天狗山から男山

f0019247_1812333.jpg
ほぼ同じ時期にペンションを始め、いろいろ教えてもらった甲斐大泉のセドナさんご夫妻は山登りのベテラン。クロスカントリースキーには何度か誘ってもらって行きましたが、山登りは「行きましょう」という話はするものの、なかなかスケジュールが合わず。
きょうは日にちがとれるということで、急遽、勇んで出発。
午後からは雨の予報、他にも予定があり、2時までには下山したい。7時に出発しましたが、私たちの足で大丈夫か・・・

実は風路では四季ごとに小淵沢ペンション振興会の新聞「風のたより」と、風路の通信「風の通り路」を山登りやハイキング好きのお客様に送っています。
「風のたより」の方はあした印刷すれば完成なのに、風路の通信はまだかげも形も・・・
というわけで、きょうは取材登山も兼ねています。

いや~、久しぶりの「登山」を楽しみました!
いきなりの急登、途中両側が切り立った崖、岩場も続き、緊張するところもたくさんありましたが、目に沁みるような優しい緑、鮮やかなミツバツツジ・レンゲツツジ、優美なシャクナゲに励まされるように、なんとか登ることができました。
頂上からは近くの山や下界のレタス畑がうっすら。
天狗山からは男山が、男山からは天狗山が、お互いを呼び合うように正面にそそり立って見えました。いつも下から眺めていた二つの山にやっと登ることが出来、感激!

f0019247_1813586.jpgf0019247_18141578.jpg







晴天ならば、八ケ岳と奥秩父の展望がほしいまま、とのことですが、それは次回の楽しみにとっておきましょう。f0019247_19185580.gif
[PR]
# by kaze-michi | 2006-06-15 15:40 | 山登り | Trackback | Comments(0)

180日たった・・・その後は?

以前この日記に「多田富雄さんの訴え」という文を書きました。

そこで「リハビリ中止は死の宣告」という新聞に掲載された多田さんの言葉を紹介しました。

「今年4月から疾患別にリハビリの日数制限が設けられ、最大180日でリハビリ医療が打ち切られる」 ということは他人事ではないと感じたからです。

きょう参議院で医療改革法案が、自民党と公明党の賛成で成立したそうです。
高齢者の自己負担がアップすることや、今まで以上に早期に病院から退院させられる、ということのほかにリハビリの日数が機械的に切られてしまう、ということも含まれているということです。増え続ける医療費を抑えるためだそうです。
小児科や救急外科・脳外科をめざす医者もあまりの激務に減っているとか。産婦人科が減っているという記事もありました。これからの医療はどうなっちゃうんでしょう?
もっと温かい医療にするために税金を使ってほしい、と願うことは無理なのでしょうか?

民間の保険にお金も出せないから、自衛策はやっぱりこれしかないか。
今まで以上にせっせとウォーキングに精を出す???
でも自分だけではないですよね、年老いた親も含めてみんな元気でいてくれないと・・・

f0019247_19202681.gifそれでも、病気になったら、それが長患いだったり、リハビリが必要な後遺症があったりしたら、あきらめるしかない・・・のか、庶民は。

しょぼんじゃなくて「プンプン!」です!
f0019247_21475591.gif

  
  
   今、多田さんや患者の方たちが呼びかけ人になって署名活動を行っています。
   風路も微力ながら行うことにしました。会った人は協力してね!

 
[PR]
# by kaze-michi | 2006-06-14 20:06 | 平和・社会のこと | Trackback | Comments(0)

エゴの花、開花

f0019247_20571925.jpg
小さなツボミをいっぱいつけていたエゴが、開花し始めました。
この花は、ハクウンボク(白雲木)の花とよく似ていると気づいたのは去年のウォーキングの時。調べたらハクウンボクもエゴノキ科なんですね。葉っぱが違うと思ったら、エゴノキは別名チシャノキ、ハクウンボクはオオバチシャだそうです。ハクウンボクの葉はエゴと比べ、大きく丸いです。

木に咲く白い花、多いですね。

きのう、きょうとペンション振興会の新聞「風のたより夏号」の仕事。
ほぼ完成に近づきました。
1面は夏の楽しみいろいろ。「夏の楽しみてんこ盛り」という題を推薦したのですが、没となりました・・・
2面は八ケ岳の果実について紹介しています。サクランボともちろんブルーベリーも!

