風路のこぶちさわ日記

近現代史を学ぶ

きょうはなんとアカデミックなことに挑戦?

北杜市で「近現代史学習会」が開かれ受講生を募集していると、「アイリッシュパブ」のごんさんが教えてくれました。
なんとそれを教えてくれたのはパブのお客様で、その方が先生なのだそうです!?
(飛矢崎雅也さん明治大学講師)

なにしろ、遠い昔学校で教わったときに近現代史はすっぽり抜けていました!
なので歴史は今に繋がっている、という感じがほとんどしません。

というわけで、学習意欲がもりもり(うそ)
当日まで行けるかな?行こうかな?・・・午後の予定もあるし・・・むずかしくて途中で寝てしまうかも・・・と、おそるおそる現地へ。ちょっと覗いてみたら、知り合いもいてちょっと安心。

結論・・・行ってみて良かったです。
歴史とは何か・・・という姿勢にとても共感しました。

1ヶ月に1回、なんと3年間続くそうです。
1回1回完結するようなので、時々抜けても大丈夫みたいです・・・?

しかし・・・今のこの時代はどのように歴史に残るのだろう・・・?
[PR]
by kaze-michi | 2017-05-18 20:35 | 平和・社会のこと | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kazemiti.exblog.jp/tb/27822631
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 一日の終わりには一杯の黒麦酒 小淵沢今昔物語 >>