風路のこぶちさわ日記

kazemiti.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ウォーキング・ハイキング( 89 )

飯盛日和♪・・・&市長選

きょうも素晴らしい秋晴れ!
しばらく歩いていないので、腰が浮いて・・・通信やその他の仕事も放りだし(?)お昼過ぎから、My(Our)ウォーキングコースの一つ飯盛山へ!
f0019247_22264822.jpg


f0019247_2227636.jpg


f0019247_22272315.jpg



夜は、北杜市の市長選についての話し合い(勉強会?)に参加。
首長が変われば、町は大きく変わることができる・・・と、岩手県・旧沢内村の深澤村長が教えてくれました。
北杜市も今度の市長選が大きなチャンスと思います。
ひとりの市民として、こういう市になってほしい、ということを考え、できることを探していきたいです。


新潟の県知事選挙も気になります・・・

泉田知事の姿勢を受け継ぐ米山隆一さんが当確とのこと、新潟県民の底力、素晴らしい!
[PR]
by kaze-michi | 2016-10-16 23:03 | ウォーキング・ハイキング | Trackback | Comments(0)

伊豆山稜線歩道

f0019247_1544330.jpg
きょうは伊豆を歩きました。

ちょっと迷いましたが、思い切って行くことにして本当に良かったです。
圧巻のブナ林!目に沁みるような新緑の美しさ!アセビの群落。可憐な花々。
そして名ガイド!それぞれの歩調を考慮した、休憩場所の設定や時間が絶妙と感じました。
要所要所での、的確な説明も。
そしてコースをちょっと離れた場所にある秘密の(?)場所の素晴らしさ!!!

f0019247_1545374.jpg
新緑に覆われた天城隋道脇の山道から出発します。
最初の登りはきつく感じますが本当にゆっくりのペースなので、なんとかついていけます。

f0019247_154769.jpg
20分ほどで尾根に到着。ここからはほとんどアップダウンが無いそうです・・・ほんとかな?
ブナの木がすごい存在感です。
f0019247_15501867.jpg
時折薄日の差すくもり。歩きやすいです。ホウの木の新芽。この角度で見られるのは珍しい(下から見上げることがほとんどなので)。
f0019247_1552678.jpg
ブナの大木と桜の古木。さくらの花は小さかったのでフジザクラかと思いましたがこんな大木になるのかな・・・?
折れた枝が土に埋もれ、そこからまた枝が伸び花が咲いていました。
自然の力って本当にすごい。

f0019247_15565011.jpg
ブナの大木とまわりにはアセビの群落。千年の歴史を感じさせる話もありました。

f0019247_1558126.jpg
イロハモミジの大木。カメラに全然収まりません!
f0019247_15594554.jpg
展望台からは西伊豆の山々が見えます。その下には海が見えるとのこと、きょうは雲海でした。
しかし山の稜線を歩いてきて海が見えるコース、さすがに伊豆です!
実際の海、次回の楽しみにします!
f0019247_1615820.jpg


このコースを案内してくれたのは八ヶ岳の頼もしいガイドの1人、中島さんです。
中島さん主宰のキャンプノース・アウトドアサポートはこちらをどうぞ。
[PR]
by kaze-michi | 2016-04-27 23:32 | ウォーキング・ハイキング | Trackback | Comments(0)

飯盛山はすぐそこ!

f0019247_22363121.jpg
雨上がりの素晴らしく晴れた日には高いところに登りたくなります。

きょうは午後から東京へ行くので、午後1時までには帰ってきたい・・・というわけで「マイ八ヶ岳展望台」のひとつ、飯盛山へGO!

家から30分の獅子岩駐車場から約1時間でこの展望♪
f0019247_22405253.jpg
頂上は綱が張ってあって、座れないようになっていました。ちょっと下りたところで短いティータイム。

f0019247_22411653.jpg
遠くには富士山。

今年もまだマツムシソウが残っていました。
f0019247_22422368.jpg

[PR]
by kaze-michi | 2015-11-03 22:48 | ウォーキング・ハイキング | Trackback | Comments(0)

初秋の入笠山

f0019247_23271127.jpg

きょうもいい天気!