金曜日に商工会で印刷します。
[PR]
# by kaze-michi | 2006-06-13 19:31 | 風路の庭・花・室内 | Trackback | Comments(0)

うさぎ追いし 平助山♪

八ケ岳歩こう会の例会「平助湧水と平助山」。
この心惹かれるネーミング! キャッチフレーズとか題名とか、大事だなぁ・・・

きょうは小淵沢ペンション振興会の新聞「風のたより夏号」の仕事などがあり、行くのは無理と思っていましたが、2時間程時間が空いたので午前中だけ参加。

私たちが住んでいるこのあたりって山なんだな~!とあらためて実感。
植物の宝庫のようなお庭を拝見させていただいた後、八ケ岳南麓にたくさんある湧水の1つ「平助湧水」を見学。地元の人もあまり知らないとか? 林の中に分け入りたくさんの植物を、詳しい方に教えていただいたり、素人同士であれこれ選定し合いながら、散策。 

きょう覚えた?のは沢沿いに咲いていた黄色の「サワギク」。(みんなで図鑑を見て)
ウリハダカエデの幹はウリのように縦の線が入っているということ。(O講師より)
葉が茎のまわりにはなびらのようについていた「クルマムグラ」。(I講師より)
ナルコユリは茎から(大抵)2つ花が出ている(あれっアマドコロのほうだっけ?)(T講師より) 

そうそう「山なんだな~」と思ったのは歩いた場所もそうですが、散策して道なき道を下りていくときに、前のほうの人たちが騒いでいたのです。「小鹿だ!」「いやうさぎだ!」・・・
かなり大きな野うさぎが走り去っっていったらしい!(え~見てないよ~)
みんなでそーっとそっちの方向に追いかけてみましたが、見つかりませんでした・・・。
それできょうの題は 「これ↑」
f0019247_0304981.gif
あわてて家を出たためカメラの電池が無く、わたし泣く・・・(TT)

歩こう会仲間のKさんが写真を送ってくれました♪
f0019247_23293457.jpg
 写真はクルマムグラ。花は咲いていませんでしたが、すごくかわいい花のようです。
[PR]
# by kaze-michi | 2006-06-12 18:02 | 八ケ岳の自然 | Trackback | Comments(0)

精進ヶ滝ウォーク・ポレポレクラブ

f0019247_23584286.jpg
南アルプス山中の名瀑、精進ヶ滝。
時おり小雨交じりの天気でしたが、滝のしぶきを浴び、ほぼ垂直にかかった階段に驚き、揺れる橋に悲鳴?を上げながら、瑞々しい緑に抱かれるような沢沿いの山道を、ポレポレ(ゆっくり)と歩いてきました。

一の滝(魚止めの滝)、二の滝(初見の滝)、三の滝(見返りの滝)・・・と、見渡す限り緑・緑の木々の間を、勢い良く流れ落ちる滝を見て初めて一句?詠んでみました・・・。

 万緑を かきわけかきわけ 滝走る  (風)  (季語は入っているのかな?)

目的の精進ヶ滝ははじめ、下の九段の滝しか見えなかったのですが、だんだんうっすらと姿を現し空に浮かぶ滝、といった幻想的な光景でした。写真でははっきりとはわからないですね。時間がそれほどかからない割には変化に富んだ、気持ちの良い道でした。
でも急な階段や岩や吊橋などもあり、靴などの装備はしっかりしたものが必要です。

この精進ヶ滝はずうっと前に来たことがありますが、その時は道がまだ整備されていなくて、靴をぬらしながら岩にへばりつくようにして歩いたような記憶があります。大きな岩は印象に残っていますが他はほとんど忘れていました。

これは途中にあったトチノキの花。
上を向いて咲く。ニセアカシアは下に房が下がる。花は図鑑で見ると全然違いますが、この時期遠くから見るとどっちも房のようで、上を向くのと下を向くのがなんだか面白い。
最近覚えたので、きょうは(自慢げに?)教えた・・・。ちょっとうれしい。
f0019247_2359942.jpg


