風路のこぶちさわ日記

オンシジウム スプリングゴールド 天使のラン

f0019247_1562472.jpg
先日ペンション仲間のたん歩゜歩゜さんから10周年のお祝いに頂いた素敵な花。
よくよく見るとなんと!ひとつひとつの花に天使の姿が!
カタカナ部分が多分本当の名前です。
天使のランは私が勝手に付けました。
[PR]

オカリナの音色はヤバイ・・・やつねっとクリスマスとれいん2005

f0019247_23325723.jpgヤバイとは最近の若者ことばで最高のほめ言葉だそうです?
おととしに続いて2回目の参加です。今回のメイン?は小海リエックスで行われるクリスマスコンサート。10月に初めて聴いた大沢聡さんのオカリナと岩間さんの尺八のコラボレーションということで、とても楽しみでした。
始めの方で「アメイジンググレイス」を演奏してくれたのですが、きのうテレビで、先日若くして亡くなった本田美奈子さんが病院のスタッフの方たちの前で、この歌を歌っている様子を見ました。ヤバイ・・・うるっとしてきた・・・
 そのあとの「涙そうそう」も(TT)・・・

f0019247_23475763.jpgリエックスを出たときは雪がかなり激しく降っていたのですが臼田スタードームに着いた時には空に明るく輝く月と星が!望遠鏡で火星とスバルと二つ星(名前忘れました)と月を見ることができました。
今みているスバルは光が400年旅をしてきたものだとのこと。不思議な感動・・・
(12月17日)
[PR]

特別おいしいお酒

宅急便が届きました。
重い!

f0019247_0412934.jpgあっ、風路開業当時からのお客さまからです。
いつも風路に「ただいま!」と言って帰って(!)きてくれます。
そして「行ってきまーす」「なるべく早く帰郷します」といって出発されます。

10日の10周年記念イベントおつきゆきえさん朗読会にも来てくれました。

f0019247_0422291.jpgそしてきょう届いたのは、以前写真では見たことがありましたが・・・
諏訪の蔵元「真澄」の特別のお酒です。
ラベルに御目出そして鯛の絵が・・・
祝10周年の文字入りです。

♪すっごくうれしい♪ 
いつ飲もうかな? やっぱり一緒に飲みましょう!
[PR]

諏訪のすし正

きょうも通信送付の仕事の続き。

今日の夜は、以前小淵沢食いしん坊倶楽部の仲間に教えてもらた諏訪のおすし屋さんへ行く予定です。それを励みにせっせと通信送付の仕事にせいを出します。

相手の人を思い浮かべながら一言添える文を考えます。
そして、封筒に入る大きさに折り、封筒にいれ、切手を貼り、郵便局に持って行きます。
300通ほど出すので、1日ではとても終わりません。
それでも、この手作業の仕事もけっこう好きなのです。

f0019247_23535845.jpg全部は終わらなかったけど、かなりはかどったので、では勇んで出発!
おすしの醍醐味をたっぷり味わわせてもらいました。

寒ブリとろけるようでした。しめ鯖、白子、鯨、貝、どれも新鮮で甘い!
タマゴやかんぴょうがまたしぶい!
[PR]

甲斐駒ケ岳と雲

f0019247_23325764.jpg 紅葉も終わり、落葉樹の葉は落ち、草は枯れてまわりはモノトーンの世界になってきました。
 いよいよ山々が美しく見えてくる季節です。
 空気も冷たく澄んで、遠くの山がぐーんと近づいてくるようです。

 雲をまとった甲斐駒と雲一つない甲斐駒、どちらも素敵です。
 f0019247_23362813.jpg上の写真は「スカーフをなびかせる甲斐駒」(7日)
 と名付けました。


 中は「甲斐駒のリボン」(9日)
 ちょっとかわいい。
 


 f0019247_23364568.jpg下はきょうの甲斐駒です。
 雲一つない空に真っ白に雪化粧しています。

 毎日見ていても見飽きることはありません。
[PR]

通信「風の通り路」40号を送ります。

ペンションを始める前から作っていた通信「風の通り路」も、もう40号になります。
小淵沢ペンション振興会の新聞「風のたより」と一緒に、山歩き好きのグループやお客様にお送りしています。
今号は10月末に行った蓼科の横谷渓谷の紅葉を巡るウォーキングの報告です。
[PR]