信玄棒道を歩かれる山ガールたちを甲斐小泉駅近くまで送ったあと、久しぶりの入笠山に向かって出発!車でかなり走ってから、玄関にカメラもスマホも置いてきてしまったことに気づき、ガ~~~ン! ガックリと落ち込む。
きょうの写真は一緒に行ったMさんからお借りしました。

富士見パノラマスキー場のゴンドラに乗って一気に上まで。そこから歩き出します。
久しぶりなのでちょっとの登り坂でもゼイゼイ、ハアハア・・・情け無や。
入笠湿原に降りて行く道は板が渡してあって、ちょっと歩きづらくなっていました。

夏の名残の花々がまだずいぶん残っていました。

f0019247_23323620.jpgf0019247_2333723.jpg


f0019247_23332628.jpgf0019247_23334084.jpg


入笠山頂までもゆっくりゆっくり登ってやっと頂上へへ。
f0019247_23381451.jpg


f0019247_23383058.jpg

富士山、甲斐駒は雲の中。八ヶ岳はきれいに見えました。眼下には諏訪湖も。


マナスル山荘のソースカツ丼、ハーフというのができていて、ごはんが半分になって-200円。それでも女性や中高年にはボリュームあり過ぎ!?(約2名の声)
ビーフシチューにシンプルなパンは良く合いました。(写真なし)
キナコ餅は最近は作っていないみたいです・・・?
[PR]
by kaze-michi | 2015-09-12 23:49 | ウォーキング・ハイキング | Trackback | Comments(0)

新緑チャリティウォーク2015

f0019247_20315422.jpg

難病の子どもたちのためのキャンプ場を北杜市白州町に作ろうという「みんなのふるさと夢プロジェクト」。「あおぞら共和国」と名づけられたそのキャンプ場作りを支援するチャリティーウォークに風路から代表1名参加しました。

集合は日野春駅。ここから台ヶ原までは一般コースと自然歩道コースの2コースに分かれます。
参加した自然歩道コースは、なんと一昨年の「七賢蔵開きウォーク」のコースとほぼ同じ。
でも季節が違うので、優しい新緑が目に沁みるよう。
f0019247_21453077.jpg
開拓神社の脇を通り
f0019247_2146334.jpg
生態園で休憩。

f0019247_21465557.jpg
f0019247_21471864.jpg
山桜・八重桜は満開。

f0019247_21494473.jpg
花水坂で、武川米のおにぎりが1人1個配られました。さすがの武川米、おいしいです♪
f0019247_2151467.jpg
甲州古道を通り、
f0019247_21521558.jpg
七賢へ。ここでゆっくり休憩してもう1つのコースと合流します。
f0019247_21532060.jpg
くらかふぇで、「いちごベリーコウジー」を頂きました。お酒無しガマン!
f0019247_2155261.jpg
花水坂からは、自由歩行となり、三々五々出発しました。山々を彩る緑のグラデーション!
f0019247_21565157.jpg
少し霞んだ甲斐駒ヶ岳!
f0019247_2158340.jpg
神宮川沿いの道を歩いて・・・到着!
f0019247_21584922.jpg
麦茶とノンアルコールビールで乾杯!後の2つの宿泊棟が昨年完成したもの。
f0019247_2204483.jpg
おいなりさんやおでん、焼きそば、サラダ、ケーキなど心づくしのお料理がところせましとテーブルに並んでいます!
f0019247_22218100.jpg
全員で記念撮影。昨年完成した宿泊棟はすでに利用されていて、今年もあと2棟建てる予定だそうです。

このウォークは来年4月23日(土)の開催が決まっています。来年はできたらウォーク仲間を誘って一緒に歩きたい。
[PR]
by kaze-michi | 2015-04-25 22:17 | ウォーキング・ハイキング | Trackback | Comments(0)

白州いいなぁ・・・

f0019247_2233635.jpg

きょうは来春に予定されているウォークの下見です。
なんといっても甲斐駒が!!! 美し過ぎ!!!