小淵沢ペンション振興会・ポレポレクラブのウォークも回を重ね、多くの方が参加してくださるようになってきました。そのぶん、今一度気持ちを引き締め、みなさんに楽しんでいただけるようなイベントにしていかなければと思っています。
[PR]
# by kaze-michi | 2006-06-11 17:22 | イベント | Trackback | Comments(0)

アカシアの花が咲いてた

♪この道はいつか来た道 ああそうだよ アカシアの花が咲いてた♪

のアカシアはニセアカシアのことを歌ったそうです。
かなり古いけど、「アカシアの雨がやむとき」という歌もニセアカシアを歌ったそうです。
(「ア~カシアの花の下で~♪」もそう)
アカシアの蜂蜜もニセアカシア・・・

アカシアとニセアカシアは全く違う種類とか・・・
どうして「ニセ」とつけられちゃったんだろう?

白いフジのような房になって咲いている花がニセアカシアです。
八ケ岳の標高1000m位のところ?では今花盛りです。
風路の前の林にも。
f0019247_0332231.jpg

[PR]
# by kaze-michi | 2006-06-10 00:36 | 八ケ岳の自然 | Trackback | Comments(2)

中村農場の玉子丼・親子丼

f0019247_1658978.jpg
久しぶりに中村農場へ行きました。
お昼のメニューは玉子丼と親子丼とたまごかけごはん、それと焼き鳥。(だったと思う)

初めて玉子丼を頼んだ時、ごはんとたまごだけの丼をみて、ちょっとびっくり!
玉ねぎとか入れないんですか?と尋ねたら、「うちでは作ってないから」という返事。
なんと!自分の農場で生産している食材だけを使って作っているらしい!
f0019247_16584988.jpg

そして玉子の黄身の色!オレンジというか赤!黄色じゃなく。
そして濃い!玉子ってこういう味だったんだ・・・としばし沈黙して味わう。
玉子の色は餌にウコンを入れているからとか。ハーブとか海草なども入れているらしい。
玉子の価格もいろいろ、うちでは小さくて規格外というのをよく買っています。(いくらか安いので・・・) 高いのは10個1000円以上。鶏肉も牛肉並の値段ですが、飼育にかける良質の餌代や手間ひまの話を聞くと納得してしまいます。
 
あっ、玉子丼は540円、親子丼は840円。(たしか?) そんなに高くないです。

安心して食べられるというのは、今一番贅沢なことかもしれません。
f0019247_1659551.jpg

[PR]
# by kaze-michi | 2006-06-09 16:37 | 八ケ岳の食&食事処 | Trackback | Comments(2)

ブルーベリーも待っています♪

f0019247_1623971.jpg
ついこの前まで花が咲いていたブルーベリーも気がつけばもうちゃんと実になる気配。
種類の違う隣の木はまだ花が咲いていますが。
そういえば「八ケ岳歩こう会」の主催する「ブルーベリーとオオムラサキの里大会」ウォークもちょうどあと一ヶ月に迫ってきました。
このウォークは、なんと途中でブルーベリーの摘み取りもできるのです!
この長坂のブルーベリーは粒が大きく、ぜひ生で食べて欲しい果物です。
(というかぜひ食べたい!私もまだこの長坂のベルーベリーは食べたことがないので・・・)

6キロ・12キロ・18キロの3コース、どのコースも途中ブルーベリー畑を通ります。
ゆっくり摘み取りがしたければ6キロ・12キロがお薦め!(このキロは距離です。重さでなく!)

きょうも歩こう会のメンバーが12キロコースの2回目の下見をしています。
各地からいらしてくださるお客様に気持ちよく歩いていただけるよう、それぞれが役割分担していろいろな準備を整えています。
国蝶のオオムラサキの飛翔も(多分)見られると思います。

7月9日(日)JR日野春駅徒歩10分のオオムラサキセンターが集合場所です。
(駐車場も近くにあります。)
詳しくは八ケ岳歩こう会のホームページをごらん下さい。

晴れていれば八ケ岳や南アルプスの甲斐駒ケ岳・鳳凰三山、富士山も見ながら歩けます。
緑煌めく素敵なコースです!
[PR]
# by kaze-michi | 2006-06-08 16:35 | イベント | Trackback | Comments(0)