新桃の里ウォーク・下見

f0019247_2081019.jpg来年4月に予定している八ケ岳歩こう会の桃の里ウォークの下見です。

4年?程同じコースを歩いたので、中止という話もあったのですが、あの桃の里ウォークを無くすなんて、もったいない!という意見多数。
桃の里に行くのはそのまま残し、「途中新しい道を開拓しましょう」ということで、担当者3名が探してくれた道をたどって見ることになりました。
下見なのに、集合場所のオオムラサキセンターに行ったらなんと20名近くも集まっているではないですか!担当の人柄ですね!

花もない時期に桃の里ウォークの下見をしてもつまらないのでは?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。いえいえ・・・
「この時期に歩くのもいいですね!」と多くの参加者の声!

何しろ、後には八ケ岳、右手には甲斐駒ケ岳・鳳凰三山、左手には茅が岳、その奥に金峰山、そして前方雲の上には富士山・・・・が澄んだ空気の向こうにくっきり見えるのです。

春になると山々は段々霞んできます。

八ケ岳山麓をフィールドにしていることの幸せを感じるウォークでした!
[PR]

ミステリーウォーク下見

f0019247_18571444.jpg
6月のウォークで偶然見つけたトンネル。その向こうはどうなっているのか?
その時は時間がなくて引き返し、「また改めて探検してみよう」 ということになり、きょうはその下見です。
ミステリーと名が付くだけのことはあるんです。
不思議なトンネルを抜けるとその先は「千と千尋」の世界??
豚になってあさましく食べまくるようになるのでは・・・
(「今でもそうだ」とツッコミが・・・)

おとなり長野県富士見町です。
何回か富士見界隈を歩かせていただいていますが、富士見は奥が深い!

本番も楽しみ!
[PR]

おつきゆきえさん「おとなのための絵本の会」

12月11日(日)

きょうは「おとなのための絵本の会」
朝食をゆきえさんと一緒にみんなで頂きました。この時間も楽しかった!
きょうは10時30分開演です。
うちの駐車場に入りきらないくらい、車がいっぱいになりました。
八ケ岳界隈におつきゆきえさんのファンが確実に増えているのを実感!  
インターネットや、テレビなどもすごいですが、ゆきえさんの温かい声、それが伝わる少人数の空間。その中で心がほどけて素直に泣いたり笑ったり・・・

今の時代、ゆきえさんが読んでくれる賢治や絵本の中に私たちが本当に必要としているものがあるような気がします。

そして今回もやっぱり思いました。
 「世の中にこんなに素敵な絵本があったのか!!!」 
楽しい解説にお腹を抱えて大笑いしているうちに、命あるもの全てが愛しくなり、心がジーンとしてしまうのです。
亡くなっておばけになったおじいちゃんも、心の底から愛おしい。

朗読が終わってからの懇談会も楽しいです。
初めて来てくださった方もみんな和気藹々。
[PR]

おつきゆきえさん宮沢賢治朗読会

12月10日(土)

f0019247_18552968.jpgせっせと掃除をしていると、ピンポーンと鳴るので、玄関へ行って見ると、ZOOMさんが、素敵なリースを抱えていました。 

f0019247_18534619.jpgそして夜は、食いしん坊仲間(?)のバウハウスさんが、玄関までの道筋に足元を照らすロウソクを灯してくれました。
 透明のビンの中に入っていておしゃれ!

f0019247_1854194.jpgまた自分のペンションの仕事を済ませて、朗読を聴きにきてくれたあるびおんさんが、帰り間際に渡してくれたきれいな包装紙に包まれた箱を開けてみると、センスの良い自作の押し花額!

     うれしすぎ♪
 
そして寒い中、来て下さったみなさん、本当にありがとうございました。
賢治作品は本当に豊かで深いです。
初めて聴く話もありました。大笑いしてしまう話もありました。ゆきえさんの朗読を通してまたちょっと賢治さんが身近に感じられたような気がしました。
風路に初めて泊まった日からちょうど10年目の夜は、なんだかとっても幸せな気分で更けて行きました・・・
[PR]