歩き始めからドーンと。
f0019247_2235960.jpg

ここでも、
f0019247_2241814.jpg

ここでも、
f0019247_2244450.jpg
甲斐駒が見守ってくれているようです。何度も写真を撮りたくなります。

堰の水音を聞きながら歩く、この道も良かったなぁ・・・
f0019247_2252620.jpg


八ヶ岳もきれいです・・・ちょっと雲が多くなってきました。雨もパラパラ。
f0019247_2263265.jpg


お弁当予定場所がまたいいのです。
f0019247_22144148.jpg


来春が楽しみです♪
[PR]
by kaze-michi | 2014-11-05 22:17 | ウォーキング・ハイキング | Trackback | Comments(0)

晩秋の飯盛山

f0019247_23304190.jpg

きょうは飯盛日和!(ご近所のA子さん命名!)
朝は霜でベランダが白くなるくらい冷え込みました。そしてこれ以上ないくらいの晴天です!
しかし、きょうは通信送付等の仕事があり、午後からは業者の方が来ることになっています。
2時までに帰ってこなくては・・・。

ということで・・・飯盛山。
前回行ったのは8月21日でした。まだ花がたくさん咲いていましたが、きょうは・・・
f0019247_23315761.jpg
霜柱!
f0019247_23324467.jpg
黄金色のカラマツ!

f0019247_23341290.jpg
でもマツムシソウが残っていました。
f0019247_23352323.jpg
八ヶ岳は美しい。

f0019247_23355183.jpg
空は高い。
[PR]
by kaze-michi | 2014-10-29 23:41 | ウォーキング・ハイキング | Trackback | Comments(0)

高見石小屋の揚げパン

今年の白駒池の紅葉は、例年より1週間ほど早く、9月末から10月はじめだったそうです。
それでもう紅葉には遅いのですが、しばらく歩いていないのできょうは白駒池周辺を歩いてみることにしました。

白駒池の前の駐車場は多分いっぱいだと思うので、麦草峠の駐車場へ入れようとしたらそこもビッシリ!
なんとか1台分のすきまを見つけて停めることができました。

f0019247_038969.jpg


f0019247_0385194.jpg


f0019247_039786.jpg


途中の高見石小屋で、おやつタイム。
f0019247_0394954.jpg

何を頼もうかな?と小屋の前の看板を見ると・・・
「フジイフ・・・さんも食・・・あげパン」の文字。
そういえば以前藤井フミヤさんが八ヶ岳の山に登っている番組を見たような・・・
途中からだったから、黒百合ヒュッテと本沢温泉としらびそ小屋は出ていたような気がするけど、高見石小屋にも寄ったのね。

であれば・・・

やっぱり、

f0019247_0434264.jpg
写真を撮る前に1個食べちゃいました。

白駒池の紅葉は赤い葉はもう少ししか残っていませんでした。
f0019247_0451792.jpg


f0019247_0453650.jpg

[PR]
by kaze-michi | 2014-10-08 23:30 | ウォーキング・ハイキング | Trackback | Comments(0)

まきば公園から

f0019247_15303449.jpg
夏のシーズンを避けて、この時期に来てくださったMさん。
あまりいいお天気ではないと覚悟していたそうですが、きのうのウォークも雨に降られず、きょうは快晴です! せっかくなので景色のいいところ、というリクエストでまきば公園からぐるっと一周の短時間のハイキングにご案内。

うっすらと富士山も見えました。
f0019247_15315642.jpg
正面に。見えるかな?

牛さんも間近に。
f0019247_15333912.jpg

お昼はバウハウスさんで頂き、午後からはアウトレットへ。

帰ってきたら、手作りの素敵なプレゼントが待っていました♪
「これで自分のおみやげは買わなくてもいい」そうです。
[PR]
by kaze-michi | 2014-09-09 23:52 | ウォーキング・ハイキング | Trackback | Comments(2)

花の飯盛山

f0019247_21561199.jpg
きょうはお休みです。
役場や郵便局に行って、お昼近くになっても行けるところ、というわけで、ここへ。
f0019247_2157855.jpg
雲に見とれてしまいます!

f0019247_21574088.jpg
サンティアゴ巡礼から帰ってきて「歩いた」と言えるのは1回だけ。7月30日の下見です。
3週間ぶりで、ちょっと弱気ですが、こんな緑のトンネルの中を歩けば一歩一歩元気をもらえるよう。

f0019247_21585096.jpg
しし岩駐車場では雲に隠れていた赤岳も姿を見せてくれました。
f0019247_21595144.jpg
うっすらと富士山も!

f0019247_2203499.jpg
フシグロセンノウがたくさん咲いていました。その向こうの平らなところが前回行った平盛山と思われます。

他にもマツムシソウ・フウロソウ・シモツケ・ナデシコ・アザミ等たくさんの花々が咲いていました。ワレモコウも。
f0019247_2254685.jpg

[PR]
by kaze-michi | 2014-08-21 22:17 | ウォーキング・ハイキング | Trackback | Comments(0)