ジャーナリストの使命

f0019247_16434225.jpg歩こう会のスノーシューの取材にも来てくれた東京新聞。
その社会部の記者さんには骨のある人物がいる、と見た。
昨年戦後60年ということで「記憶 新聞記者が受け継ぐ戦争」という企画を連載したそうです。
それが「あの戦争を伝えたい」という一冊の本になりました。
まだパラパラとしかめくっていませんが、社会部デスクが書かれたあとがきを読むと、彼らの志が伝わってきます。

 
  「この本に編まれた57の物語は、東京新聞社会部に在籍する30代、40代の記者が
  今も癒されないまま残る戦禍の「記憶」を各地に取材した記録である。
  (中略)
  戦争の全容をこれだけで書ききれたとは思わない。だが、あの戦争で私たちの父母、
  祖父母の世代が体験した苦しみと、人間を人間でなくしてしまう戦争を二度と繰り返
  すまいとする記者たちの決意の一端は伝えられたのではないかと思う。
  (中略)
  連載の途中に3人の方が亡くなった。あの戦争を受け継ぐために残された時間は思う
  以上に少ないという非情な事実を、あらためて突きつけられた思いがする。
  (中略)
  戦後60年を経てようやく重い口を開こうとしている人たちがいる。
  まだ気づかないところに受け継ぐ者を求めている「記憶」が存在し、そして、それが年々
  消えていこうとしていることを思うとき、居たたまれないような焦燥感を覚える。
  <戦後>がまだ終わらないなら、私たちの取材も続けていこうと思う。

憲法9条ミュージカルにも通じる思いですね。

きのうNHKでその時歴史が動いたという番組(の再放送)をやっていました。
「これは正義の戦いか~ジャーナリストたちのベトナム戦争~」という題です。

アメリカのジャーナリスト(3人の名が紹介されていました)が現地から生々しい事実を知らせ続けることで世論が変化し、15年?続いたベトナム戦争を終わらせることになったということです。
今イラクはどうなっているのでしょうか?・・・

 
  以前高遠菜穂子さんの講演会に行ったとき、イラクにジャーナリストが入れない
  と話していたのを思い出しました。
  高遠菜穂子さんの講演「命に国境はない」
[PR]
# by kaze-michi | 2006-06-07 13:30 | 本・音楽・映画・劇・テレビ | Trackback | Comments(0)

小梨街道

きょう、R141の野辺山付近を走っていたら両側の木々は白いコナシ(ズミ)の花が満開。

このあたりは「ヤマナシの木」が有名で、歩こう会の例会でも「ヤマナシの木ウォーク」として何度か歩きました。ヤマナシの花はコナシより大きめで白いサクラの花といった印象です。
1番有名なヤマナシの木のそばのペンション「森のふぁみりい」さんが、きのうの総会&懇親会にいらしていたので、今年のヤマナシの花はどうですか?と尋ねてみました。
「う~ん、いいときの半分くらいかな・・・」とのこと。
1度すっかり弱って心配しましたが、まわりに柵を作り根元のアスファルトをはがし手を入れたら少し快復してきたと聞いていました。
でも老木だし、まだまだあまり楽観はできないようです。
八ケ岳をバックに畑の真ん中に1本すっくと立っている様は本当に絵になる素敵な木です。
(歩こう会のプロジェクト八ケ岳八十八景にも選ばれています)
f0019247_201217100.jpg


そうそうきょうの本題はコナシ(ズミ)です!
コナシってどんな花ですか?とよく聞かれます。私も八ケ岳に来るまで知りませんでした。
ヤマナシほど華やかではないかもしれませんが、ツボミのピンク色、半分開きかけのときの薄いピンク色を残した色合い、開いた花の爽やかな白、木に雪が降り積もったような満開のとき。うちの前にもかなり大きなコナシがあり、このところコナシの魅力に目覚めています。
そのコナシの木々が今野辺山から清里の道を飾っています!

f0019247_20183627.jpgf0019247_20132762.jpg









(4日には野辺山で「小梨まつり」というイベントが開かれたそうです。とても良かったのでもっと多くの人に知ってもらいたい、と参加した歩こう会仲間のペアハットさんが言っていました。来年できたら参加してみたいです)
[PR]
# by kaze-michi | 2006-06-06 19:27 | 八ケ岳の自然 | Trackback | Comments(0)


