風路のこぶちさわ日記

カテゴリ:旅行( 150 )

ボルドーの夕空

f0019247_16532436.jpg



旅の終わりの空。
午後9時近いですがまだまだ明るく人はたくさん。
レストランの前でヴァイオリンの演奏をしていました。
どこかで聴いたような・・・?
タイタニックのテーマでした。
[PR]

ボルドーワイナリーツアー

f0019247_14244979.jpg



今回の旅の最後は、ペンションを始める前から行ってみたかったところ、ボルドーのワイナリーへ!
1日ツアーに申し込みました。
(集合場所がわからずに焦りました。前日確認していた場所が違っていたのです)
小さなワイナリーの見学と試飲。
有名なワイナリーでは写真撮影。
上の写真はシャトーマルゴー。
ワイン好きにとって、ここにいるだけで夢のようだそうです?
ガイドさんもとても良かったです。
[PR]

ボルドー

f0019247_1411574.jpg


サンセバスチャンからボルドーに行くには、バスク鉄道で国境を越え、Hendaye(スペイン語だとエンダイアと言っているよう?フランスだとアンダイエと聞こえる)駅まで行き、TGVに乗り換えるようです。
バスク鉄道のサンセバスチャン駅は前日に確認。(雨の中、わからなくてウロウロしました)
バスク鉄道のことはTOPOと言うらしい?サンセバスチャン駅のことはAMARA(?)と言うらしい。バスク語かな?
そう言えばサンセバスチャンのことをバスク語ではドノステアと言うそう。全然違う・・・
ともかくなんとかやってきました。
ワイン好きの聖地?ボルドーへ!(7月1日)
[PR]

チャコリ

f0019247_027733.jpg



サンセバスチャンに戻ってきたからにはバルへ行かなくては!
ついついいくつものピンチョスをお皿に取ってしまいます。
ここで代表的なお酒はチャコリという発泡白ワインらしい。(チャコリーと、リーを強く発音するとこの地の人っぽい?)
高いところから注ぎます。
自分でやるとこぼします!
(6月29日)
[PR]

バスでサンセバスチャンへ

f0019247_572070.jpg



ビルバオのバスセンターから高速バスに乗り、サンセバスチャンに戻ります。
バスのチケットかったり、乗り場を探すのも一苦労です。
「ナインティーンorトゥエンティ」と教えてもらったので、多分ここかな?」
[PR]

パエリア

f0019247_502977.jpg



ビルバオ最後の夜(2日目ですが)は本格?パエリア。
美味しくいただきました♫
[PR]

アスレチック・ビルバオ

f0019247_0464765.jpg



ビルバオで泊まった宿は、アスレチック・ビルバオというサッカーチームのスタジアムのすぐ近く。
試合は無くても、グッズ売り場やカフェはやっています。
赤と白の縦縞のユニフォームのようです。
同じカラー(横縞)で親近感?
[PR]

ビルバオまであと5キロ

f0019247_1275724.jpg



なんとかここまで来ました!
しかし!
ここからが長かったです。
一応ペンションを予約しておいたのですが、そこは街の反対側のはずれでした!
場所も良くわからないので、インフォメーションをまず探し・・・
やっとインフォメーションを見つけ、地図をもらい、宿の場所に印をつけてもらって一安心。そこから30分ほど歩いて到着!
ヤレヤレ。
[PR]

Lezamaの宿

f0019247_5485193.jpg



きょうはLezamaという町で泊まる予定。ビルバオ手前15キロほどのところです。
英語のガイドブックにペンションがあると書いてあり、町の人たちに聞いても、「2つ目のロータリーを左に」などと教えてくれます。
しかし!
見つかりません!!!
あちこち探しまわり、聞きまくり・・・
ようやく教えてもらって辿りつきました!
すご〜くいい宿。
探していた宿とは違っていましたが・・・?
[PR]

自炊

f0019247_1439238.jpg



3日休んで、途中電車に乗り、ゲルニカからビルバオまで歩く予定です。
なんと35キロ!
健脚の人なら1日コース。
私たちは、途中の宿に泊まりまくって3〜4日かけて行く予定です!
きょうの宿、やっと探しあてました。
疲れて到着したのですが、自炊設備を見て、コック魂にスイッチが入ったかな?
[PR]