風路のこぶちさわ日記

カテゴリ:北杜市アルファブログ( 2 )

10年後の北杜市を予想する(5年前)

f0019247_1736366.jpg

今、北杜市は熱い!   ・・・かな?
11月に北杜市の市長と市議の選挙があります。

5年前、北杜市の6人が同じテーマで順番に書いていたブログ(Hokuto on our time?)がありました。「10年後の北杜市を予想する」というテーマのときに、書いた文の下書きがこれ。
Aさんのところに〇さん、と入れたい今度の市長選!


<10年後の北杜市を予想する>あの時から確かに変わってきた
    (2021年9月某日)
― あれは10年前だったよね。
北杜市で初めてのデモがあって、170人も参加して・・・
― そうそう、東日本大震災があって東京電力福島第一原発が大事故を起こして、被災した福島の人々が北杜市に移住するのをサポートしようと、何人もの人が動いたよね。

― 広瀬隆さんの講演会もあったね。
「リニア、まだ間に合う」と言われて、本当かなと思いつつ、いろいろ調べてみたらたいへんだということが少しずつわかってきて・・・

― 「やっぱりひとりひとりが考えて動かないと」と思う人が増えてきている、という実感するようになったのが、確かにあの頃だった。

― 選挙が大事、ということも感じたよね。あの頃の北海道の泊村や佐賀県の玄海町を見ていたら。
― そうそう、あの頃いろいろな映画の自主上映があって、「祝島」の映画」からも「いのちの作法」という映画からも首長を選ぶことの大切さを思った。

― そしてAさんが市長に当選したときは本当にうれしかったな~
初登庁のときのスピーチも忘れられない。

― でも最初は、反市長派の議員さんが多くて苦労していたな。
― それでも、投票した人たちが、自分たちが応援した人だからとしっかりと政策や議会を見守ったのよね。
― そうそう、そして議会が完全に公開されるようになったのが大きいな。それまでは、大事なことが実質決まると言われている全員協議会が非公開で行われていたらしいから。
― そのころは私も議会傍聴なんてほとんど行かなくて、たまに行っても「お役人答弁」の意味がわからず疲れるばっかりだった。

― さらに市民がいろいろな場面に参加して意見を言うことができるようになった。危機的な財政状況も、市民の意見も取り入れて優先順位を考えていく方向がだんだん定着してきたんだよね。

― 中部横断道路もリニアも本当に市民にとって必要なのか、と多くの人が考えて、いらないという結論になって、それをはっきり市長さんが表明してくれたときもうれしかった。

― エネルギーも小水力発電やバイオマスが軌道に乗ってきて、森の間伐材も有効に使えるようになって、森林も随分手入れされてきたよね。やっと国も動いて、送電線が分離され、東京電力以外の会社から自由に買えるようになりそうだ。
― 私は、車の道路の脇に歩道ができるようになってうれしいな。都会から来た人も喜んでくれるし。
― 医療や福祉や・・・課題もまだまだたくさんあるけど、道筋が少し見えてきたような気がする。
― なにより多くの人がこの北杜市の景観や自然いっぱいの環境が大好きでそれを次世代に残していきたいと、はっきり意思表示をしているのだから。

・・・そんな話をしている10年後の某F家。

「みんなで見る夢は現実」・・・になるかもしれません!? (murimuri to iwanaide)


当選したら「本当にうれしい!」と思える人が市長にも市議にも立候補してくれています!
[PR]

夢のまた夢

きのうの夜降り出した雪で今朝は一面の銀世界。
といっても積雪5㎝くらいでしょうか。

「風の通り路」300通ほど送りました。
なんとか今年中に着いてくれるといいな~。


さて!毎週水曜日に担当している北杜市アルファブログ。
今週のテーマは「夢」です。
眠っているときの夢でもいいし、胸に抱いている夢でもいい・・・とのこと。

実はこのところずっと温めている夢があるので、それを書きました。

その文字通り夢みたいな話を、先日仲間のペンションたんぽぽのお2人にしてみました。
一笑に伏されるかと思ったところ、「面白いじゃない!」「いいかもしれないね。」と言ってもらって勇気百倍。「みんなが元気になる前向きの話だと思うよ」とも。

まあ実現するのは無理・・・と思いますけど。
笑い話と思って読んでみてくださいね!→こちらです。

あっ、それは「続きを読む」の後半部分です。
前半は、実現できそうな気がしてい・・・るかな!?


[PR]