八ケ岳の麓・山梨県小淵沢の小さなペンションのブログです。趣味はウォーキングと映画、おいしいものを食べるのも大好きです。


by kaze-michi

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

あしたは投票日
at 2017-10-21 23:58
3日目 大宰府
at 2017-10-19 22:17
2日目 嬉野温泉
at 2017-10-18 22:42
福岡旅行1日目
at 2017-10-17 23:46
選挙行きましょう!
at 2017-10-16 12:09
レスキュードッグ・ストーリーズ
at 2017-10-14 15:19
大好きだったのに
at 2017-10-13 23:43
通信完成祝は・・・
at 2017-10-12 22:47
秋の空と
at 2017-10-11 22:27
「スパティオFUNウォーク」..
at 2017-10-10 23:06
記念誌の相談
at 2017-10-09 23:17
ワインツーリズムやまなし
at 2017-10-08 22:12
山梨選挙区???
at 2017-10-07 23:35
わたなべさんのお話♪
at 2017-10-06 22:50
オリエントカフェ
at 2017-10-05 23:35

カテゴリ

全体
いのちの作法・葦牙
おつきゆきえ・賢治・絵本
ヴラダン・コチさん
八ケ岳歩こう会
カミーノ・スペイン巡礼の道
カミーノ・スペイン巡礼の道2014
スノーシュー
散歩・ウォーキング・ハイキング
お薦めイベント
八ケ岳のお店・美術館など
八ケ岳の食&食事処
八ケ岳 花情報
八ケ岳 紅葉情報
本・音楽・映画・劇・テレビ
FROM EAST
お客様
浅川伯教・巧兄弟
リス・鳥・鹿・・など
八ケ岳の自然
ポレポレクラブ
イベント
植物観察
キャンドルナイト
風路について
風路の食事・食材・賄い
風路の庭・花・室内
風路ギャラリー
馬の町・小淵沢
八ケ岳・甲斐駒ヶ岳
小渕沢食いしん坊倶楽部
仕事やあれこれ
八ケ岳(を愛する)人
八ケ岳情報
環境・景観
平和・社会のこと
山登り
旅行
応援しています!
うれしい♪楽しい♪
山梨県・八ヶ岳で体験
八ケ岳南麓風景街道
ノルディックウォーキング
八ケ岳おすすめコース
2008年お薦めイベント
2006年八ケ岳紅葉情報
祝の島
フットパス
北杜市アルファブログ
ミツバチの羽音と地球の回転
八ヶ岳耳より情報
4月3日のひろば
手話
カミーノ・スペイン巡礼の道2016
カミーノ・北の道
未分類

記事ランキング

お気に入りブログ

移動探査基地
ようこそ八ヶ岳へ!
小淵沢 -Atelil...

風路のリンク

最新のコメント

風路です。 クララさん..
by kaze-michi at 23:50
故郷福岡へ!ようこそ。 ..
by クララ at 18:13
ちえちゃんさん、コメント..
by kaze-michi at 19:02
ただいま~! 今横浜へ..
by ちえちゃん at 16:04
風路です。こちらこそあり..
by kaze-michi at 17:53
阿部様 風路です。台風..
by kaze-michi at 18:12
こんばんは 千葉の阿部で..
by tama at 21:32
はっきりとしたことは..
by kaze-michi at 23:35

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

タグ

(156)
(152)
(109)
(99)
(83)
(77)
(75)
(72)
(69)
(65)
(62)
(48)
(43)
(41)
(41)
(37)
(37)
(35)
(35)
(34)

ライフログ


夕凪の街桜の国


村長ありき―沢内村 深沢晟雄の生涯


アフガニスタンの大地とともに―伊藤和也遺稿・追悼文集


えーえんとくちから 笹井宏之作品集

最新のトラックバック

室堂から望む北アルプスの名峰
from dezire_photo &..
イスラム建築の最高峰、ス..
from dezire_photo &..
第047回【東ティモール..
from 地球の裏側ニュース【ラテンア..
『桃(タオ)さんのしあわ..
from e-note 2005
小海線の快速列車「さわや..
from ローカルニュースの旅
幻の焼酎「こぼれ種」をゲ..
from 「清里日報」 ~管理人のひと..

ブログパーツ

検索

ファン

ブログジャンル

中部
映画

画像一覧