シデコブシの冬芽が光っています。

風が冷たくても、じっと春を待つ様子・・・よしっ!?

2016年のこと、今振り返ってみたいと思います。(鬼が泣く?)
●他のところにも書きましたが、やっぱりカミーノ・スペイン巡礼の道は一番かな?
大病をしたコックが、3年かけて900㎞を歩き通したのは、私たちにとって人生の一大イベントでした。
3回目の昨年は、「まさかの出国中止」という事態を乗り越え、八ヶ岳仲間のふじけんともコンポステーラで会うことができ・・・、また途中あわや遭難か・・・という時に現れた「ヤコブ様?」に助けられ・・・と、忘れられない旅となりました。

●それから、選挙
参議院議員選挙はスペインに行っていたため、ほとんどかかわることができませんでしたが、宮沢ゆかさんという、とても素敵な候補が立候補してくれて、初めて家の敷地にゆかさんの看板を建てることに!(今は中島さんになっちゃっていますが・・・衆議院選挙でしっかり市民と他の野党と共闘してくれないと、はずしますよ~とおどかしておこう)
そして11月の市長選、市議選。
しっかり選挙にかかわった方からみたら、恥ずかしいですが、初めてのこといろいろ経験しました。
まず、選挙事務所に行きました(お茶飲んでおしゃべりしただけ・・・)。それから出陣式というのに行ってみました。それから、街頭演説を聞きに何度か行きました。(なんとマイクが回ってきて応援「演説?」も!)
それから、初めて、知り合いに電話をかけてお願いしてみました。
それからそれから・・・ほんのちょっとだけウグイス「嬢?」!(けっこうムズカシイと実感)
そして、ちょっとだけでもかかわると選挙ってすごく面白いと思いました。
ちょっとだけだからで、もっとしっかりかかわった方は、面白いとは言っていられないかもしれませんが?

そして、見事市議に当選した栗谷君の初質問を傍聴にも行きました。
福島から避難してきている家族への支援を国が打ち切る方針に対して、北杜市としてどう考えているのかを問う質問でした。支援していくことを表明している自治体もいくつもあるそうです。ぜひ不安に思っている被災者の立場にたって検討を・・・というもの。
なかなか自分では声をあげづらいことを、こうやって代弁してくれる人が当選してくれて、本当に良かった!
そう感じたのは福島から避難された方だけではないのでは?・・・と思いました。

●もうひとつは小淵沢ペンション振興会のキャンドルナイトの時、手話で絵本を朗読したことです。絵本もとてもいいので、その文を手話で表すこと(表せること)がうれしかったです。
手話部では、おいしいおやつ、楽しいおしゃべりが主ですが、その中で時々「聞こえる人間としての鈍感さ」を感じさせられて、「ハッ」とすることがあります。
いろいろな会での手話通訳のことも、この手話部でのおしゃべりで気づかされました。
なかなか上達しませんが・・・(ゆるいので続いているのかもしれません!?)

●歩こう会で「煮貝の道」を歩けたことも印象深いです。
福岡ゆったり付き添い旅行も!

●コックがこれは入れたいと強く訴えたのが初めての中央アルプス「木曽駒ケ岳登頂」です。
というか、下山したあとのガロのソースカツ丼

ということで・・・今年も、ギックリ腰やひざ痛にもめげずに、できることを無理せず、ちょっとずつやっていければいいな~、と思っています。

あっ、もちろん本業はペンションです!
八ヶ岳の素晴らしさを今年も日々、伝えていきます(^^♪
[PR]

カミーノ報告を聞く会♪

f0019247_1839187.jpg
お客様のIさんから、カミーノを歩きに行く、と伺ったのは先月10日。
なんと出発はその3日後。アストルガからコンポステーラまで260キロを歩く旅へ出発されました。
「帰ったら報告に来ます!」

きょう、その約束を果たしに来てくださいました!帰国後まだ1週間とのこと!
出発前に一緒に話を聞いたOさん、一昨日から来てくださっているMさんも交えて、楽しい報告会♪

ガイドブックを解体して自作の地図を作っていったのだそうです。
その力作に感心!
f0019247_18394221.jpg

f0019247_1840085.jpg

写真も何百枚も撮ったとのこと、カメラをみんなでのぞきこみます。

うわ~!!!なつかしい!!!
という写真ばかり・・・そうそうこういうところ歩いたな~・・・
ここからガリシア州の標識!
モンテドゴソの巡礼者像!
ボタフメイロ(大香炉)!   ・・・いいね!いいね!

おみやげはスペインのワインとチーズ、これも最高(^^♪
チーズ、ワインに合う~!

f0019247_18402738.jpg

[PR]

カミーノ仲間がまたひとり

f0019247_2314958.jpg
「コンポステーラまで歩くんです!」
きのう来てくださったIさんは、コチさんのファミリーコンサート以来の常連のお客様。
なんとあさってからスペインへ!
アストルガからコンポステーラまで歩くのだそうです。約260キロ?

持ち物や服装のことなど、いろいろ先輩風を吹かせて(!)アドバイス・・・に、なったかな?
途中から、やはりきのう来てくださったOさんも交えて、みんなでワクワクの女子会(!)

なんとなんと、帰ってきてからできるだけ早く、風路で報告会をやっていただくことになりました!
どんな感想が聞けるか楽しみ♪

ブエンカミーノ!(良い巡礼を!)
[PR]

「カミーノ八ヶ岳支部」(?)へようこそ!

コックがきょうひまわり市場に行ったら、テレビの取材が入っていたそうです、奇跡のメンチに吸い寄せられて買っているところを 「どうも撮られたみたいだ・・・」
えっそうなの?!・・・もうちょっとパリッとした服で行けばよかったね。


きょうは2組が素泊まりのお客様。
リゾナーレで行われる結婚式に参加の方と、乗馬の方?

食事付きのお客様は、いつかカミーノ・スペイン巡礼の道を歩きたいとおっしゃるご夫妻。
ぜひ~!!!
そうであれば、一緒に飲みながら話すしかありません(^^♪

たまたま、きららシティの本屋さんで、カミーノを歩いた方の本があって購入されたとのこと、見せていただきました。裏表紙に住所が書いてありました・・・なんと、この近く!

そのうちお会いできるかな?

きょうのお客様も、そのうちご近所さんになりそうとか!?・・・
[PR]

カミーノマジック

f0019247_06083300.jpeg
フィステーラからムシアまでは28キロ。
多くの人は1日で歩きますが、私たちは2日。
ちょうど半分位のリレス(Lires)というところで泊まります。
リレスの手前3キロ位のところで脇道に入り(BARの看板があったので・・・)、しばらく行くと草が生い茂って道がわからなくなりました。
かなり歩いてしまったけれど、とにかく分かれ道まで戻ろうと疲れた身体にムチ打って歩き続けていると・・・「遭難」の文字さえ頭をかすめた頃、若いお二人が現れ素晴らしい道を教えてくれたのです。
ほんとうに素晴らしい道でした!
そして、ほんとうに素晴らしいBARでした!

カーニャが沁みました。

ヤコブ様がまた助けてくれた・・・かな?
[PR]

フィステーラの夕陽

f0019247_2212560.jpg


最果ての海に沈む太陽を見に行きました。
フィステーラの町から3.5キロ。
前日知り合った、関西から来た3人の方+1人の女性+1人のイタリア人の男性と。
日没は午後10時20分。
9時には到着。しばらく待ちます。
その前に0キロ地点の標識でみんなで写真を撮ります。

そしてワインなど傾けながら・・・

美しい~・・・
この夕陽を見るために歩いてきたんだね。
[PR]